インストールの概要

Linux VDAをインストールするには、3つのオプションがあります。新規にインストールするか、最新の2バージョンとLTSRリリースから既存のインストールをアップグレードできます。

  • 簡単インストール。マシンにLinux VDAパッケージをインストール後、ctxinstall.shスクリプトを使用して、実行環境を構成できます。詳しくは、「簡単インストール」を参照してください。

  • MCS。Linux VDAパッケージがインストールされているマシンにMCSを使用してバッチでLinux仮想マシンを作成できます。詳しくは、「MCSを使用したLinux仮想マシンの作成」を参照してください。

  • 手動インストール。次の一般的な手順を使用して、Linux VDAをインストールできます。バリエーションと特定のコマンドは、ディストリビューションごとに記載されています。詳しくは、「Linux Virtual Delivery Agent for RHEL/CentOSのインストール」、「Linux Virtual Delivery Agent for SUSEのインストール」または「Linux Virtual Delivery Agent for Ubuntuのインストール」を参照してください。

    1. インストールの準備。
    2. ハイパーバイザーの準備。
    3. WindowsドメインへのLinux仮想マシン(VM)の追加。
    4. Linux VDAのインストール。
    5. Linux VDAの構成。
    6. Citrix Virtual AppsまたはCitrix Virtual Desktopsにマシンカタログを作成します。
    7. Citrix Virtual AppsまたはCitrix Virtual Desktopsにデリバリーグループを作成します。

XDPing

Linux VDA環境での一般的な構成の問題を確認するために、コマンドラインユーティリティであるLinux XDPingツールが提供されています。XDPingパッケージは、サポート対象のLinuxディストリビューションを実行している任意のマシンにインストールできます。マシンにLinux VDAパッケージをインストールする必要はありません。このツールについて詳しくは、Knowledge CenterのCTX202015を参照してください。

前提条件として.NET Coreランタイム2.1をインストール

Linux VDAのインストール前に、https://docs.microsoft.com/en-us/dotnet/core/install/linux-package-managersの手順に従って.NET Coreランタイム2.1をインストールします。

.NET Coreランタイム2.1のインストール後、which dotnetコマンドを実行してランタイムパスを特定します。

コマンド出力に基づいて、.NET Coreランタイムのバイナリパスを設定します。たとえば、コマンド出力が/aa/bb/dotnetの場合、/aa/bbをdotnetバイナリパスとして使用します。