Linux Virtual Delivery Agent

Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for AzureでLinux VDAを作成

Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azureでドメイン参加とドメイン不参加の両方のLinux VDAを作成して、Microsoft Azureから任意のデバイスにVirtual Apps and Desktopsを配信できます。詳しくは、「Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azure」を参照してください。

サポートされているLinuxディストリビューション

次のLinuxディストリビューションはこの機能をサポートしています:

  • RHEL 8.3
  • RHEL 8.2
  • RHEL 7.8
  • Ubuntu 20.04
  • Ubuntu 18.04
  • Ubuntu 16.04

手順

Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for AzureでLinux VDAを作成するには、次の手順を実行します:

  1. Azureでマスターイメージを準備します:

    注:

    Linux VDAの自動更新機能を使用して、ソフトウェアの自動更新をスケジュールすることもできます。これを行うには、マスターイメージ上のetc/xdl/mcs/mcs_local_setting.regファイルにコマンドラインを追加します。 たとえば、次のコマンドラインを追加できます:

    create -k "HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Citrix\SelfUpdate" -t "REG_DWORD" -v "fEnabled" -d "0x00000001" –force
    
    create -k "HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Citrix\SelfUpdate" -t "REG_SZ" -v "ScheduledTime" -d "Immediately" –force
    
    create -k "HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Citrix\SelfUpdate" -t "REG_SZ" -v "Url" -d "<Your-Azure-Container-Url>" –force
    
    create -k "HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Citrix\SelfUpdate" -t "REG_SZ" -v "CaCertificate" -d "<Local-Certificate-Path-of-PortalAzureCom>" --force
    <!--NeedCopy-->
    
    1. Azureで、サポートされているディストリビューションのLinux仮想マシンを作成します。
    2. 必要に応じて、Linux仮想マシンにデスクトップ環境をインストールします。
    3. この仮想マシンで、https://docs.microsoft.com/en-us/dotnet/core/install/linux-package-managersの手順に従って.NET Coreランタイム3.1をインストールします。
    4. (Ubuntuの場合のみ)/etc/network/interfacesファイルにsource /etc/network/interfaces.d/*行を追加します。
    5. (Ubuntuの場合のみ)/etc/resolv.conf/run/systemd/resolve/stub-resolv.confではなく/run/systemd/resolve/resolv.confを指定します:

      unlink /etc/resolv.conf
      
      ln -s /run/systemd/resolve/resolv.conf /etc/resolv.conf
      <!--NeedCopy-->
      
    6. Linux VDAパッケージをインストールします。
    7. /etc/xdl/mcs/mcs.confの変数を変更します。mcs.conf構成ファイルには、MCSとLinux VDAを設定するための変数が含まれています。

      注:

      dns変数は指定しないでください。 マシンカタログの作成時に静的タイプまたはランダムタイプを選択する場合は、VDI_MODE=Yを設定します。

    8. /opt/Citrix/VDA/sbin/deploymcs.shを実行します。
    9. Azureで仮想マシンを停止(または割り当て解除)します。[ディスクのエクスポート] をクリックして、他の仮想マシンを作成するためのマスターイメージとして使用できる仮想ハードディスク(VHD)ファイルのSAS URLを生成します。

      VHDファイルのURLを生成

    10. (オプション)マスターイメージでグループポリシーを設定します。
    `ctxreg`ツールを使用してグループポリシーを設定できます。たとえば、次のコマンドは、PDF印刷の**PDFユニバーサルプリンターを自動作成する**ポリシーを有効にします。
    
    ```
    /opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg create -k "HKLM\Software\Citrix\GroupPolicy\Defaults\PrintingPolicies" -t "REG_DWORD" -v "AutoCreatePDFPrinter" -d "0x00000001" –force
    <!--NeedCopy--> ```
    
  2. Azureからマスターイメージをインポートします。

    1. 管理ダッシュボードから、右側の [マスターイメージ] を展開します。ディスプレイには、Citrixが提供するマスターイメージと、作成およびインポートしたイメージが一覧表示されます。

      ヒント: このサービスの管理者アクティビティのほとんどは、管理 ダッシュボードと 監視 ダッシュボードで管理されます。最初のカタログを作成後、Citrix Cloudにサインインして [Managed Desktops] サービスを選択すると、管理 ダッシュボードが自動的に起動します。

      マスターイメージの画像

    2. [イメージをインポート] をクリックします。
    3. Azureで生成したVHDファイルのSAS URLを入力します。マスターイメージの種類として [Linux] を選択します。

      Azureからイメージをインポートする画像

    4. ウィザードの指示に従い、マスターイメージをインポートします。
  3. マシンカタログを作成します。

    管理ダッシュボードにアクセスし、[カタログを作成する] をクリックします。マシンカタログを作成するときは、上記で作成したマスターイメージを選択します。

    注: ドメインに参加していないLinuxマシンカタログは、Citrix管理のAzureサブスクリプションでのみ作成できます。

Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for AzureでLinux VDAを作成