Linux Virtual Delivery Agent

Citrix Provisioningを使用したLinux仮想マシンの作成

ここでは、Linuxターゲットデバイスのストリーミングについて説明します。この機能を使用すると、Citrix Virtual Apps and Desktops環境で直接Linux仮想デスクトップをプロビジョニングできます。

サポートされているLinuxディストリビューションは次のとおりです。

  • Ubuntu 16.04
  • Ubuntu 18.04
  • Ubuntu 20.04
  • RHEL 8.4
  • RHEL 8.3
  • RHEL 7.9
  • SUSE 12.5
  • SUSE 15.2
  • SUSE 15.3

重要:

  • Citrixでは、Citrix_Provisioning_2109.isoのCitrix Provisioning実行可能ファイルに含まれる最新リリースのインストールパッケージを使用することをお勧めします。使用するLinuxディストリビューションに応じたパッケージを使用します。Linuxストリーミングエージェント2109以降を使用するには、Citrix Provisioningサーバー2109以降が必要です。

  • Citrix Provisioningを使用してLinuxターゲットデバイスをストリーミングする場合は、プロビジョニングされたデバイスが期待どおりに起動できるように、単一の共有ディスクイメージ上に個別の起動パーティションを作成します。

詳しくは、Citrix Provisioningドキュメントの「Linuxターゲットデバイスのストリーミング」を参照してください。

Citrix Provisioningを使用したLinux仮想マシンの作成