解決された問題

比較対象:Linux Virtual Delivery Agent 1909

Linux Virtual Delivery Agent 1912には、以下の修正が含まれています:

  • 4Kモニターでは、キーストロークと更新頻度に関連したGPUパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。 [CVADHELP-12661]

  • マウスやキーボードが同じウィンドウでフォーカスされていない場合、またはマウスがフォーカスの変更に失敗すると、Linux VDIセッションが応答しなくなることがあります。 [CVADHELP-12768]

  • IPv6アドレスのみを使用する仮想マシン(VM)では、Linux VDAの登録に失敗することがあります。 [CVADHELP-13103]

  • ポリシーをデフォルトに設定すると、Linux VDAでデータベースが更新されないことがあります。この問題は、優先度の高いポリシーがデフォルトに設定されている優先度の低いポリシーをリセットできないために発生します。 [CVADHELP-13107]

  • ローカルキーボードレイアウト機能を有効にすると、クライアント側のハンガリー語の環境でキーボードレイアウトの同期が機能しないことがあります。ローカル設定をDEにしてアプリケーションを起動すると、言語は同期されますが、ハンガリー語のレイアウトでは機能しません。 [CVADHELP-13199]

  • XClientとXServer間の通信を保護するようにXauthorityを構成すると、IPv4アドレスのみが追加されます。IPv6アドレスは追加されません。 [CVADHELP-13255]

  • Ubuntu 18.04でMachine Creation Services(MCS)を使用してマシンカタログを作成または更新しようとすると、失敗することがあります。 [CVADHELP-13178]