Profile Management

新機能

2103の新機能

このリリースには、次の新機能および強化された機能があります。また、複数の問題にも対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

Citrix Profile Managementプロファイルコンテナのローカルキャッシュ

このリリースでは、プロファイルコンテナのローカルキャッシュを有効にするポリシーによる、Citrix Profile Managementプロファイルコンテナのローカルキャッシュのサポートが追加されています。このポリシーを[有効] に設定すると、各ローカルプロファイルはCitrix Profile Managementプロファイルコンテナのローカルキャッシュとして機能します。プロファイルストリーミングが使用中の場合は、ローカルにキャッシュされたファイルがオンデマンドで作成されます。それ以外の場合は、ユーザーのログオン時に作成されます。ローカルキャッシュ機能を使用するには、ユーザープロファイル全体をCitrix Profile Managementプロファイルコンテナに配置します。詳しくは、「Citrix Profile Managementプロファイルコンテナ」を参照してください。

Citrix Profile Managementプロファイルコンテナのマルチセッションライトバックサポート

以前は、セッションの変更は、関連するポリシーが有効になっているFSLogixプロファイルコンテナにのみ書き戻されていました。このリリース以降、Citrix Profile Managementプロファイルコンテナのマルチセッションライトバックサポートに対応するために、FSLogixプロファイルコンテナへのマルチセッションライトバックを有効にするポリシーをプロファイルコンテナへのマルチセッションライトバックを有効にするという名前に変更しました。詳しくは、「プロファイルコンテナへのマルチセッションライトバックを有効にする」を参照してください。

フォルダーのプロファイルストリーミング

[フォルダーのプロファイルストリーミングを有効にする]ポリシー[有効] に設定すると、フォルダーはアクセスがあったときのみフェッチされます。このアプローチにより、ユーザーのログオン時にすべてのフォルダーをチェックする必要がなくなります。この機能を使用するには、[プロファイルストリーミング] ポリシーも有効にする必要があります。詳しくは、「Profile Managementのベストプラクティス」 および「ユーザープロファイルのストリーム配信」を参照してください。

スタートメニューのエクスペリエンスの向上

次のように関連するポリシーを自動構成することで、Windows Server 2016およびWindows Server 2019のスタートメニューのエクスペリエンスを向上させました:

  • Appdata\Local\Microsoft\Windows\Caches[ミラーリングするフォルダー] に追加しています。
  • Appdata\Local\Packagesが確実に [除外の一覧 - ディレクトリ] に追加されるようにします。
  • Appdata\Local\Microsoft\Windows\UsrClass.Dat*が確実に [除外の一覧 - ファイル] に追加されるようにします。

自動構成を無効にするには、[自動構成を無効にする] ポリシーを使用します。詳しくは、「スタートメニューのローミング」を参照してください。

新機能

この記事の概要