Product Documentation

Provisioning Servicesサーバーのフェールオーバー

デフォルトでは、1つのサイト内の、あるvDiskにアクセスできるすべてのProvisioning Servicesサーバーで、そのvDiskをターゲットデバイスに提供できます。共有ストレージでは、複数のProvisioning Servicesサーバーが同じ物理ファイルにアクセスするため、ターゲットデバイスは代替のProvisioning Servicesサーバーに接続することができます。このフェールオーバーにより、何らかの理由で接続が中断された場合、アクティブなProvisioning Servicesサーバーへ接続することができます。フェールオーバーが発生するとき、ターゲットデバイスでサービスの中断やデータの損失が起きることはありません。

注意:

サーバーのフェールオーバーが発生した場合、複製された同一のvDiskにアクセスできるサーバーのみが、vDiskをターゲットデバイスに提供します。たとえば、vDiskが3台のサーバー間で複製され、そのvDiskのうちの1つが更新された場合、そのvDiskはほかの2つと同一ではなくなります。サーバーフェールオーバーが発生した場合は考慮されません。まったく同じ更新をほかの2つのvDiskに実行しても、各vDiskのタイムスタンプが異なるためそれらのvDiskは同一ではなくなります。

Provisioning Servicesでは、ローカルストレージ上のプライベートイメージモードのvDiskまたは現在保守モードのvDiskの高可用性機能はサポートされません。

負荷分散が有効で、そのvDiskを提供しているサーバーが停止した場合、負荷はターゲットデバイスと残りのサーバー間で自動的に分散されます。負荷分散オプションが有効でない場合、単一のサーバーが割り当てられ、vDiskがターゲットデバイスに提供されます。このような状況では、フェールオーバーは発生しません。

サーバー間のターゲットデバイスの負荷の自動分散について詳しくは、「 サーバーの管理」を参照してください。

高可用性の実装のイメージ

ターゲットデバイスがアクセスするProvisioning Servicesサーバーは、必ずしもターゲットデバイスにvDiskを提供するサーバーになるとは限りません。さらに、いったん接続した後は、このターゲットデバイス用のvDiskに複数のサーバーからアクセスできる場合、最も負荷の低いサーバーが選択されます。

すべてのターゲットデバイスを強制的に別のサーバーに接続するには、そのサーバー上のStream Serviceを停止します。Stream Serviceのシャットダウン時に、各ターゲットデバイスにほかのサーバーへ再ログオンするように通知されます。

ターゲットデバイスのフェールオーバーのテスト

デバイスが正常にフェールオーバーすることを保証するには

  1. ターゲットデバイスでvDiskの状態アイコンをダブルクリックし、接続先のProvisioning ServicesサーバーのIPアドレスを書きとめます。
  2. コンソールで接続先のProvisioning Servicesサーバーを右クリックします。[Stream Service]>[停止]の順に選択します。
  3. [仮想ディスクの状態]ダイアログボックスで、接続先のサーバーのIPアドレスが代替サーバーのアドレスに変更したことを確認します。

Provisioning Servicesサーバーのフェールオーバー