Product Documentation

SQLの基本的な可用性グループ

基本可用性グループは、単一のデータベースを含むフェールオーバー環境をサポートします。SQLの基本的な可用性グループは、SQLのAlwaysOn高可用性グループと同じ方法で構成されますが、次の点が異なります:

  • 2つのレプリカの制限(プライマリとセカンダリ)。
  • セカンダリレプリカの読み取りアクセス権はありません。
  • セカンダリレプリカのバックアップはありません。
  • セカンダリレプリカの整合性チェックはありません。
  • 1つの可用性データベースのサポート。
  • 基本的な可用性グループを高度な可用性グループにアップグレードすることはできません。グループは、SQL Server 2016 Enterprise Editionのみを実行するサーバーを含むグループにドロップして読み込む必要があります。
  • 基本的な可用性グループは、Standard Editionサーバーに対してのみサポートされています。
  • 基本可用性グループを分散可用性グループに含めることはできません。

ヒント:

マルチサブネット環境の場合は、「 SQLが常時オンのマルチサブネットフェールオーバーを有効にする」を参照してください。

SQLの基本的な可用性グループ

In this article