コレクション

デバイスコレクションでは、ターゲットデバイスの論理的なグループを作成し管理できます。デバイスコレクションを作成するとデバイスではなくコレクションの単位で操作を実行できるので、デバイス管理を簡素化できます。

注:

1つのターゲットデバイスは1つのデバイスコレクションにのみ属すことができます。

デバイスコレクションでは、物理的な場所、サブネットの範囲、またはターゲットの論理的なグループを表します。たとえば、特定の仮想ディスクイメージを使用するターゲットデバイスのみでコレクションを構成したり、保守、テスト、および実稼働デバイスを含むコレクションを構成したりということが考えられます。

また、特定の仮想ディスクに対して、実稼働デバイス、テストマシン、および保守マシンごとに、3つのデバイスコレクションを作成するということも考えられます。ここまでの例では、1つのコレクション内のすべてのデバイスに同じ仮想ディスクが割り当てられています。

サイトのニーズに応じて、テストデバイスや保守デバイスを1つのデバイスコレクションに統合できます。コレクションよりもデバイス単位で仮想ディスクの割り当てを管理することもできます。たとえば、「開発」という名前のデバイスコレクションを作成して、それぞれに異なる特定の仮想ディスクを割り当てた5つのターゲットデバイスを追加します。ファーム管理者は、構成するセキュリティ権限を持つサイトのデバイスコレクションを作成および管理します。

コンソールツリーで [デバイスコレクション] フォルダーを展開すると、デバイスコレクションのメンバーを表示できます。デバイスコレクションのプロパティを表示または編集するには、コンソールで既存のデバイスコレクションを右クリックして、[プロパティ] を選択します。[デバイスコレクションプロパティ] ダイアログボックスが開きます。これを使って、そのコレクションを表示または変更します。

コレクション内のすべてのターゲットデバイスの再起動など、デバイスコレクションのメンバーに対して操作を実行できます。

コレクション