Citrix Provisioningコンソール

Citrix Provisioningコンソールを使用して、ファーム内のコンポーネントを管理します。コンソールは、ファームに接続できるどのコンピューターにもインストールできます。コンソールを使用してCitrix Provisioningを構成する方法について詳しくは、「 コンソール」ページを参照してください。

ヒント

ファームに接続するには「ファームのタスク」を参照してください。

コンソールウィンドウについて

メインコンソールウィンドウでは、ネットワーク内のvDisk、ターゲットデバイス、およびProvisioning Servicesサーバーについて、セットアップ、変更、追跡、削除、関係の定義に必要なタスクを実行できます。

**コンソール**ウィンドウのイメージ

コンソールツリーの使用方法

ツリーはコンソールウィンドウの左ペインに配置されています。ツリーには、ネットワーク環境とネットワーク内の管理対象オブジェクトが階層的に表示されます。詳細ビューに表示される項目は、ツリーで選択したオブジェクトとユーザーの役割によって異なります。

ツリーで管理対象オブジェクトのノードを展開するには「+」をクリックし、ノードを折りたたむには「-」をクリックします。

基本的なツリー階層

ファーム管理者はファーム内でサイト、ビュー、およびストアを作成できます。ファームレベルのツリーは次のように組織されています。

  • ファーム
    • サイト
    • ビュー
    • ストア

概して、サイト管理者は権限を持つサイト内のこれらのオブジェクトを管理します。サイトには、Provisioning Servicesサーバー、vDiskプール、デバイスコレクション、およびビューが含まれます。サイトレベルのツリーは次のように組織されています。

  • サイト
    • サーバー
    • デバイスコレクション
    • vDiskプール
    • vDisk更新の管理
    • ビュー

詳細ビューの使用方法

コンソールウィンドウの右側のペインには詳細ビューが表示されます。このビューには、ツリーで選択したオブジェクトについて表形式で情報が表示されます。ビューに表示されるオブジェクトは、Provisioning Servicesサーバー、ターゲットデバイス、およびvDiskです。詳しい情報を得るには、オブジェクトを右クリックして [プロパティ] を選択します。

詳細ビューに表示される表は、昇順および降順に並べ替えることができます。

コンソールに表示されるオブジェクトと実行できるタスクは、割り当てられる役割によって左右されます。