コンポーネント

この記事では、Citrix Provisioningコンポーネントの概要について説明します。

ライセンスサーバー

ライセンスサーバーは共有インフラストラクチャ内にインストールします。既存のCitrixライセンスサーバーを選択することもできます。初めて構成ウィザードを実行するときは、ライセンスサーバーを選択します。ファーム内のすべてのProvisioning Servicesサーバーがライセンスサーバーと通信する必要があります。

Citrix Provisioningデータベース

データベースにはファーム内に存在するすべてのシステム構成設定が格納されます。1つのファームには1つのデータベースのみを設定できます。ファーム内のすべてのProvisioning Servicesサーバーがデータベースと通信できる必要があります。既存のSQL Serverデータベースを使用することも、SQL Server Expressをインストールすることもできます。SQL Server ExpressはMicrosoftが無償で配布しています。

注:

Provisioning Servicesサーバーで構成ウィザードを実行するときに、データベースサーバーを選択します。

Console

コンソールはCitrix Provisioningの実装を管理するために使用するユーティリティです。コンソールを開いたら、接続するファームを選択します。割り当てられている管理者の役割に応じて、コンソールに表示される項目とファームで管理できる項目が決まります。

ネットワークサービス

ネットワークサービスには、DHCPサービス、PXE(Preboot eXecution Environment)サービス、およびTFTPサービスがあります。これらのサービスオプションは、ブートプロセス中にIPアドレスを取得するために使用できます。これらのオプションを使用して、Provisioning Servicesサーバーからターゲットデバイスにブートプログラムを配置してダウンロードすることもできます。そのほかの起動オプションも使用できます。

ヒント:

ネットワークサービスは製品のインストール時にインストールし、構成ウィザードを使用して構成できます。

ファーム

ファームはCitrix Provisioningのインフラストラクチャの最上位を表します。ファームはファームの最初のProvisioning Servicesサーバーで構成ウィザードを実行して作成します。

単一のファーム内のすべてのサイトで、Microsoft SQL Serverデータベースを共有します。

コンソールをファームに直接関連付ける必要はありません。ファームのネットワークと通信できるどのコンソールでもリモートからの管理がサポートされるからです。

ストア

ファームには1つまたは複数のストアが含まれます。ストアは、vDiskの物理または仮想ストレージの場所に付ける論理的な名前です。ストア名は、ファーム内のすべてのProvisioning Servicesサーバーで共通に使用される名前です。

サイト

ファーム内には複数のサイトを配置できます。構成ウィザードで最初のサイトが作成され、ファーム内の最初のProvisioning Serverで実行されます。

サイトはコンソールに次のように表示されます。

コンソールサイト

Provisioning Servicesサーバー

Provisioning Servicesサーバーは、ストリーム配信サービスがインストールされているサーバーです。Stream Serviceを使用して、vDiskからターゲットデバイスにソフトウェアをストリーム配信します。実装方法によっては、vDiskをProvisioning Servicesサーバー上に直接配置します。より大規模な実装では、Provisioning Servicesサーバーはネットワーク上の共有ストレージの場所からvDiskを取得する可能性があります。

Provisioning Servicesサーバーは、Citrix Provisioningデータベースとの構成情報の交換もします。Provisioning Servicesサーバーの構成オプションを使用して、ターゲットデバイス接続の高可用性および負荷分散を保証します。

vDisk

vDiskは、Provisioning Servicesサーバーまたは共有ストレージデバイス上にディスクイメージファイルとして存在します。vDiskは、.vhdxベースのイメージファイル、関連するプロパティファイル(.pvp)、さらに当てはまる場合は、参照されるVHD差分ディスク(.avhdx)のチェーンから構成されます。

vDiskはターゲットデバイスに割り当てられます。ターゲットデバイスは割り当てられたvDiskイメージから起動し、ソフトウェアをストリーム配信します。

vDiskプール

vDiskプールはサイトで使用できるvDiskの集合です。サイトごとに1つのvDiskプールがあります。

vDisk更新の管理

vDisk更新の管理機能を使用して、仮想マシンを使用したvDisk更新の自動化を構成します。vDiskの自動更新はスケジュールに基づいて、またはコンソールから直接実行できます。この機能では、ESD(Electronic Software Delivery:電子ソフトウェア配信)サーバーにより検出および配信される更新プログラム、Windows更新プログラム、またはそのほかのプッシュ型の更新プログラムがサポートされます。

vDiskのモード

vDiskイメージは、プライベートイメージモードまたは標準イメージモードで構成されます。vDiskイメージを使用する場合は、次の点を考慮してください。

  • プライベートイメージモードでは、読み取り/書き込み特性をサポートする単一のデバイスとしてvDiskイメージを使用します。
  • 標準イメージモードでは、複数のデバイスでvDiskイメージを使用できますが、さまざまなキャッシングオプションを使用する場合は読み取り専用になります。

vDiskチェーン

vDiskの基本イメージに対する更新はバージョン付きの差分ディスクに記録され、元の基本ディスクイメージは変更されずに残る場合があります。

vDiskが更新されるたびに新しいバージョンのVHDX差分ディスクを作成することができます。次の表に示すようにファイル名に含まれる数が1つ増えます。

vDiskイメージ VHDXファイル名
基本イメージ win7dev.avhdx
バージョン1 win7dev.1.avhdx
バージョン2 win7dev.2.avhdx
バージョンN win7dev.N.avhdx

vDiskの起動

次の図に、サーバー共有上のvDiskの検索および起動方法を示します。

vDiskの起動

上の図は、次の手順を示しています。

  1. ターゲットデバイスはProvisioning Servicesサーバーと通信しライセンスを取得して、起動処理を開始します。
  2. Provisioning ServicesサーバーはvDiskプールを確認してvDisk情報を取得します。この情報にはvDiskをターゲットデバイスに提供するProvisioning Servicesサーバーの識別情報が含まれます。サーバーは、サーバーがvDiskにアクセスするために使用するパス情報も確認します。この例では、ターゲットデバイスにvDiskを提供できるProvisioning Servicesサーバーはこのサイトに1つしかないことと、vDiskが物理的には(ファームレベルの共有ストレージである)財務部用サーバーに存在していることが、vDiskによって示されます。
  3. Provisioning Servicesサーバーは財務部用サーバー上のvDiskを検索し、そのvDiskを必要に応じてターゲットデバイスにストリーム配信します。

vDiskの例

次の例では、Citrix ProvisioningがvDiskイメージをどのように使用するかについて説明します。

例1

Windows 10の物理的なvDiskがサイトが存在するProvisioning Servicesサーバーに存在しています。この物理的な場所に付ける論理的な名前がストアです。

ストア名(論理名)はbostonwin10です。

vDiskへの物理パスはC:\vDisksです。\

例2

Windows 10の物理的なvDiskがファームレベルのネットワーク共有(FinancevDisks)に存在しています。

ストア名(論理名)はFinancevDisksです。

ファーム内のすべてのProvisioning Servicesサーバーにとって、vDiskへの物理パスは\financeserver\financevdisks\です。\

デバイスコレクション

デバイスコレクションは、ターゲットデバイスの論理的なグループです。ネットワーク上のvDiskから起動しソフトウェアを取得する、デスクトップコンピューターやサーバーのようなデバイスをターゲットデバイスと呼びます。デバイスコレクションにより物理的な場所、サブネットの範囲、またはターゲットの論理的なグループを表すことができます。デバイスコレクションを作成すると、デバイスではなくコレクションの単位で操作を実行できるので、デバイス管理を簡素化できます。

ビュー

ビューを使用すると、ターゲットデバイスのグループをすばやく管理することができます。通常ビューは、業務上の必要に応じて作成します。たとえば、ビューで建物などの物理的な場所やユーザーの種類を表すことができます。1つのターゲットデバイスは、任意の数のビューに属することができますが、属することができるデバイスコレクションは1つだけです。

ビューはコンソールに次のように表示されます。

コンソールビュー

ファームビューにはファーム内の任意のターゲットデバイスを含められます。サイトビューにはそのサイト内のターゲットデバイスのみが含まれます。