Citrix Provisioning

DaaSでのCitrix Provisioningカタログの作成(Technical Preview)

現在Citrixは、仮想マシンを作成するための2つのプロビジョニングソリューションとして、Citrix ProvisioningとMachine Creation Services(MCS)を提供しています。

Citrix Provisioningカタログを作成するには、Citrix Virtual Apps and Desktopsインストールウィザードを使用する必要がありました。この機能により、[完全な構成] ユーザーインターフェイスとPowerShellを使用して、Citrix Provisioningカタログを作成できるようになりました。

注:

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境でテストし、フィードバックを共有する機会を提供するためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合があります。

この機能の導入には、次のような利点があります:

  • MCSとCitrix Provisioningカタログの両方を管理できる単一の統合コンソール。
  • ID管理ソリューション、オンデマンドプロビジョニングなどのCitrix Provisioningカタログの新機能を利用できる。

現在、この機能はAzureワークロードでのみ使用できます。

注:

Technical Previewでは、多くの機能はサポートされていません。今後、さらに多くのハイパーバイザーと機能がサポートされる予定です。

この記事では、[完全構成] インターフェイスとPowerShellコマンドを使用して、DaaSでAzure Citrix Provisioningカタログを作成する方法について説明します。

注意事項

  • このTechnical Previewでは、従来のADマシンIDの種類がサポートされています。他のIDの種類も今後サポートされる予定です。
  • ライトバックキャッシュは、仮想マシンの最初の起動後にフォーマットされます。
  • イメージ管理は、既存のCitrix Provisioningコンソールを使用して行われます。
  • Boot Device Manager(BDM)のみがサポートされています。
  • Citrix ProvisioningターゲットVMをプロビジョニングするときに、ターゲットVMのサイトを選択します。このサイトが登録されていることを確認してください。

制限事項

  • このTechnical Previewでは、顧客管理のDelivery Controllerはサポートされていません。
  • 第2世代VMのみがサポートされます。
  • マシンプロファイルを使用してカタログを作成できます。マシンプロファイルの入力で休止状態を有効にしないでください。
  • カタログの作成中に次のカスタムプロパティを設定することはできません:

    • StorageType
    • OsType
    • MachinesPerStorageAccount
    • StorageAccountsPerResourceGroup
    • UseSharedImageGallery
    • SharedImageGalleryReplicaRatio
    • SharedImageGalleryReplicaMaximum
    • UseEphemeralOsDisk
    • UseManagedDisks
    • StorageTypeAtShutdown

要件

  • Citrix Provisioningバージョン2305以降にアップグレードします。
  • 必要なバージョンのVDA(2305以降)を実行するためにvDiskを更新します。「vDiskの更新」を参照してください。
  • [完全な構成]インターフェイス>[プレビュー機能] で、トグルボタンを使用してDaaSでのCitrix Provisioningカタログの作成を有効にします。このアクションにより、Citrix DaaSのMcsPVSProvSchemeフィーチャーフラグが有効になり、Azure上でCitrix Provisioning仮想マシンをプロビジョニングできます。
  • 構成ウィザードを実行する前に、すべてのCitrix Provisioningサーバーおよびコンソールシステムで次のCitrix Provisioningフィーチャーフラグを有効にします。このアクションにより、レジストリのMCSプロビジョニング機能が有効になります:

     HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\ProvisioningServices\Features]
    "CCMessaging"=dword:00000001
    <!--NeedCopy-->
    

主な手順

  • AzureでCitrix Provisioningをセットアップします。

    注:

    Citrix Provisioningバージョンは、2305以降が必要です。

  • Citrix ProvisioningサーバーをCitrix Cloudに登録します。
  • vDiskを作成または更新します。

    注:

    VDAのバージョンは2305以降が必要です。

  • Azureへの接続を追加し、そのネットワークリソースを指定します。
  • DaaSでCitrix Provisioningカタログを作成します。
  • [サイト] のCitrix Provisioningコンソールでコレクションを確認します。

AzureでのCitrix Provisioningのセットアップ

Azureプロビジョニングをセットアップするには、まず、AzureでProvisioningサーバーとその他のインフラストラクチャを構成します。詳しくは、「AzureでのCitrix Provisioningのセットアップ」を参照してください。

Citrix ProvisioningサーバーをCitrix Cloudに登録する

構成ウィザードを実行して、ファーム内のCitrix ProvisioningサーバーをCitrix Cloudに登録します。

既存のファームに参加するときは、該当のProvisioningサーバーがメンバーとして参加するサイトを指定します。

Citrix CloudへのCitrix Provisioningサーバーの登録について詳しくは、「構成ウィザードの設定」を参照してください。

MCSを使用してCitrix Provisioningターゲットをプロビジョニングする場合は、ターゲットサイトのリソースの場所を必ず選択してください。次の場合は、オプションから [リソースの場所がありません] を選択できます:

  • Citrix ProvisioningターゲットのプロビジョニングにMCSを使用しない。
  • MCSを使用してCitrix Provisioningターゲットをプロビジョニングするが、指定されたターゲットサイトに対しては使用しない。

リソースの場所の選択について詳しくは、「リソースの場所の設定」を参照してください。

vDiskの作成または更新

必要なバージョンのVDA(2305以降)を実行するには、カタログ作成の一環として、vDiskを作成または更新できる必要があります。「vDiskの作成」または「vDiskの更新」を参照してください。

Azureへの接続を追加し、そのネットワークリソースを指定

接続の構成には、サポートされているハイパーバイザーとクラウドサービスから接続の種類を選択すること、およびその接続について、リソースから選択したストレージとネットワークを選択することが含まれます。詳しくは、「Microsoft Azureへの接続」を参照してください。

[完全な構成]インターフェイスを使用してCitrix Provisioningカタログを作成する

カタログを作成するワークフローは、MCSワークフローと類似しています。ただし、StudioはBDM起動ディスクを作成してストレージにアップロードするようになりました。次に、このディスクをOSディスクとして使用し、マシンの作成時にマシンに複製します。

[完全な構成] インターフェイスを使用してCitrix Provisioningカタログを作成するには、以下の手順を実行します:

  1. Citrix Cloudにサインインします。左上のメニューで、[マイサービス]>[DaaS] を選択します。
  2. [管理]>[完全な構成] の左側ペインで [マシンカタログ] を選択します。
  3. [マシンカタログの作成] を選択します。カタログ作成ウィザードが開きます。
  4. [マシンの種類] ページで、このカタログのマシンの種類(マルチセッションOSシングルセッションOSなど)を選択します。
  5. [マシン管理] ページで、次のように設定を選択します:

    1. 電源管理されているマシン(仮想マシン、ブレードPCなど) を選択します。
    2. Citrix Provisioningテクノロジを選択します。次に、[Citrix Provisioning Services(PVS)] を選択します。
    3. [リソース] フィールドで、このカタログのAzureネットワークリソースを選択します。
  6. (シングルセッションOSカタログに対してのみ表示可能)[デスクトップエクスペリエンス] ページで、必要に応じてランダムまたは静的なデスクトップエクスペリエンスを選択します。
  7. [ターゲットデバイス] ページで、次を選択します:

    1. プロビジョニングするマシンのファームとサイトを選択します。

      注:

      サイトフィールドには、Citrix Cloudに登録されているサイトのみが表示されます。

    2. プロビジョニングされたマシンで使用するvDiskを選択します。
    3. プロビジョニングされたマシンのマシンプロファイルを選択します。
  8. [ストレージとライセンスの種類] ページで、このカタログに使用するストレージを選択し、Azureで仮想マシンをプロビジョニングするためのWindowsボリュームライセンスを選択します。
  9. [仮想マシン] ページで、仮想マシンの数、仮想マシンのサイズ、および可用性ゾーンを選択します。
  10. [NIC] ページで、仮想マシンで使用するNICを追加します。
  11. [ディスク設定] ページで、ライトバックキャッシュディスクのストレージの種類とサイズを選択します。
  12. [リソースグループ] ページで、仮想マシンをプロビジョニングするリソースグループを選択します。既存のリソースグループを選択しない場合、MCSはカタログを作成するためのリソースグループを自動的に作成します。
  13. [マシンID] ページで、[新しいActive Directoryアカウントを作成する] を選択します。アカウントの名前付けスキームを指定します。
  14. [ドメイン資格情報] ページで、[資格情報の入力] をクリックします。ドメイン資格情報を入力して、ターゲットのActive Directoryドメインでアカウント操作を実行します。
  15. [概要] ページで、マシンカタログの名前を入力し、[完了] をクリックします。

これで、Citrix Provisioningマシンカタログが作成されました。

顧客管理の暗号化キー対応カタログの作成

[完全な構成]インターフェイスとPowerShellコマンドを使用して、顧客管理の暗号化キー(CMEK)が有効になったCitrix Provisioningカタログを作成できます。[完全な構成]を使用してCMEKが有効になったカタログを作成する手順は、「完全な構成インターフェイスを使用してCitrix Provisioningカタログを作成する」と同じです。

マシンプロファイルベースのカタログを作成できます。重要な考慮事項は次のとおりです:

  • カスタムプロパティまたはマシンプロファイルにDES IDがあり、マスターイメージのDES IDと異なる場合は、常にマスターイメージが上書きされます。
  • マスターイメージにDES IDがない場合、カスタムプロパティのDES IDによってマシンプロファイルのDES ID値が上書きされます。
  • マスターイメージにDES IDがない場合は、既存のカタログのDES IDを変更できます。新しい仮想マシンには新しいDES IDのみが含まれます。
  • 既存のカタログをCMEKを有効にしたカタログに更新できます。
  • DES IDの変更を既存の仮想マシンに適用することはできません。

Azureの顧客管理の暗号化キーについて詳しくは、「Azureの顧客が管理する暗号キー」を参照してください。

[サイト]のCitrix Provisioningコンソールでコレクションを確認

Citrix Provisioningカタログが作成されると、Citrix Provisioningコンソールの [サイト] の下に2種類のコレクションが表示されます:

  • PVSプロビジョニングコレクション:サイト内のPVSによってプロビジョニングされたすべてのデバイスのコレクション
  • PVSプロビジョニングコレクション:サイト内のMCSによってプロビジョニングされたすべてのデバイスのコレクション

MCSプロビジョニングコレクションでは、Citrix Provisioningカタログを確認できます。

サイトとvDiskの情報を取得するためのCitrix Provisioning PowerShell SDK

  • Citrix Provisioningサイトの一覧を取得して、サイトごとのCitrix Provisioningサーバー一覧を表示するには、PowerShell コマンドGet-HypPvsSiteを実行します。例:

     Get-HypPvsSite -SiteId 00000000-0000-0000-0000-000000000000 -SiteName "exampleSite" -FarmId 00000000-0000-0000-0000-000000000000 -FarmName "exampleFarm" -ResourceLocation 00000000-0000-0000-0000-000000000000
     <!--NeedCopy-->
    

    注:

    Get-HypPvsSiteコマンドではすべてのパラメーターはオプションです。パラメーターを入力しない場合は、登録されているすべてのサイトの一覧が取得されます。

  • 各vDiskにそのvDiskで使用できるサイトが一覧表示されているvDiskの一覧を取得するには、PowerShellコマンドGet-HypPvsDiskInfoを実行します。たとえば、次のいずれかを実行できます:

    • Get-HypPvsDiskInfo -FarmId 00000000-0000-0000-0000-000000000000
    • Get-HypPvsDiskInfo -SiteId 00000000-0000-0000-0000-000000000000 -StoreId 00000000-0000-0000-0000-000000000000
    • Get-HypPvsDiskInfo -SiteId 00000000-0000-0000-0000-000000000000 -DiskLocatorId 00000000-0000-0000-0000-000000000000

    注:

    このコマンドは、FarmIdが指定されていない場合、SiteIdを使用して登録済みサイトからFarmIdをクエリを実行します。

PowerShellコマンドを使用したCitrix Provisioningカタログの作成

  1. Citrix Provisioningサーバーを使用していない場合、またはCitrix Provisioningコンソールがインストールされているシステムを使用していない場合は、最新のRemote PowerShell SDKをダウンロードしてインストールします。詳しくは、「Remote PowerShell SDKをインストールして使用する」を参照してください。
  2. PowerShellウィンドウを開きます。
  3. PowerShellコマンドを実行して、ブローカーカタログとIDプールを作成します。
  4. New-ProvSchemeコマンドを実行してカタログを作成します。例:

    New-ProvScheme -AdminAddress "localhost:190xx" -CleanOnBoot `
    -ProvisioningSchemeType PVS `
    -CustomProperties "<CustomProperties xmlns=`"http://schemas.citrix.com/2014/xd/machinecreation`" xmlns:xsi=`"http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance`">
    <Property xsi:type=`"StringProperty`" Name=`"UseManagedDisks`" Value=`"true`" />
    <Property xsi:type=`"StringProperty`" Name=`"OsType`" Value=`"Windows`" />
    <Property xsi:type=`"StringProperty`" Name=`"StorageType`" Value=`"Premium_LRS`" />
    <Property xsi:type=`"StringProperty`" Name=`"PersistWBC`" Value=`"true`" />
    <Property xsi:type=`"StringProperty`" Name=`"PersistOsDisk`" Value=`"false`" />
    <Property xsi:type=`"StringProperty`" Name=`"PersistVm`" Value=`"false`" />
    <Property xsi:type=`"StringProperty`" Name=`"WBCDiskStorageType`" Value=`"Premium_LRS`" />
    <Property xsi:type=`"StringProperty`" Name=`"UseTempDiskForWBC`" Value=`"false`" />
    <Property xsi:type=`"StringProperty`" Name=`"ResourceGroups`" Value=`"acbdpvs`" />
    <Property xsi:type=`"StringProperty`" Name=`"LicenseType`" Value=`"Windows_Server`" />
    <Property xsi:type=`"StringProperty`" Name=`"Zones`" Value=`"1`" />
    </CustomProperties>" `
    -HostingUnitName "AzueRes"
    -IdentityPoolName $catName `
    -InitialBatchSizeHint 1 -LoggingId "854xxxxx-2xxx-42e0-axxx-8c6xxx406xxx" `
    -MachineProfile "XDHyp:\HostingUnits\AzueRes\machineprofile.folder\abcdpvs.resourcegroup\abvda.vm" `
    -NetworkMapping @{"0"="XDHyp:\HostingUnits\AzueRes\virtualprivatecloud.folder\East US.region\virtualprivatecloud.folder\abcdpvs.resourcegroup\fbgv-vnet.virtualprivatecloud\default.network"} `
    -ProvisioningSchemeName $catName `
    -ServiceOffering "XDHyp:\HostingUnits\AzueRes\serviceoffering.folder\Standard_D2s_v3.serviceoffering" `
    -UseWriteBackCache -WriteBackCacheDiskSize 40 `
    -PVSSite 6556cxxx-fc88-45f6-8xxx-ea4b665e9xxx -PVSvDisk cf056xxx-f69b-xxxx-9a60-c41072b8xxxx
    <!--NeedCopy-->
    
  5. 他の必要なPowerShellコマンドを実行してカタログを作成します。PowerShellコマンドを使用してカタログを作成する方法については、https://developer-docs.citrix.com/projects/citrix-daas-sdk/en/latest/を参照してください。