Citrix Provisioningアクセラレータ

Citrix Provisioningアクセラレータは、プロビジョニングプロキシがXenServerホスト上のDom0(XenServerコントロールドメイン)に配置されるようにします。ここでは、プロビジョニングvDiskのストリーミングは、仮想マシンに転送される前にプロキシでキャッシュされます。キャッシュを使用すると、同じホスト上の仮想マシンの今後の起動(またはその他のIO要求)はネットワーク上のサーバーからではなくプロキシからストリーミングできます。このモデルでは、XenServerホストでより多くのローカルリソースが消費されますが、ネットワーク経由のサーバーからのストリーミングはリソースを節約し、効果的にパフォーマンスを向上させます。

この機能を使用すると、次のような利点があります:

  • Citrix ProvisioningとXenServerを組み合わせて使用すると一意の値が提供されるため、機能面での改善が見られます。
  • Citrix Provisioningは、XenServerでのローカル、NASおよびSAN接続ストレージの使用をサポートします。
  • 環境で、ネットワークトラフィックが削減されます。
  • Provisioning Servicesサーバーの停止に対しても耐性があり、環境におけるフォールトトレランスが向上します。

重要:

この機能は、プロキシの機能がインストールされたXenServer 7.1以降でのみサポートされます。UIの変更は、この種類のハイパーバイザーを使用しているときのみ発生します。この機能を使用するには、XenServerホストでオプションパッケージをインストールする必要があります。インストーラーには、その他の依存関係はありません。

XenServerとCitrix Provisioningの関係について詳しくは、「XenServer and PVS: Better Together」を参照してください。

ヒント:

仮想マシンでこの機能を無効にする場合、XenServerコンソールを使用しないことをお勧めします。この方法で無効にすると、Citrix Provisioningは構成の変更を認識できず、仮想マシンでアクセラレータ機能が有効になっていると見なします。単一デバイスでこの機能を無効にする場合は、「個々のデバイスに対するCitrix Provisioningアクセラレータの有効化または無効化」および「ホスト上のすべてのデバイスに対するCitrix Provisioningアクセラレータの無効化」を参照してください。

Citrix Provisioningアクセラレータを使用する

プロキシ機能は、プロキシの機能がインストールされたXenServerでのみサポートされます。UIの変更は、この種類のハイパーバイザーを使用しているときのみ発生します。XenServerホストでオプションパッケージをインストールする必要があります。インストーラーには、その他の依存関係はありません。

この機能を使用する前に、XenServer管理者は、XenServerコンソールを使用してCitrix Provisioningサイトオブジェクトを作成する必要があります。この作業を行うことで、IO要求を代理で実行するときに使用するストレージ(つまり、ストレージリポジトリ)を適切に構成できます。この作業は、XenServerで実行する必要があります。

プロキシ機能をXenServerで使用する場合は、以下について考慮してください。

  • プロビジョニングコンソールが仮想マシンで代理での処理を行う前に、XenServer Citrix Provisioningサイトオブジェクトがストレージリポジトリ(SR)で作成され、構成されている必要があります。
  • Citrix ProvisioningはProvisioning/XenServerプロキシインターフェイスに公開される前に、XenServer APIを呼び出してプロキシ機能が有効になっているかを確認します。
  • Citrix Provisioningが、Citrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザードおよびストリーム配信仮想マシンセットアップウィザードを使用して、デバイスでXenServerプロキシを構成します。
  • Citrix Provisioningターゲットはプロキシのステータスを認識します。機能がインストールされた後に追加の構成タスクは必要ありません。
  • XenServerの再インストール後も、アクセラレータキャッシュはCitrix Provisioningデータベースに設定されたままになります。Citrix Provisioningはキャッシュがまだ存在するという想定で動作するため、これが原因で仮想マシンセットアップウィザードでエラーが発生します。この問題を解決するには、Provisioningコンソールを使用してXenServerホストを削除してから追加します。これにより、Citrix Provisioningが保存されたキャッシュ構成をクリアできるようになります。保存されたキャッシュ構成のクリア後に、管理者はXenCenterでキャッシュ構成を作成することができます。

ヒント:

2つのProvisioning Servicesサーバーが同じVHDに存在し、ファイルシステムのタイムスタンプが異なっている環境では、データは2度キャッシュされます。このため、VHDではなくVHDXを使用することをお勧めします。

Citrix Provisioningアクセラレータを構成する

Citrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザードおよびストリーム配信仮想マシンセットアップウィザードを使用して、この機能にアクセスします。この2つのウィザードは似たようなウィザードで、多くの画面を共有していますが、次の相違点があります。

  • XenDesktopセットアップウィザードは、XenDesktopを使用して制御されるハイパーバイザー(たとえば、XenServer、EsxまたはHyperV/SCVMM)で実行される仮想マシンの構成に使用します。
  • ストリーム配信仮想マシンセットアップウィザードはXenServerホストで仮想マシンを作成するために使用されます。XenDesktopでは使用されません。

注:

プロキシ機能は、この機能がインストールされているXenServerでのみサポートされます。このセクションでキャプチャされたUI変更は、この種類のハイパーバイザーを使用する場合のみ適用されます。

ヒント:

プロキシキャッシュ構成(= Citrix Provisioningアクセラレータが有効)がProvisioning Servicesサーバーに関連付けられている場合、この機能が有効になっているホストでXenServerを再インストールすると、Citrix ProvisioningとXenServerの同期が失われます。XenServerを再インストールすると以前構成されたプロキシキャッシュ構成がワイプされることが原因で、このような構成の問題が発生します。

この場合、Citrix Provisioningはプロキシキャッシュ構成がまだ存在するという想定で動作するため、ストリーム配信仮想マシンセットアップウィザードを使用しても失敗します。このような処理になるのは、(プロキシ構成に関連付けられた)付与されているUUIDが無効であることを示しています。そのため、このキャッシュ構成に割り当てられた、以前に構成されたすべての仮想マシンをホストともに削除する必要があります。Citrix Provisioningを再構成して、キャッシュを設定しなおしてください。

Citrix Provisioningアクセラレータを構成するには、Provisioningコンソールから、Citrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザードまたはストリーム配信仮想マシンセットアップウィザードのいずれかを選択します:

  1. サイトに移動します。
  2. サイトを選択して右クリックし、コンテキストメニューを表示します:

ストリーム配信仮想マシンセットアップウィザードのオプションの図

  1. アクセラレータ機能の使用方法に応じて、適切なウィザードを選択します。

ウィザードでCitrix Provisioningアクセラレータを構成する

この機能を使用するには、まず使用方法を決めます。考慮する内容

  • XenDesktopで制御されているハイパーバイザーで実行する仮想マシンを構成するには、Citrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザードを使用します。
  • XenDesktopを使用しないXenServerホストで仮想マシンを作成するには、ストリーム配信仮想マシンセットアップウィザードを使用します。

ストリーム配信仮想マシンセットアップウィザードでプロキシアクセラレータを構成する

ストリーム配信仮想マシンセットアップウィザードが変更され、本機能を有効にする新しいチェックボックスが追加されました。ウィザードの呼び出し後、[すべての仮想マシンのPVSアクセラレータを有効にします] を選択します:

仮想マシンのオプションの図

ヒント:

[すべての仮想マシンのPVSアクセラレータを有効にします] を選択すると、ウィザードを使用して作成されたすべての仮想マシンが、プロキシ機能を使用するよう構成されます。

この機能を有効にした場合、[次へ] をクリックすると次の画面が表示されます(該当のホストに対して初めてPVSアクセラレータを有効にした場合):

Citrix Provisioningアクセラレータウィザード画面の図

ヒント:

このウィザードで、アクセラレータ機能を適用するXenServer Citrix Provisioningサイトを選択できます。XenServer画面のドロップダウンリストに、XenServer上にある構成済みの、Citrix Provisioningサイトに割り当てられていないすべてのProvisioningサイトオブジェクトが一覧で表示されます。

ドロップダウンメニューで、アクセラレータ機能に関連付けるProvisioningサイトを選択します。選択後、ウィザードを実行するために選択したサイトがCitrix Provisioningサイトに割り当てられるようになります。

注:

次回、このウィザードが同じXenServerを使用した同じCitrix Provisioningサイトで実行される場合、このページは表示されません。

ウィザードを使用してこの機能を設定すると、現在の状態を示す[概要]画面が表示されます。この画面から、機能が有効になっているかどうか、および関連付けられている現在のキャッシュ構成を確認します。

[完了] をクリックして設定を適用します:

概要ウィザード画面の図

個々のデバイスに対するCitrix Provisioningアクセラレータの有効化または無効化

Citrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザードまたはストリーム配信仮想マシンセットアップウィザードのいずれかを使用してデバイスを作成し、ウィザードでそのXenServerホストに対してCitrix Provisioningアクセラレータを構成した場合、[ターゲットデバイスプロパティ] 画面で個々のデバイスに対してこの機能を有効または無効にできます。

個々のデバイスに対してアクセラレータ機能を有効または無効にするには:

  1. [ターゲットデバイスプロパティ] 画面を開きます。

  2. [全般] タブで [PVSアクセラレータで構成されている] を選択(または選択解除)します。

  3. [OK] をクリックして変更を適用します。

Citrix Provisioningアクセラレータチェックボックスの図

ホスト上のすべてのデバイスに対するCitrix Provisioningアクセラレータの無効化

ホストに対してアクセラレータ機能が有効になっている場合に、それを無効にするには、指定したホスト上のすべてのデバイスについて [仮想ホスト接続プロパティ] 画面を使用します。

重要:

[仮想ホスト接続プロパティ] 画面から、指定したホストに対してPVSアクセラレータを有効にすることはできません。この機能を有効にするには、新しいデバイスを作成するときにいずれかのウィザード(Citrix Virtual Apps and Desktopsセットアップウィザードまたはストリーム配信仮想マシンセットアップウィザード)で有効にする必要があります。

指定したホスト上のすべてのデバイスに対してアクセラレータ機能を無効にするには:

  1. [仮想ホスト接続プロパティ] 画面を開きます。

  2. [全般] タブで [PVSアクセラレータが有効] を選択(または選択解除)します。

    **[全般]**タブの図

  3. 確認のメッセージが表示されたら、次の操作を確定します:

    [Citrix Provisioningアクセラレータを無効にする]無効化オプションの図

  4. 操作を確認したら、[OK] をクリックして変更を適用します。

Citrix Provisioningアクセラレータ