起動デバイスマネージャーの使用方法

起動デバイスマネージャーは、ターゲットデバイスにIPおよび起動の情報(起動デバイス)を提供するオプションの方法です。これは、従来のDHCP、PXE、およびTFTPを使用する方法の代替です。ターゲットデバイスは起動時に起動デバイスから起動情報を直接取得します。ターゲットデバイスはこの情報を使用して、適切なCitrix Provisioningサーバーを検索および通信して、そのサーバーから起動することができます。ユーザー認証の後、サーバーからターゲットデバイスに仮想ディスクイメージが提供されます。

ヒント:

[ISO起動] を使用してターゲットデバイスを起動すると、問題が発生します。詳しくは、Citrix Knowledge Centerを参照してください。

以下の起動デバイスがサポートされます。

  • USB
  • CD-ROM(ISO)
  • ハードディスクのパーティション

無線NICはサポートされません。

警告:

起動デバイスとして1つのハードドライブ全体を選択すると、既存のディスクパーティションが消去され単一のアクティブなパーティションが再作成されます。対象のパーティションは起動デバイスとして予約され、オペレーティングシステムまたはデータのために使用されません。

起動デバイスとしてハードディスクパーティションを選択すると、選択したディスクパーティションのデータが削除されアクティブなパーティションに設定されます。このアクティブなパーティションが起動デバイスになります。

起動デバイスの構成

起動デバイスは、起動デバイスマネージャーを使用して構成します。このウィザードのようなアプリケーションを使用すると、起動デバイスをすばやくプログラムできます。

起動デバイスをインストールした後で、次の手順に従います。以下に注意してください。

  • 仮想ディスクは、BDM.exeを実行する前に事前準備としてフォーマットしておく必要があります。
  • ターゲットデバイスのハードディスクドライブを起動デバイスとして使用する場合は、サーバー上の製品のインストールディレクトリからターゲットデバイス上の製品のインストールディレクトリに、BDM.exeをコピーします。
  • Citrix Provisioningコンソールでのターゲットデバイス設定では仮想ディスクから起動するように設定されていますが、実際のデバイスではハードディスクから起動するように設定されています。
  1. Citrix Provisioningのインストールディレクトリから、BDM.exeを実行します。[起動デバイスの管理] ウィンドウが開き、[ログオンサーバーの選択] ページが表示されます。
  2. [サーバー参照] でProvisioning Servicesサーバー情報を取得する方法を選択します。
    • DNSを使用してサーバーを検索する:このオプションをクリックし、[DHCPを使用してデバイスのIPアドレスを取得する] をクリックする場合は、DHCPサーバーがDNSサーバーを指定するように構成する必要があります。

      注: 起動デバイスはホスト名、およびオプションでDHCPオプション15(ドメイン名)を完全修飾ドメイン名として使用し、DNSサーバーと通信してIPアドレスを解決します。

      高可用性機能を使用する場合は、最大で4台のProvisioning Servicesサーバーを同じホスト名でDNSサーバーに指定します。

    • 起動元のProvisioning Servicesサーバーの静的IPアドレスを使用します。このオプションを選択する場合は、[追加] をクリックしてProvisioning Servicesサーバーの情報を入力します。

      • IPアドレス
      • ポート(デフォルトは6910です)

      高可用性機能を実装する場合は、最大で4台のCitrix Provisioningサーバーを入力します。高可用性を使用していない場合は、1台だけ入力してください。[上に移動]または [下に移動] をクリックして、Provisioning Servicesサーバーの優先順位を並べ替えます。ターゲットデバイスは一覧の最初のProvisioningサーバーから順に、そのサーバーからの起動を試行します。

  3. [次へ] をクリックします。[オプションの設定] ページが開きます。
  4. 次のローカル起動オプションを構成してから、[次へ] をクリックします。
    • 詳細モード。起動と診断の詳しい情報の表示を有効または無効にします。詳細モードは、デバッグの問題に役立ちます。
    • インタラプトセーフモード:デバッグの問題に対して有効または無効にします。このモードは、タイミングまたは起動動作に問題があるドライバーに必要なことがあります。
    • 拡張メモリのサポート。オペレーティングシステムの設定と一致するように、アドレス拡張を有効または無効にします。このオプションは、デフォルトで有効になっています。ターゲットデバイスが起動の早い段階で停止または不安定になる場合にのみ、このオプションを無効にしてください。
    • ネットワーク復元方法。ターゲットデバイスがProvisioning Servicesサーバーとの接続を失ったときに、この方法を使ってネットワーク接続を復元するか、ハードドライブから再起動します。また、接続を待機する期間を秒単位で指定します。
    • ログオンポーリングタイムアウト:通常、ポーリングタイムアウトと一般的なタイムアウトには1秒を指定するところから始めます。暗号に3DESを使用する場合はログオンポーリングタイムアウトの値を増やしてください。さらにタイマーを増やす場合は、ワークロードに基づいて行います。ネットワークに3DESを使用する100台のターゲットデバイスがある場合、適切な設定は3秒です。
    • ログオン一般タイムアウト:ネットワークに3DESを使用する100台のターゲットデバイスがある場合、一般的なタイムアウトに適切な設定は10秒です。
  5. [起動デバイスの作成] ページで、ターゲットデバイスのIPアドレスを構成します。[DNSを使用してサーバーを検索する] を選択し、DHCPサービスでオプション6(DNSサーバー)を提供しない場合は、次の必須情報を入力します:
    • プライマリDNSサーバーのアドレス
    • セカンダリDNSサーバーのアドレス
    • ドメイン名
  6. [起動デバイス] を構成します。
    • アクティブな起動パーティションを追加します。起動パーティションを追加するにはこのオプションを使用します。注: デバイスのハードドライブから起動する場合は、起動パーティションが必要です(たとえば、小さなパーティションまたはパーティションオフセットを持つXENPVDISK起動デバイスを選択するときなど)。
    • デバイスの一覧から起動デバイスを選択します。 パーティションオフセットのサイズが設定されている場合は、作成先のサイズを確認するメッセージが表示されます。大文字と小文字を区別してYesと入力して続行します。
  7. 当てはまる場合は、[メディアプロパティ] を構成します。
  8. [作成] をクリックします。起動デバイスが作成されたことを示すメッセージが表示されます。ISO形式を選択する場合は、CD書き込みソフトウェアを使用してISOイメージを書き込みます。
  9. [終了] をクリックしてユーティリティを閉じます。
  10. ターゲットデバイスを起動してBIOS設定画面を開きます。起動デバイスを起動順序の一覧の最上位に移動します。変更を保存してターゲットデバイスを起動します。

起動デバイスをプログラムした後は、コンソールの [ターゲットデバイスプロパティ] ダイアログボックスでターゲットデバイスの起動順序を構成します。ターゲットデバイスがProvisioningサーバーに接続した後は、これらの起動動作が使用されます。コンソールで、複数の仮想ディスクイメージを1つのターゲットデバイスに割り当てることができます。このvDiskを起動する方法は、選択した起動動作によって変わります。

起動デバイス(USBまたはISOイメージ)にBIOSを構成するとき、NICのPXEオプションは必ず有効にします。起動前処理中にNICのオプションROMをメモリ上に常駐させるには、PXE起動オプションが必須です。これにより、起動デバイスでUNDIを使用してNICを正しく初期化できるようになります。そうしなければ、起動デバイスにより「APIが見つかりません」というメッセージが表示されます。

起動デバイスマネージャーの使用方法