仮想ディスクのロック解除

単一の仮想ディスクイメージファイルに複数のターゲットデバイスとCitrix Provisioningサーバーがアクセスすることがあるので、アクセスを制御してイメージの破損を防ぐ必要があります。誤ってプライベートイメージを複数のターゲットデバイスに割り当て、それらのターゲットデバイスを起動しようとすると、イメージが破損します。したがって、イメージは指定された構成にふさわしくロックされます。ロックされた仮想ディスクのアイコンには小さな錠前が表示されます。

一定の状況ではこれらのロックが正常に解除されません。ターゲットデバイスが仮想ディスクから起動され、その起動に失敗した場合、仮想ディスクイメージのロックは正常に解除されません。同じターゲットデバイスが再起動する場合は同じロックが使用され、問題は生じません。ただし、ターゲットデバイスで障害が発生すると、そのドライブはProvisioningサーバーにマウントできなくなります。障害が発生したターゲットデバイスによってロックされているため、サーバーは仮想ディスクのマウントに失敗します。管理者はこれらのロックを解除できます。

注:

ロックを解除する前に、仮想ディスクが使用されていないことを確認してください。使用中の仮想ディスクのロックを解除すると、イメージが破損する可能性があります。

仮想ディスクのロックを解除するには

  1. Citrix Provisioningコンソールでロックを解除する仮想ディスクを右クリックし、[ロックの管理] を選択します。[vDiskのロックの管理] ダイアログボックスが開きます。
  2. 仮想ディスクをロックしているターゲットデバイスがある場合は、そのターゲットデバイスの名前がダイアログボックスの一覧に表示されます。一覧から1つまたは複数のターゲットデバイスを選択して [ロックの削除] をクリックします。[すべて選択] をクリックして、選択した仮想ディスクに対するすべてのターゲットデバイスのロックを削除することもできます。
  3. [閉じる] をクリックしてダイアログボックスを閉じます。