vDiskのエクスポートとインポート

Citrix Provisioningは、バージョン付きまたはバージョンなしのvDiskの両方を、既存のストアから別のファームのストアへとエクスポートおよびインポートします。

ヒント:

Citrix Provisioningを使用せずにエクスポートしたVHDをインポートする場合は、最初にサードパーティ製のツールを使用して差分ディスクを基本ディスクにマージします。マージした後、新しいVHD基本ディスクをインポートします。

仮想ディスクのエクスポート

仮想ディスクをエクスポートするには

  1. Citrix Provisioningコンソールで仮想ディスクを右クリックして、[エクスポート] を選択します。[エクスポート] ダイアログボックスが開きます。
  2. メニューからエクスポートするバージョンを選択してから、[OK] をクリックします。ストアにマニフェストファイルが作成されます。

ヒント:

エクスポートする予定の仮想ディスクを削除する場合は、最初に仮想ディスクをエクスポートすることをお勧めします。エクスポート後、元の場所から削除する前に、結果のXMLファイルを新しい場所にコピーします。

vDiskのインポート

仮想ディスクまたは差分VHDファイルの仮想ディスクチェーンは、次の場合にストアへインポートできます:

  • インポートされたVHDはストアに存在せず、VHDの最高バージョン番号と関連付けられたマニフェストファイルの両方が一致します。
  • VHDチェーンには基本イメージが含まれ、その基本イメージのバージョン番号はマニフェストファイルの基本イメージのバージョンと一致します。

注:

単一のvDiskをインポートする場合、マニフェストファイルは必要ありませんが、バージョン付きの複数の仮想ディスクをインポートする場合、マニフェストファイルが必要です。

  • VHDがストアに存在するが、インポートするvDiskの関連マニフェストファイル内のバージョン番号が、既存のVHDのバージョン番号より大きい。

既存の仮想ディスクをサイトに追加またはインポートするには

  1. 仮想ディスクおよび関連付けられているプロパティファイルを共有ストレージにコピーします。
  2. コンソールで [ストア]または[vDiskプール] を右クリックして、[既存のvDiskの追加またはインポート] を選択します。[既存のvDiskの追加またはインポート] ダイアログボックスが開きます。
  3. [検索するストア] メニューからvDiskを検索するストアを選択します。
  4. [検索に使用するサーバー] メニューからvDiskの検索に使用するサーバーを選択して、[検索] をクリックします。ストア内のすべてのvDiskが [選択したvDiskのvDiskプールへの追加] ボックスに表示されます。
  5. 仮想ディスクプールに追加するvDiskのチェックボックスをオンにします。
  6. オプションで、[これらのvDiskの負荷分散を有効にする] チェックボックスをオンにして、選択した仮想ディスクをターゲットデバイスに提供するProvisioningサーバーでの負荷分散を有効にします。
  7. [追加] をクリックして、vDiskを仮想ディスクプールに追加します。

仮想ディスクのバージョンの追加

仮想ディスクバージョンをサイトに追加するには

  1. 仮想ディスクおよび関連付けられているプロパティファイルを共有ストレージにコピーします。
  2. コンソールで [ストア] または [vDiskプール] を右クリックして、[vDiskバージョンの追加] を選択します。[vDiskバージョンの追加] ダイアログボックスが開きます。
  3. [検索するストア] メニューからvDiskを検索するストアを選択します。
  4. [検索に使用するサーバー] メニューからvDiskの検索に使用するサーバーを選択して、[検索] をクリックします。ストア内のすべてのvDiskが [選択した新しいvDiskバージョンの追加] ボックスに表示されます。
  5. 仮想ディスクプールに追加されている仮想ディスクのバージョンを確認します。
  6. [追加] をクリックして、vDiskを仮想ディスクプールに追加します。