Citrix ADC

はじめに

アップグレードまたはダウングレードプロセスを開始する前に、次の点を確認してください。

  • Citrix ADCアプライアンスのアップグレードに割り当てられた時間。組織の変更管理手順に従います。アップグレードの実行に 2 倍の時間を割り当てます。各Citrix ADCアプライアンスをアップグレードするのに十分な時間を割り当てます。
  • 組織のサポート契約を評価します。CitrixテクニカルサポートまたはCitrix認定パートナーのサポートについては、アプライアンスのシリアル番号、サポート契約、連絡先の詳細を文書化します。
  • ライセンスフレームワークとライセンスの種類。ソフトウェアエディションのアップグレードには、次のような新しいライセンスが必要になる場合があります。
    • 標準版から上級版へのアップグレード、または
    • スタンダードエディションからプレミアムエディション、または
    • プレミアムエディションへのアドバンスエディション。

    バージョン13.1にアップグレードしても、既存のCitrix ADCライセンスは引き続き機能します。詳細については、「 ライセンス」を参照してください。

  • 新規および非推奨のコマンド、パラメータ、および SNMP OIDを確認します。
  • Citrix ADC MPXハードウェアおよびソフトウェアの互換性マトリクスを確認します
  • Citrix ADC Gatewayのログオンページがカスタマイズされている場合は、UIテーマがデフォルトに設定されていることを確認します。
  • LOM をアップグレードする場合は、 LOM ファームウェアのアップグレードページを確認します
  • Citrix ADCダウンロードからCitrix ADCファームウェアをダウンロードします。Citrix ADCファームウェアをダウンロードする詳細な手順については、 Citrix ADCリリースパッケージをダウンロードするを参照してください

  • バックアップファイル。構成ファイル、カスタマイズファイル、証明書、モニタースクリプト、ライセンスファイルなどのバックアップを手動で実行するか、Citrix ADC CLIまたはGUI- バックアップと復元を使用したバックアップについては、次のドキュメントを参照してください。

    • バックアップ用のその他の一般的なカスタマイズファイルについては、次のリストを参照してください。
      • /nsconfig/monitors/*.pl
      • /nsconfig/rc.netscaler
    • カスタマイズフォルダをバックアップします。 /var/customizationsこれは通常下です。カスタマイズの例として、ロゴ付きのログオンページがあります。カスタマイズフォルダーをコピーした後、アプライアンスをアップグレードする前に、Citrix ADCアプライアンスからフォルダーを削除する必要があります。カスタマイズを適してアップグレードすると、いくつかの問題が発生する可能性があります。

    Citrix 上記のバックアップ手順を確認することを強くお勧めします。Citrix ADCアプライアンスで更新が完了しない場合のアクションプランを用意します。

  • アップグレードを実行する前に、Citrix ADCアプライアンス用の/varおよび/flashディレクトリに十分な領域があることを確認します。/var には 5 GB の空き領域が必要です (アップグレードバンドルの場合は 1 GB + アップグレードプロセスに 4 GB) /flash には、新しいカーネル上でコピーするのに十分な領域が必要です。これは 140 MB から 160MB の間で異なります。少なくとも 250 MB の空き領域があることを確認します。 /varのディスク領域をクリアする方法の詳細については、「Citrix ADCアプライアンスの問題をログに記録するために/varディレクトリの空き領域を解放する方法」を参照してください。 /flash のディスク領域のクリアの詳細については、https://support.citrix.com/article/CTX133587を参照してください。

  • Citrix ADCアプライアンスの整合性を検証します。Citrix ADCハードウェアアプライアンスを使用している場合は、fsckを実行して、ディスクチェックを実行し、Citrix Citrix ADC ハードドライブの整合性を検証することを強くお勧めします。エラーが発生した場合は、ハードディスクドライブをリセットし、ディスクチェックコマンドを繰り返します。エラーメッセージが再び表示される場合は、Citrix サポートに連絡して問題をさらに調査してください。

    • fsck コマンドを使用して、ハードドライブのディスクの整合性を検証します。詳細については、 CTX122845を参照してください。

    • 診断バンドルファイルを使用してCitrix ADCアプライアンスの整合性を検証し、分析のためにログをCitrix Insight Serviceにアップロードします。詳細については、「 テクニカルサポートバンドルの収集方法」を参照してください。

  • Citrix ADC VPXサポートマトリックスと使用ガイドラインを確認してください

  • FAQ セクションを確認してください。
  • 一度に1つのメジャーリリースにアップグレードすることをお勧めします。最新バージョンに直接アップグレードしないでください。

    たとえば、Citrix ADCアプライアンスがリリース12.1にあり、リリース13.1にアップグレードする場合は、最初にアプライアンスをリリース13.0にアップグレードし、次にリリース13.1にアップグレードする必要があります。

  • テスト環境でアップグレード手順を確認します。

Citrix ADCアプライアンスをアップグレードまたはダウングレードするための前提条件の詳細については、以下のサポート記事を参照してください。

はじめに