はじめに

この記事では、Citrix DaaS Standard for Azure(旧称Citrix Virtual Apps and Desktops Standard or Azureサービス)を使用してデスクトップとアプリケーションを配信するためのセットアップタスクの概要を示します。実際に実行する前に各手順を確認し、何をするのかを把握しておくことをお勧めします。

リモート PC アクセスのセットアップタスクについては、「 リモート PC アクセス」を参照してください。

重要:

Citrix CloudおよびサブスクライブしているCitrixサービスに関する重要な情報を確実に取得するには、すべてのメール通知を受信できることを確認してください。たとえば、Citrixは、Azureの消費量(使用量)の詳細を記載した情報通知メールを毎月送信します。

Citrix Cloudコンソールの右上隅で、顧客名とOrgIDフィールドの右側にあるメニューを展開します。[アカウント設定] を選択します。[マイプロファイル] タブで、[メール通知] セクションのすべてのエントリを選択します。

セットアップタスクの概要

この記事の以下のセクションで、セットアップタスクについて説明します:

  1. セットアップの準備をします
  2. 次のいずれかのガイダンスに従って、デプロイをセットアップします。
  3. ワークスペースの URL をユーザーに提供します。

準備

概念実証のクイック展開のセットアップ

この手順には、Citrix Managed Azureサブスクリプションが必要です。

  1. 簡易作成を使用してカタログを作成します。
  2. 管理対象Azure ADにユーザーを追加します。
  3. カタログにユーザーを追加します。
  4. ワークスペースURLをユーザーに通知します。

実稼働環境のセットアップ

  1. ユーザーの認証に自身のActive DirectoryまたはAzure Active Directoryを使用する場合は、接続してCitrix Cloudでその方法を設定します。
  2. ドメインに参加しているマシンを使用している場合は、 有効な DNS サーバーエントリがあることを確認します
  3. (Citrix Managed Azure サブスクリプションの代わりに)独自の Azure サブスクリプションを使用している場合は、 Azure サブスクリプションをインポートします
  4. イメージを作成またはインポートします。Citrix提供イメージの1つをカタログでそのまま使用できますが、これらは主に概念実証の展開を目的としています。
  5. Citrix Managed Azureサブスクリプションを使用していて、ユーザーがネットワーク内のアイテム(ファイルサーバーなど)にアクセスできるようにする場合は、Azure VNetピアリングまたはCitrix SD-WAN接続を設定します。
  6. カスタム作成を使用してカタログを作成します
  7. マルチセッションマシンのカタログを作成する場合は、必要に応じてカタログにアプリを追加します。
  8. Citrix Managed Azure ADを使用してユーザーを認証している場合は、ディレクトリにユーザーを追加します。
  9. カタログにユーザーを追加します。
  10. ワークスペースURLをユーザーに通知します。

展開をセットアップした後、Citrix DaaS for Azureの [監視] ダッシュボードを使用して、デスクトップ使用量セッション、およびマシンを確認します。

システム要件

すべてのデプロイで、次のようになります。

  • Citrix Cloud: このサービスはCitrix Cloudを介して提供され、オンボーディングプロセスを完了するにはCitrix Cloudアカウントが必要です。詳しくは、「 Citrix Cloud アカウントの取得」を参照してください。
  • Windowsライセンス: Windows ServerワークロードまたはWindows 10のAzure Virtual Desktopライセンスのいずれかをリモートデスクトップサービスが実行するための適切なライセンスがあることを確認します。

Citrix Managed Azureサブスクリプションを使用している場合は、次の手順を実行します。

  • Azure VNet ピアリングを使用する場合の Azure サブスクリプション (オプション): Azure VNet ピア接続を使用して独自の Azure ネットワーク内のリソース (AD やその他のファイル共有など) にアクセスする場合は、Azure サブスクリプションが必要です。
  • Azure Active Directory へのVDAの参加(オプション): Active Directoryグループポリシーを使用してVDAをドメインに参加するには、Active Directoryでそのアクションを実行する権限を持つ管理者である必要があります。詳しくは、「 顧客の責任」を参照してください。

企業のオンプレミスネットワークへの接続を構成するには、追加の要件があります。

カタログを作成するときに自身のAzureイメージを使用する場合は、 Citrix DaaS for Azureにインポートする前に、これらのイメージが特定の要件を満たしている必要があります

追加情報:

サポートされるオペレーティングシステム

Citrix マネージドAzureサブスクリプションを使用する場合:

  • Windows 7(VDAは最新の累積更新プログラムでは7.15 LTSRである必要があります)
  • Windows 10シングルセッション
  • Windows 10マルチセッション
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2022(最低でもVDA 2106が必要)
  • Red Hat Enterprise LinuxおよびUbuntu

カスタマー管理の Azure サブスクリプションを使用する場合:

  • Windows 7(VDAは最新の累積更新プログラムでは7.15 LTSRである必要があります)
  • Windows 10 Enterpriseシングルセッション
  • Windows 10 Enterprise Virtual Desktopマルチセッション
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2022(最低でもVDA 2106が必要)
  • Red Hat Enterprise LinuxおよびUbuntu

ワークスペースURL

カタログを作成してユーザーを割り当てたら、デスクトップとアプリがある場所のワークスペースURLをユーザーに通知します。ワークスペースURLは、すべてのカタログとユーザーで同じです。

[管理] > [クイック展開 ] ダッシュボードで、右側の [ ユーザーアクセスと認証 ] を展開して URL を表示します。

Citrix CloudのワークスペースURLの最初の部分を変更できます。手順については、 ワークスペース URL をカスタマイズするを参照してください

支援が必要な場合

トラブルシューティング」の記事を確認してください。

引き続きサービスで問題が発生する場合は、「ヘルプとサポートの利用」の手順に従ってチケットを作成してください。

はじめに