iOSデータ保護

ASD(Australian Signals Directorate:オーストラリア通信電子局)のデータ保護要件を満たす必要がある企業では、Secure MailおよびSecure Webの [iOSデータ保護を有効化] ポリシーを使用できます。デフォルトでは、これらのポリシーは [オフ] になっています。

Secure Webの [iOS データ保護を有効化] ポリシーが [オン] のとき、Secure Webではサンドボックス内のすべてのファイルに対してクラスAの保護レベルが適用されます。Secure Mailのデータ保護について詳しくは、「オーストラリア通信電子局のデータ保護」を参照してください。このポリシーを有効にすると最高のデータ保護クラスが使用されるので、[最小データ保護クラス] ポリシーも指定する必要はありません。

[iOSデータ保護を有効化]ポリシーを変更するには

  1. Endpoint Managementコンソールを使用してSecure WebおよびSecure MailのMDXファイルを Endpoint Managementに読み込みます:新しいアプリの場合、[構成]>[アプリ]>[追加] の順に選択して [MDX] をクリックします。アップグレードについては、「MDXまたはエンタープライズアプリのアップグレード」を参照してください。

  2. Secure Mailの場合、[アプリ] 設定に移動して [iOS データ保護を有効化] ポリシーを見つけ、[オン] に設定します。古いバージョンのオペレーティングシステムが動作するデバイスは、このポリシーを有効にしても影響を受けません。

  3. Secure Webの場合、[アプリ] 設定に移動して [iOSデータ保護を有効化] ポリシーを見つけ、[オン] に設定します。古いバージョンのオペレーティングシステムが動作するデバイスは、このポリシーを有効にしても影響を受けません。

  4. 通常通りアプリのポリシーを構成して設定を保存し、Secure Hubでアプリストアにアプリを展開します。