MDXまたはエンタープライズアプリのアップグレード

Endpoint ManagementでMDXまたはエンタープライズアプリをアップグレードするには、Endpoint Managementコンソールでアプリを無効にしてから、アプリの新しいバージョンをアップロードします。

  1. Endpoint Managementコンソールで、[構成]>[アプリ] の順にクリックします。[アプリ] ページが開きます。

  2. 管理対象デバイス(モバイルデバイス管理でEndpoint Managementに登録されたデバイス)の場合は、スキップして手順3に進みます。非管理対象デバイス(エンタープライズアプリ管理の目的のみでEndpoint Managementに登録されたデバイス)の場合は、次の手順に従います。

    • [アプリ] の表で、アプリの横のチェックボックスをオンにするか、更新するアプリを含む行をクリックします。
    • 表示されるメニューで、[無効にする] をクリックします。

    [アプリ]メニューの画像

    • 確認のダイアログボックスで [無効] をクリックします。アプリの [無効にする] 列に 「無効」と表示されます。

    無効なアプリの画像

    注:

    アプリケーションを無効にすると、アプリケーションが保守モードになります。アプリが無効になっている場合、ユーザーはログオフ後にそのアプリに再接続することはできません。アプリの無効化は任意の設定ですが、アプリの機能の問題を避けるために、アプリを無効にすることをお勧めします。ポリシーを更新する場合や、Endpoint Managementにアプリをアップロードするのと同時にユーザーがダウンロードを要求する場合などに問題が発生することがあります。

  3. [アプリ] の表で、アプリの横のチェックボックスをオンにするか、更新するアプリを含む行をクリックします。

  4. 表示されるメニューで、[編集] をクリックします。アプリに対して最初に選択したプラットフォームが選択された状態で、[アプリ情報] ページが開きます。

  5. 次の設定を構成します。

    • 名前: 任意で、アプリ名を変更します。
    • 説明: 任意で、アプリの説明を変更します。
    • アプリカテゴリ: 任意で、アプリのカテゴリを変更します。
  6. [次へ] をクリックします。最初に選択したプラットフォームのページが開きます。選択したプラットフォームごとに、以下の操作を行います。

    • [アップロード] をクリックしてアップロードするファイルの場所に移動し、置き換えるファイルを選択します。アプリがEndpoint Managementにアップロードされます。
    • 任意で、プラットフォームのアプリの詳細とポリシー設定を変更します。
    • 任意で、展開規則の構成およびアプリストアの構成を行います。詳しくは、「MDXアプリの追加」を参照してください。
  7. [保存] をクリックします。[アプリ] ページが開きます。

  8. 手順2でアプリを無効にした場合は、次の手順に従います。

    • [アプリ] の表で更新したアプリをクリックして選択し、表示されるメニューで [有効にする] をクリックします。
    • 確認ダイアログボックスが表示されたら、[有効にする] をクリックします。これで、ユーザーがアプリにアクセスでき、アプリのアップグレードを求める通知を受信できるようになりました。

MDXまたはエンタープライズアプリのアップグレード

この記事の概要