Technical Previewの機能

Technical Previewの機能は、非実稼働環境または制限のある稼働環境で使用でき、お客様がフィードバックを共有する機会を提供します。Technical Previewの機能のサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合があります。

アダプティブオーディオのサポート

これは、23.11.0リリース以降のTechnical Preview段階の機能です。

Android向けCitrix Workspaceアプリは、HDXアダプティブオーディオをサポートしています。この機能は、ユーザーに優れた音質と低遅延を提供するように設計されています。

注:

  • これは、リクエストベースで提供されるプレビュー機能です。ご使用の環境でこの機能を有効にするには、Podioフォームに記入してください。
  • このTechnical Previewのフィードバックは、Podioフォームからお送りいただけます。

この機能は、アダプティブオーディオポリシーを有効にすることで構成できます。

アダプティブオーディオ

詳しくは、Citrix Virtual Apps and Desktopsドキュメントの「オーディオポリシー設定」を参照してください。

Samsung DeXでのマルチウィンドウセッション共有アプリのサポート

これは、23.11.0リリース以降のTechnical Preview段階の機能です。

Citrix Workspaceアプリの23.9.5バージョンでは、エンドユーザーがデスクトップのような操作環境を体験できるように、別のセッションウィンドウが導入されました。ただし、サポートされるセッションウィンドウは1つだけです。

バージョン23.11.0以降、Citrix Workspaceアプリはシームレスなマルチタスクをサポートし、ユーザーにデスクトップのような操作環境を提供します。同じセッション内で複数のアプリを開いて同時に実行できます。これらのアプリは別のウィンドウで開きます。

マルチウィンドウセッション

たとえば、Citrix Workspaceアプリを開いてGoogle Chromeブラウザー、Microsoftペイント、およびMicrosoft Wordを起動すると、3つのアプリはすべて別のウィンドウとして開きます。開いているアプリセッションウィンドウの数を表示し、別のアプリセッションウィンドウに切り替えるには、セッションツールバーのアプリの切り替えアイコンを使用します。

注:

  • これは、リクエストベースで提供されるプレビュー機能です。ご使用の環境でこの機能を有効にするには、Podioフォームに記入してください。
  • このTechnical Previewのフィードバックは、Podioフォームからお送りいただけます。
  • 最初に起動するアプリでは、セッションにサインインしてユーザープロファイルを読み込むまでに1分かかる場合があります。

使用例

DeX画面で一部のアプリを開いた場合でも、モバイルデバイス上のCitrix Workspaceアプリからアプリを開くことができます。モバイルデバイスの画面でアプリセッションを開始すると、DeX上の既存のセッションを閉じるためのダイアログが表示されます。モバイルデバイスでは、アプリはシングルウィンドウモードで開きます。

デバイス画面でアプリウィンドウが開いているときにDeX画面でCitrix Workspaceアプリのアイコンをクリックしたものの、アプリがシングルウィンドウモードである場合。DeX画面でアプリセッションのウィンドウモードを終了し、アプリを再度開いてマルチセッションウィンドウモードにアクセスする必要があります。

以下の操作を実行できます:

  • ウィンドウの右上にある固定ボタンをクリックして、ウィンドウアプリを固定します。固定されたウィンドウは常に最前面に表示されます。
  • すべてのアプリウィンドウのセッションツールバーボタンにアクセスします。
  • アプリウィンドウを最小化し、最大化し、移動し、閉じます。
  • マウスのクリック、ダブルクリック、ドラッグ、キーボード操作を使用して、アプリを切り替えたりマルチタスクを実行したりします。

機能の制限

  • Samsung DeXタスクバーのプレビューウィンドウのタイトルには、実際のアプリ名ではなくワークスペースが表示されます。
  • サーバー方向へのウィンドウサイズの変更はサポートされていません。つまり、サーバー側のウィンドウのサイズが設定または制限されている場合、クライアント側からのサイズ変更リクエストは成功しません。この設定により、ローカルウィンドウのグラフィックとリモートウィンドウのグラフィックの間に不一致が生じます。
  • クライアント側のウィンドウには最小ウィンドウサイズがあります。つまり、解像度1920 x 1080のDeX画面上のウィンドウの最小サイズは、タイトルバーを含めて220 x 220で、使用可能な四角形のサイズは220 x 189です。
  • 特定のメニューオプションが拡張され、親アプリの境界外に表示される場合があります。拡張メニューオプションは別のアプリウィンドウに表示される場合があります。
  • タスクバー内のアプリのプレビュー画像が重なり、別のアプリのプレビューを覆う場合があります。

UEM経由でCitrix Workspaceアプリの設定をプッシュ

これは、23.11.0リリース以降のTechnical Preview段階の機能です。

以前は、Citrix WorkspaceアプリでストアURLを構成できました。

このリリース以降、インフラストラクチャに展開されている統合エンドポイント管理(UEM)ソリューションツールを使用して、管理対象デバイス上でCitrix Workspaceアプリ設定を構成できるようになりました。

注:

管理者として、UEMおよびGlobal App Configuration Service(GACS)を使用してCitrix Workspaceアプリ設定を構成するオプションがある場合、UEMは常にGACSよりも優先されます。

構成

次のJSONデータは、この機能の構成方法を示すMS Intuneのサンプルです。

{
    "kind": "androidenterprise#managedConfiguration",
    "productId": "app:com.citrix.Receiver",
    "managedProperty": [
        {
            "key": "stores",
            "valueBundleArray": [
                {
                    "managedProperty": [
                        {
                            "key": "url",
                            "valueString": ""
                        },
                        {
                            "key": "storeType",
                            "valueInteger": 1
                        },
                        {
                            "key": "displayName",
                            "valueString": ""
                        }
                    ]
                }
            ]
        },
        {
            "key": "url",
            "valueString": "prodcwa.cloud.com"
        },
        {
            "key": "storeType",
            "valueInteger": 1
        },
        {
            "key": "displayName",
            "valueString": ""
        },
        {
            "key": "restrict_user_store_modification",
            "valueBool": false
        },
        {
            "key": "restrictScreenshot",
            "valueBool": true
        },
        {
            "key": "appSettings",
            "valueBundleArray": [
                {
                    "managedProperty": [
                        {
                            "key": "name",
                            "valueString": ""
                        },
                        {
                            "key": "value",
                            "valueString": ""
                        },
                        {
                            "key": "userOverride",
                            "valueBool": false
                        }
                    ]
                }
            ]
        }
    ]
}

<!--NeedCopy-->

キーと値のペアの表

次の表に、キーと値のペアに関する情報を示します:

設定 説明 キー Value 値の種類 デフォルト値
オーディオ ユーザーがアプリまたはデスクトップ内のオーディオとマイクの接続を制御することを許可します。 audioRecordingSettingsKey 再生と録音 文字列 再生と録音
予測入力 ユーザーの入力中に入力候補を有効にします。 predictiveText FALSE ブーリアン型 FALSE
拡張キーボード セッションで拡張キーボードのサポートを有効にします。 showExtendedKeyboard TRUE ブーリアン型 TRUE
汎用USBリダイレクト クライアントデバイスからVDAへの任意のUSBデバイスの自動リダイレクトを有効にします。 autoUSB TRUE ブーリアン型 FALSE
セッション切断のユーザー確認(終了する前に確認する) セッションを切断する前にユーザーが確認できる確認ダイアログを表示します。 askBeforeExiting TRUE ブーリアン型 TRUE
クリップボードのリダイレクト(クリップボード) ユーザーがセッション内で切り取り、コピー、貼り付けなどのクリップボード操作をすることを許可します。 clipboardAccess TRUE ブーリアン型 FALSE
アダプティブトランスポート(EDT) Enlightened Data TransportをTCP経由の優先プロトコルとして有効にして、データ転送を最適化します。 edtSetting TRUE ブーリアン型 TRUE
画面の向き ユーザーがデバイスの位置に基づいてディスプレイの向きを選択することを許可します。 displayOrientationKey 文字列 Automatic
表示したままにする ディスプレイをアクティブ状態で保持し、画面を表示したままにします。 keepscreenOnKey TRUE ブーリアン型 FALSE
厳密な証明書の検証 サーバー証明書の検証をより厳密に制御します。 strictcertificatevalidation TRUE ブーリアン型 FALSE
レガシストアへのアクセス ユーザーが以前のバージョンのストアにアクセスすることを許可します。 allowlegacystoreaccess TRUE ブーリアン型 FALSE
RealTime Media Engine 高品位のオーディオ/ビデオ通話のサポートを有効にします。 RTMEAccess TRUE ブーリアン型 FALSE
USBリダイレクト(自動) クライアントデバイスからVDAへの任意のUSBデバイスの自動リダイレクトを有効にします。 autoUSB TRUE ブーリアン型 FALSE
ネットワーク監視メッセージ ネットワークパフォーマンスの詳細を提供するアラートメッセージを無効にします。 DisableChannelMonitoringWarnings FALSE ブーリアン型 FALSE
拡張キー セッションのキーボードに使用するショートカット。 key_map [“strAltTab”, “strAlt”, “strBackspace”, “strAltF4”] マルチリスト Null
LaunchDarkly Citrix Workspace アプリの機能で LaunchDarkly フラグを有効にします。 enableLaunchDarkly TRUE ブーリアン型 TRUE

このようなJSONデータの例を次に示します。次の例のように、さまざまな設定値が表示されます:

  • ブーリアン型
  • 整数
  • 文字列
  • 文字列のリスト
{
    "kind": "androidenterprise#managedConfiguration",
    "productId": "app:com.citrix.Receiver",
    "managedProperty": [
        {
            "key": "stores",
            "valueBundleArray": [
                {
                    "managedProperty": [
                        {
                            "key": "url",
                            "valueString": ""
                        },
                        {
                            "key": "storeType",
                            "valueInteger": 1
                        },
                        {
                            "key": "displayName",
                            "valueString": ""
                        }
                    ]
                }
            ]
        },
        {
            "key": "url",
            "valueString": "your_store_url"
        },
        {
            "key": "storeType",
            "valueInteger": 1
        },
        {
            "key": "displayName",
            "valueString": ""
        },
        {
            "key": "restrict_user_store_modification",
            "valueBool": false
        },
        {
            "key": "restrictScreenshot",
            "valueBool": true
        },
        {
            "key": "appSettings",
            "valueBundleArray": [
                {
                    "managedProperty": [
                        {
                            "key": "name",
                            "valueString": "showExtendedKeyboard"
                        },
                        {
                            "key": "value",
                            "valueString": "false"
                        },
                        {
                            "key": "userOverride",
                            "valueBool": false
                        }
                    ]
                },
                {
                    "managedProperty": [
                        {
                            "key": "name",
                            "valueString": "enterRegion"
                        },
                        {
                            "key": "value",
                            "valueString": "-40"
                        },
                        {
                            "key": "userOverride",
                            "valueBool": false
                        }
                    ]
                },
                {
                    "managedProperty": [
                        {
                            "key": "name",
                            "valueString": "displayOrientationKey"
                        },
                        {
                            "key": "value",
                            "valueString": "Landscape mode"
                        },
                        {
                            "key": "userOverride",
                            "valueBool": false
                        }
                    ]
                },
                {
                    "managedProperty": [
                        {
                            "key": "name",
                            "valueString": "askBeforeExiting"
                        },
                        {
                            "key": "value",
                            "valueString": "true"
                        },
                        {
                            "key": "userOverride",
                            "valueBool": false
                        }
                    ]
                },
                {
                    "managedProperty": [
                        {
                            "key": "name",
                            "valueString": "key_map"
                        },
                        {
                            "key": "value",
                            "valueString": "['strAltTab','strAlt','strBackspace','strAltF4']"
                        },
                        {
                            "key": "userOverride",
                            "valueBool": true
                        }
                    ]
                }
            ]
        }
    ]
}
<!--NeedCopy-->

Samsung DeXでのCitrix Workspaceアプリとは別のセッションウィンドウ

これは、23.9.5リリース以降のTechnical Preview段階の機能です。

以前は、仮想アプリまたはデスクトップセッションを開始すると、Citrix WorkspaceアプリのUIウィンドウで開かれました。この動作によって、エンドユーザーはCitrix Workspaceアプリから別のアプリまたはデスクトップにアクセスするために、セッションツールバーのホームアイコンをタップしてセッションを切断する必要がありました。単一ウィンドウモードでは、Samsung DeXでのデスクトップエクスペリエンスが制限されていました。

バージョン23.9.5以降、Citrix Workspaceアプリには、マルチタスクをより効率的で使いやすくする別のセッションウィンドウが導入されています。この機能を使用すると、デスクトップのようなエクスペリエンスを実現できます。

たとえば、Google Chromeブラウザーを開くと、以下のスクリーンショットのように、別のウィンドウとして開きます。

個別

この機能の既知の制限事項

サポートされるセッションウィンドウは1つだけです。つまり、新しいセッションウィンドウを開くと、既存のセッションウィンドウが閉じます。

注:

  • これは、リクエストベースで提供されるプレビュー機能です。ご使用の環境でこの機能を有効にするには、Podioフォームに記入してください。
  • このTechnical Previewのフィードバックは、Podioフォームからお送りいただけます。

UEMを使用した多くのストアの追加

これは、23.8.0リリース以降のTechnical Preview段階の機能です。

管理者は、統合エンドポイント管理(UEM)ソリューションを使用して、管理対象のAndroidデバイス用に多くのストアを構成できるようになりました。

注:

  • このTechnical Previewのフィードバックは、Podioフォームからお送りいただけます。

各ストアの詳細をJSONファイルに追加できます。このJSONファイルは、アプリ構成ポリシーの構成中にアップロードできます。詳細には以下が含まれます。

  • ストアURL
  • ストアの種類(任意)

    注:

    • ストアの種類が指定されていない場合、デフォルトのインターフェイスがネイティブと見なされます。
  • ストア名(任意)

注:

  • UEMは、1つのクラウドストアと多数のオンプレミスストアをサポートします。

JSONファイルはキーと値で構成される形式である必要があります。詳しくは、次のサンプルJSONデータを参照してください。

注:

  • サンプルJSONデータはMicrosoft Intuneに関連しています。JSONデータは、他のUEMソリューションでは異なる可能性があります。
{
    "kind": "androidenterprise#managedConfiguration",
    "productId": "app:com.citrix.Receiver",
    "managedProperty": [
        {
            "key": "stores",
            "valueBundleArray": [
                {
                    "managedProperty": [
                        {
                            "key": "url",
                            "valueString": "test.cloud.com"
                        },
                        {
                            "key": "storeType",
                            "valueInteger": 1
                        },
                        {
                            "key": "displayName",
                            "valueString": "StoreFront1"
                        }
                    ]
                },
                {
                    "managedProperty": [
                        {
                            "key": "url",
                            "valueString": "test2.cloud.com"
                        },
                        {
                            "key": "storeType",
                            "valueInteger": 2
                        },
                        {
                            "key": "displayName",
                            "valueString": "StoreFront2"
                        }
                    ]
                }
            ]
        },
        {
            "key": "restrict_user_store_modification",
            "valueBool": false
        }
    ]
}
<!--NeedCopy-->

注:

  • (既定値)整数を1に設定すると、ユーザーはネイティブまたはデフォルトのストアの読み込み内容を表示できます。
  • 整数を2に設定すると、ユーザーはWebインターフェイス内でストアを表示できます。

ストア構成を含んでいるJSONファイルをアップロードするには、[構成設定形式] ドロップダウンリストから [JSONデータを入力] を選択します。

UEM構成設定の形式

ピクチャインピクチャモードの導入

これは、23.3.5リリース以降のTechnical Preview段階の機能です。

Android向けCitrix Workspaceアプリは、ピクチャインピクチャ(PiP)モードをサポートするようになりました。これにより、デスクトップセッション、SaaSアプリ、またはWebアプリを浮動ウィンドウへと縮小できます。このウィンドウは画面上で自由に動かして、どこにでも配置できます。PiPモードでは、Citrix Workspaceアプリのホーム画面が解放され、他のタスクを実行できるようになります。

以下の手順で、この機能を使用します。

  • デスクトップセッションで、セッション ツールバーの [ホーム] ボタンをタップします。

    または

  • SaaSまたはWebアプリを使用中に、省略記号メニュー(…)>[最小化] をタップします。

浮動ウィンドウをタップしてアプリを全画面表示し、浮動ウィンドウの[X] アイコンをタップしてアプリを閉じます。別のアプリを最小化すると、浮動ウィンドウが自動的に全画面表示されます。

注:

  • これは、リクエストベースで提供されるプレビュー機能です。ご使用の環境でこの機能を有効にするには、Podioフォームに記入してください。

PiP機能は、オンプレミス展開とクラウド展開の両方でサポートされます。ただし、クラウド展開の場合は、次のことが可能です:

  • WebアプリをPiPウィンドウに最小化します。
  • 浮動ウィンドウをタップして、デスクトップセッションとWebアプリを切り替えます。

注:

一度にアクティブにできるアプリは2つだけです。1つは全画面表示モードで、もう1つはPiPとして最小化されます。

  • 2つのWebアプリまたはSaaSアプリ
  • 1つのWebアプリまたはSaaSアプリと1つの仮想アプリまたはデスクトップ セッション

高速スキャン

これは、23.3.5リリース以降のTechnical Preview段階の機能です。

Citrix Workspaceアプリにサインインしている場合は、高速スキャン機能を使用して多数のドキュメントをスキャンし、スキャンしたドキュメントをデスクトップセッションに転送できます。

注:

  • これは、リクエストベースで提供されるプレビュー機能です。ご使用の環境でこの機能を有効にするには、Podioフォームに記入してください。

前提条件

  • ストアに対してクライアントドライブマッピング(CDM)を有効にする必要があります。
  • 高速スキャンには、デバイスでの読み取りおよび書き込みアクセスが必要です。アクセスを有効にするには、次の手順に従います:
    1. プロフィールから、アプリケーションの[設定]> [ストアの設定] をタップします。
    2. 現在のストアをタップします。
    3. [デバイスストレージ] をタップし、[フルアクセス] を選択します。

機能の使用方法

ドキュメントをスキャンするには:

  1. セッション内ツールバーから、高速スキャンアイコンをタップします。

    アイコン

  2. [画像を追加] をタップしてスキャンを開始します。

    高速スキャン画面

    カメラアプリが開き、写真の撮影を開始できます。

  3. (オプション)スキャンしたドキュメントをトリミングします。必要なサイズにトリミングしたら、[トリミング] をタップします。

    高速スキャンのトリミング

  4. オプションから選択して、必要な形式でファイルを保存します。

    高速スキャン形式

  5. [保存] をタップします。

    スキャンしたすべてのドキュメントには、デバイスの外部ストレージのCitrixRapidScanDocumentsフォルダー内でアクセスできます。スキャンしたドキュメントには次の方法でアクセスできます:

    • デバイス上のファイルマネージャー
    • 仮想デスクトップ上のクライアントドライブマッピング(CDM)。

WebアプリおよびSaaSアプリ向けに強化されたシングルサインオン(SSO)エクスペリエンスのサポート

これは、22.3.5リリース以降のTechnical Preview段階の機能です。

この機能により、サードパーティのIDプロバイダー(IdP)を使用しながら、内部WebアプリおよびSaaSアプリ向けのSSOの構成を簡素化できます。

強化されたSSOエクスペリエンスにより、プロセス全体がいくつかのコマンドに集約されます。SSOをセットアップするためにIDプロバイダーチェーンでCitrix Secure Private Accessを構成するという、必須の前提条件がなくなります。また、Workspaceアプリと起動中の特定のWebまたはSaaSアプリの両方の認証に同じIDプロバイダーが使用される場合、ユーザーエクスペリエンスも向上します。

このPodioフォームを使用して、このTechnical Previewに登録できます。

Technical Previewから一般提供(GA)

機能名 一般提供バージョン
DPIマッチング 24.1.0