このリリースについて

新機能、機能強化、解決された問題、既知の問題について説明します。

注:

Technical Previewの機能をお探しの場合、1か所で見つけられるように厳選した一覧を作成しました。「Technical Previewの機能」ページをご覧いただき、記載されているPodioフォームリンクを使用してフィードバックを共有してください。

24.1.0の新機能

DPIマッチング

DPIマッチング機能により、仮想セッションはデバイスのDPIに応じてレンダリングされます。以前は、高DPIの携帯電話やタブレットであっても、セッション表示でデバイスのDPIは考慮されていませんでした。24.1.0リリース以降、新しい表示設定ではDPIマッチングを使用できます。詳しくは、「DPIマッチング」を参照してください。

外部キーボードのスキャンコード入力モード

24.1.0リリース以降、外付けの物理キーボードの使用時にキーボード入力モードとしてスキャンコードを選択できるようになりました。この機能は、Androidデバイスを外付けのWindows PCの標準キーボードで使用する場合に役立ちます。Samsung DeX機能を使用する場合と似ています。

スキャンコードを使用すると、Androidのソフトキーボードの代わりにVDAのキーボードレイアウトを使用できます。これによって、AndroidではなくWindowsの入力スタイルを完全に再現することができます。全体的なユーザーエクスペリエンスが大幅に向上するため、東アジア言語で入力する場合に役立ちます。エンドユーザーは、クライアントではなくサーバーのキーボードレイアウトを使用することになる可能性があります。詳しくは、「外部キーボードのスキャンコード入力モード」を参照してください。

外部Webカメラのサポート

Android向けCitrix Workspaceアプリが、セッション内で外部接続されたWebカメラをサポートするようになりました。USB Webカメラを接続してビデオ会議に使用する場合は、[カメラ]アイコンをクリックして、外部Webカメラの名前を選択します。エンドユーザーが利用できるリソースを使用することで、セッションエクスペリエンスを強化できます。詳しくは、「外部Webカメラのサポート」を参照してください。

24.1.0で解決された問題

このリリースには、解決された問題はありません。

24.1.0の既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

注:

以前のリリースの問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

以前のリリース

このセクションでは、Citrix Workspaceアプリのライフサイクルマイルストーンに従ってサポートされている以前のリリースの新機能と解決された問題に関する情報を提供します。

23.12.0

新機能

エラーメッセージの向上

以前のエラーメッセージには、実用的な説明が不十分でした。

23.12.0リリース以降、エラーメッセージには明確でわかりやすいタイトル、各エラーの具体的な説明、および可能な場合はエラーコードが含まれるようになりました。エラーコードは、管理者が問題をトラブルシューティングするのに役立ちます。エンドユーザーへのメッセージが改善され、問題のトラブルシューティングに必要な詳細が提供されます。未解決の問題がある場合、ユーザーはIT管理者に連絡してさらにサポートを依頼することをお勧めします。

たとえば、ユーザーがサインインできない場合、次のエラーメッセージが表示されます:

エラーメッセージ

解決された問題

  • メールベースの検出機能を使用してサインインすると、Android向けCitrix Workspaceアプリを開けない場合があります。次のエラーメッセージが表示されます:

    「エラー - 接続時にエラーが発生しました。サーバーアドレスおよびデータ接続を確認してください。エラーコード548」

    この問題は、NetScalerを13.0.84.16から13.1.49.13にアップグレードするときに発生します。[CVADHELP-23811]

  • NetScaler Gateway経由でAndroid向けCitrix Workspaceアプリに登録すると、エラー548が表示される場合があります。[CVADHELP -23680]

23.11.0

新機能

Technical Preview

  • アダプティブオーディオのサポート
  • Samsung DeXでのマルチウィンドウセッション共有アプリのサポート
  • UEM経由でCitrix Workspaceアプリの設定をプッシュ

Technical Preview機能の完全な一覧については、「Technical Previewの機能」ページを参照してください。

解決された問題

このリリースで解決された問題はありません。

23.10.5

新機能

外部マイクのサポート

以前は、Android向けCitrix Workspaceアプリは、デバイスのマイク経由でのオーディオリダイレクトのみをサポートしていました。

バージョン23.10.5以降、Android向けCitrix Workspaceアプリは外部マイクをサポートします。マイクには、USBまたはBluetoothベースの周辺機器を使用できます。

USBまたはBluetoothマイクを接続すると、音声が外部マイクからセッションにリダイレクトされます。デバイスから外部マイクを取り外すと、音声は自動的にデバイスのマイクにリダイレクトされます。

この機能は、外部マイクを次のような対象に接続する場合に役立ちます:

  • 電話
  • タブレット
  • スマートテレビ
  • 会議室の外部モニター。

23.10.5で解決された問題

このリリースで解決された問題はありません。

23.10.0

新機能

統合エンドポイント管理ソリューションによるスクリーンショットの検出と禁止

バージョン23.10.0以降、管理者はエンドユーザーがCitrix Workspaceアプリレベルでスクリーンショットを撮ることを禁止できます。

この機能は、機密情報や個人情報の漏えいを防ぎます。管理者は、AppConfigベースのキーと値のペアを使用してこの機能を構成できます:

  • キー:restrictScreenshot
  • 値の種類: ブール値
  • 値:

    ◈ trueに設定すると、エンドユーザーはスクリーンショットを撮ることができません。

    ◈ falseに設定すると、エンドユーザーはスクリーンショットを撮ることができます。

23.10.0で解決された問題

このバージョンでは解決された問題はありません。

23.9.5

新機能

Ctrl+Alt+Delショートカットをセッションツールバーに追加

23.9.5バージョン以降、セッションツールバーには、ボタンをタップするだけでCtrl+Alt+Del機能を実行できるオプションが追加されました。

このオプションにより、ユーザーはサインアウト、ユーザーの切り替え、デバイスのロック、またはタスクマネージャーへのアクセスを容易に実行できます。

ショートカット

アプリセッションでの全画面モードのサポート

以前は、アプリセッションを開始すると、ウィンドウモードで表示できました。

バージョン23.9.5以降、Android向けCitrix Workspaceアプリには、アプリセッションを全画面モードで表示する新しいオプションが導入されています。この機能は、次の場合に役立ちます:

  • タッチデバイスを使用して完全没入モードでセッションを開始する
  • 画面の複製とキャストを試みる
  • Citrix Workspaceアプリを小さい画面で表示する。

このオプションを有効にするには、Android向けCitrix Workspaceアプリの [設定]>[詳細]>[全画面表示] に移動して切り替えます。次のスクリーンショットはオプションを示しています:

設定

アクセシビリティとTalkBack

Citrix Workspaceアプリは、TalkBack機能により強化されたユーザーエクスペリエンスを提供します。TalkBack機能は、画面を見ることが困難なエンドユーザーをサポートします。UIの使用時に、ナレーターが画面要素を読み上げます。

AndroidのTalkBack機能を使用するには、エンドユーザーがAndroidで [設定]>[ユーザー補助]>[TalkBack] から有効にする必要があります。

詳しくは、「アクセシビリティとTalkBack」の ドキュメントを参照してください。

Technical Preview

  • Samsung DeXでのCitrix Workspaceアプリとは別のセッションウィンドウ

Technical Preview機能の完全な一覧については、「Technical Previewの機能」ページを参照してください。

23.9.5で解決された問題

  • マルチモニター設定では、セッションツールバーの拡張アイコンをタップすると、拡張セッションの下部に灰色のバーが表示されることがあります。この問題は、一部のSamsungタブレットを外部モニターとして使用して、Samsung DeXでセッションを開始すると発生します。[CVADHELP-23269]

23.8.0

新機能

Android 14のサポート

Android向けCitrix Workspaceアプリ23.8.0では、Android 14がサポートされています。Citrix Workspaceアプリをバージョン23.8.0にアップグレードしても、Android 14に更新されたデバイスが引き続きサポートされます。

FIDO2ベースの認証のサポート

バージョン23.8.0より、Android向けCitrix Workspaceアプリは、FIDO2ベースの認証方法を使用して、Citrix Virtual Apps and Desktopsセッション内でパスワードなしの認証をサポートするようになりました。

詳しくは、「FIDO2ベースの認証のサポート」を参照してください。

Transport Layer Security 1.3のサポート

Android向けCitrix WorkspaceアプリがTransport Layer Security(TLS)1.3をサポートするようになりました。これにより、パフォーマンスと効率性が向上します。TLS 1.3は、強力な暗号の組み合わせと1回限りのセッションキーによる堅牢なセキュリティを提供します。

詳しくは、「Transport Layer Security 1.3のサポート」を参照してください。

詳しくは、ヘルプドキュメントで「TLSバージョン」を参照してください。

全画面表示のサポート

バージョン23.8.0より、H264コーデックは全画面モードでのビデオレンダリングの強化をサポートします。動画を頻繁に利用する場合や動画コンテンツへの依存度が高い場合は、この機能の利用をお勧めします。ビデオ使用時のパフォーマンス、ビデオ品質、リソース使用率を改善するように設計されています。

詳しくは、「全画面表示のサポート」を参照してください。

予測入力の管理

予測入力は、次に入力できる単語を提案することで、入力操作を向上させるのに役立ちます。アプリまたはデスクトップのセッション中にこの機能を有効にすると、予測リボンにパスワードが表示される可能性があります。この動作を制御するために、この機能はデフォルトで無効になっています。

注:

  • デバイスのデフォルトのキーボード設定で [予測入力] オプションが無効になっている場合、Android向けCitrix Workspaceアプリで有効にしてもこの機能は使用できません。
  • セッション中、GBoardキーボードで中国語、日本語、または韓国語(CJK)入力レイアウトがデフォルトとして設定されている場合、CJKレイアウトの代わりに英語レイアウトが表示されます。CJKキーボードレイアウトを表示するには、アプリの [設定]> [キーボード] に移動して [予測入力] オプションを有効にします。[CVADHELP-23667]

Technical Preview

  • UEMを使用した多くのストアの追加

Technical Preview機能の完全な一覧については、「Technical Previewの機能」ページを参照してください。

23.8.0で修正された問題

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

23.7.5

新機能

統合エンドポイント管理ソリューションを使用したストア構成のサポート

Android向けCitrix Workspaceアプリは、統合エンドポイント管理ソリューションを使用したWorkspaceストアURLのリモート構成をサポートするようになりました。管理者は、統合エンドポイント管理ソリューションを通じて、AppConfigベースのキーと値のペアを使用してストアURLをリモートで管理できます。

統合エンドポイント管理ソリューションを使用してWorkspaceストアURLを構成するには、次の手順に従います:

注:

  • これは、リクエストベースで提供されるプレビュー機能です。ご使用の環境でこの機能を有効にするには、Podioフォームに記入してください。
モバイルデバイス管理(MDM)を使用したストアの構成

Android向けCitrix Workspaceアプリは、統合エンドポイント管理ソリューションを使用したWorkspaceストアURLのリモート構成をサポートします。

統合エンドポイント管理ソリューションを使用してリモートでWorkspaceストアURLを構成するには、次の手順に従います:

  1. 統合エンドポイント管理ソリューション プロバイダーにサインインします。
  2. アプリのアプリ構成ポリシーを作成します。
  3. 新しいキーと値のペアをXMLプロパティ一覧に追加し、次の値を入力します:

    • キー: url
    • 値の種類: 文字列
    • 値: ストアのURL(例:prodcwa.cloud.com)

    注:

    • 説明のために、この例ではMicrosoft Intuneが統合エンドポイント管理ソリューションとして使用されています。表示されるUIは、統合エンドポイント管理ソリューションプロバイダーによって異なります。

    Intune

機能の制限
  • クラウドストアが既に設定されていて、管理者が新しいクラウドストアを構成する場合、既存のクラウドストアと関連するデータまたは設定はすべて削除されます。Citrix Workspace内で、削除を知らせる通知を受け取ります。その場合、再度サインインして、新しいクラウドストアがCitrix Workspaceに追加されるようにする必要があります。
  • 新しい構成を適用するには、Citrix Workspaceアプリを終了してから起動する必要があります。

ストアの種類の構成をサポート

23.6.0バージョン以降、Android向けCitrix Workspaceアプリでは、AppConfigベースのキーと値のペアを使用したストアの種類の構成をサポートし、Citrix Workspaceアプリを構成します。管理者はアプリの表示方法を制御できるようになりました。

キーと値のペアは次のとおりです:

  • キー: storeType
  • 値の種類: 整数
  • 値:

    ◈ 1(既定値)に設定すると、ユーザーはネイティブの、またはデフォルトのストアの読み込み内容を表示できます。 ◈ 2に設定すると、ユーザーはWebインターフェイス内でストアを表示できます。

注:

この機能を有効にする必要はありません。

統合エンドポイント管理ソリューションを使用したストア構成の制御

Android向けCitrix Workspaceアプリは、23.4.5バージョンから統合エンドポイント管理ソリューションを使用したWorkspaceストアURLのリモート構成をサポートするようになりました。管理者は、統合エンドポイント管理ソリューションを通じて、AppConfigベースのキーと値のペアを使用してストアURLをリモートで管理できます。

詳しくは、「統合エンドポイント管理ソリューションを使用したストア構成のサポート」を参照してください。

バージョン23.7.5以降、管理者は、AppConfigベースのキーと値のペアを使用して、エンドユーザーがストアURLを変更できるかどうかを構成できます:

  • キー: restrict_user_store_modification
  • 値の種類: ブール値
  • 値:

    trueに設定すると、ユーザーはストアを変更(追加、削除、編集)できません。

    falseに設定すると、ユーザーはストアを変更できます。

注:

フラグrestrict_user_store_modificationtrueに設定されている場合、新しい統合エンドポイント管理構成ストアを追加する前に、既存のストアがすべて削除されます。

解決された問題

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

23.6.5

新機能

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

23.6.0

新機能

ストアの種類の構成をサポート [Technical Preview]

23.6.0バージョン以降、Android向けCitrix Workspaceアプリでは、AppConfigベースのキーと値のペアを使用したストアの種類の構成をサポートし、Citrix Workspaceアプリを構成します。管理者はアプリの表示方法を制御できるようになりました。

キーと値のペアは次のとおりです:

  • キー: storeType
  • 値の種類: 整数
  • 値:

    ◈ 1(既定値)に設定すると、ユーザーはネイティブの、またはデフォルトのストアの読み込み内容を表示できます。 ◈ 2に設定すると、ユーザーはWebインターフェイス内でストアを表示できます。

注:

この機能を有効にする必要はありません。

23.6.0で解決された問題

  • このリリースで解決された問題はありません。

23.4.5

新機能

Global App Configuration Serviceチャネルのサポート

23.4.5バージョン以降、管理者はGlobal App Configuration Serviceを使用して設定を定義し、すべてのエンドユーザーに構成をロールアウトする前にそれらをテストできます。このプロセスにより、実稼働前に機能を十分にテストすることができます。

注:

  • Android向けCitrix Workspaceアプリは、デフォルトおよびテストチャネル構成をサポートしています。デフォルトでは、すべてのユーザーがデフォルトチャネルを使用しています。

詳しくは、Global App Configuration Serviceのドキュメントを参照してください。

構成方法について詳しくは、Global App Configuration Service Channelのサポートを参照してください。

統合エンドポイント管理ソリューションを使用したストア構成のサポート [Technical Preview]

Android向けCitrix Workspaceアプリは、統合エンドポイント管理ソリューションを使用したWorkspaceストアURLのリモート構成をサポートするようになりました。管理者は、統合エンドポイント管理ソリューションを通じて、AppConfigベースのキーと値のペアを使用してストアURLをリモートで管理できます。

統合エンドポイント管理ソリューションを使用してWorkspaceストアURLを構成するには、次の手順に従います:

注:

  • これは、リクエストベースで提供されるプレビュー機能です。ご使用の環境でこの機能を有効にするには、Podioフォームに記入してください。
統合エンドポイント管理ソリューションを使用したストアの構成

Android向けCitrix Workspaceアプリは、統合エンドポイント管理ソリューションを使用したWorkspaceストアURLのリモート構成をサポートします。

統合エンドポイント管理ソリューションを使用してリモートでWorkspaceストアURLを構成するには、次の手順に従います:

  1. 統合エンドポイント管理ソリューション プロバイダーにサインインします。
  2. アプリのアプリ構成ポリシーを作成します。
  3. 新しいキーと値のペアをXMLプロパティ一覧に追加し、次の値を入力します:

    • キー: url
    • 値の種類: 文字列
    • 値: ストアのURL(例:prodcwa.cloud.com)

    注:

    • 説明のために、この例ではMicrosoft Intuneが統合エンドポイント管理ソリューションとして使用されています。表示されるUIは、統合エンドポイント管理ソリューションプロバイダーによって異なります。

    Intune

制限事項
  • クラウドストアが既に設定されていて、管理者が新しいクラウドストアを構成する場合、既存のクラウドストアと関連するデータまたは設定はすべて削除されます。Citrix Workspace内で、削除を知らせる通知を受け取ります。その場合、再度サインインして、新しいクラウドストアがCitrix Workspaceに追加されるようにする必要があります。
  • 新しい構成を適用するには、Citrix Workspaceアプリを終了してから起動する必要があります。

前面および背面カメラのリダイレクトのサポート

Android向けCitrix Workspaceアプリでは、HDXセッション内でカメラを前面から背面に、またはその逆に切り替えることができるようになりました。32ビット版と64ビット版アプリケーションの両方がサポートされます。

カメラを呼び出すと、フローティングボタンが表示されます。フローティングボタンを1回タップして、前面カメラと背面カメラの間で切り替えます。また、フローティングボタンを画面上で自由に動かしてどこにでも配置できます。

この機能の既知の問題
  • キャスト機能またはドキュメントのスキャン機能が有効になっていると、フローティングボタンが部分的または完全に遮られます。

解決された問題

  • このリリースで解決された問題はありません。

23.3.5

新機能

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。さらに、このリリースでは、[エクスペリエンスを評価する] ポップアップの頻度に関するユーザーエクスペリエンスが強化されています。

Technical Preview

  • ピクチャインピクチャモードの導入
  • 高速スキャン

Technical Preview機能の完全な一覧については、「Technical Previewの機能」ページを参照してください。

23.3.5で解決された問題

このリリースで解決された問題はありません。

23.3.0

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

このリリースで解決された問題はありません。

23.2.0

新機能

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

このリリースで解決された問題はありません。

23.1.0

新機能

Webカメラリダイレクトのサポート

デバイスの前面カメラをセッションにリダイレクトできるようになりました。32ビット版と64ビット版アプリケーションの両方がサポートされます。デフォルトでは、Webカメラの自動リダイレクトは有効になっています。

解決された問題

  • いくつかのアプリとデスクトップセッションを開始できません。次のエラーメッセージが表示されます:「再接続してください。」[HDX-47308]

既知の問題

23.12.0の既知の問題

  • Samsung DeX機能を使用する場合、外部モニターを使用してウィンドウを全画面モードで表示すると、セッションツールバーとウィンドウボタンで問題が発生する可能性があります。この問題は、One UIバージョン6インターフェイスを使用するSamsungデバイスで発生します。

    回避策として、Samsung DeXをウィンドウモードで使用し、ウィンドウのサイズを変更します。[HDX-59277]

22.6.5の既知の問題

  • WebアプリまたはSaaSアプリを開くと、タスクバーのボタンと省略記号が正常に機能しません。この問題は、[アカウントの追加] 画面で [Webインターフェイス] をオンにした後に発生します。[RFANDROID-10266]

21.4.0の既知の問題

このリリースで新しく確認された既知の問題はありません。

注:

Citrix Workspaceアプリの仕事用プロファイルに登録すると、個人用プロファイルのICAファイルからChromeブラウザーを使用してセッションを起動できなくなります。ただし、Citrix Secure Webで除外の一覧にICAファイルのURLを追加する場合にこの問題は発生しません。

20.3.0の既知の問題

  • Samsung DeXデバイスでは、[キャンセル] ボタンをクリックせずに権限ダイアログボックスを閉じると、USBデバイスのリダイレクトをキャンセルできないことがあります。[RFANDROID-5397]

20.2.0の既知の問題

  • [クライアントの自動再接続] ダイアログで [接続] をクリックすると、再接続に失敗します。この問題は、Citrix XenAppおよびXenDesktopバージョン7.6 CU 8に接続されたセッションで発生します。[RFANDROID-5151]

制限事項

  • Citrix Workspaceアプリ内からWebおよびSaaSアプリを起動中、Google IdPを使用しているアプリでエンドユーザーによるサインインが必要な場合は、認証が失敗し、「アクセスが拒否されました」というエラーメッセージが表示されます。

Technical Preview

Technical Previewは、お客様が非実稼働環境または制限のある稼働環境で使用し、フィードバックをご提供いただく機会を作るためのものです。機能プレビューのサポートは行っていませんが、改善に関するフィードバックをお待ちしております。重要度と重大度により、フィードバックに対応する場合としない場合があります。

サードパーティ製品についての通知

Citrix製品には、Citrixが使用を許可され、オープンソースライセンスの下で再配布できるサードパーティのコードが含まれることがあります。顧客に広く情報を伝えるために、Citrixではオープンソース認可済みコード一覧でCitrix製品に含まれるオープンソースコードを公開します。

オープンソースライセンスコードについて詳しくは、「オープンソースライセンスコード」を参照してください。

Citrix Workspaceアプリには、次のドキュメントで定義された条件の下でライセンスが有効になったサードパーティのソフトウェアが含まれている可能性があります。

Android向けCitrix Workspaceアプリのサードパーティ製品についての通知

廃止

廃止済みの項目については、「廃止済み」ページを参照してください。

古いドキュメント

保守終了(EOL)に達した製品リリースについては、古いドキュメントを参照してください。

このリリースについて