セッションエクスペリエンス

DPIマッチング

DPIマッチング機能により、仮想セッションはデバイスのDPIに応じてレンダリングされます。以前は、高DPIの携帯電話やタブレットであっても、セッション表示でデバイスのDPIは考慮されていませんでした。24.1.0リリース以降、新しい表示設定ではDPIマッチングを使用できます。

デバイスで、Android向けCitrix Workspaceアプリの [設定]>[一般]>[表示]>[セッションの解像度] に移動し、[クライアントのDPIに合わせる] オプションを選択します。

DPIに合わせる

つまり、Citrix Workspaceアプリは、Androidデバイスのディスプレイ解像度およびDPIスケール設定をCitrixセッションに自動的に一致させようとします。この機能は、スマートフォンまたはタブレットのDPIに従ってセッションを表示するため、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。セッションアイコン、テキスト、画像の鮮明さが向上し、読みやすくなりなりました。

たとえば、[クライアントのDPIに合わせる] オプションを選択すると、セッションのアイコン、テキスト、画像が明確になります。

クライアントのDPIに合わせる

逆に、[画面に合わせる] オプションを選択すると、セッションのアイコン、テキスト、画像のサイズが小さくなります。

画面に合わせる

注:

外部モニターを接続すると、Androidの制限により、セッションはプライマリデバイスのDPIでレンダリングを続けます。

Enlightened Data Transport(EDT)

以前のリリースでは、Citrix GatewayとVDAの間でEnlightened Data Transport(EDT)接続を確立できない場合はセッションの起動に失敗していました。21.5.0リリース以降、EDT接続に失敗すると、TCPにフォールバックします。

EDTスタックパラメーターのデフォルトでの有効化

21.7.0リリース以降、EDTスタックパラメーターはデフォルトで有効になっています。その結果、[設定]>[高度な設定] からEDTスタックパラメーターオプションが削除されます。

これまで、EDTスタックパラメーターを無効にするオプションをユーザーが使用することができました。このオプションが使用できたことにより、すべてのクライアントがカスタムEDT最大セグメントサイズ(MSS)要件に一貫して準拠しているわけではありませんでした。そのため、断片化が発生してHDXパフォーマンスが低下し、これらのクライアントのセッション確立時に問題が発生していました。EDTスタックパラメーターがデフォルトで有効になり、全体的なユーザーエクスペリエンスと満足度が向上します。

並行接続

21.7.0リリース以降、EDTおよびTCP並行接続機能が導入されています。この機能により、接続時間が短縮されます。

以前は、接続を確立するときに、Citrix WorkspaceアプリはEDTを使用して接続を試みていました。EDT接続の試行が失敗すると、TCPにフォールバックして次の問題が発生しますが、現在は解決されています。

  • フォールバックシナリオで、接続時間が長くなっていました。
  • セッション画面の保持とクライアントの自動再接続は、TCPを優先する傾向がありました。
  • TCPを再試行するには、接続を切断する必要がありました。

MTU Discovery機能のEDTへの追加

最大転送単位の検出(MTU Discovery)機能をEnlightened Data Transport(EDT)に追加しました。その結果、EDTが提供する一貫して安定したHDXエクスペリエンスを活用することができます。

以前は、パケットサイズによるパケット損失により、VPN、Wi-Fi、4Gまたは3G接続などのいくつかのシナリオ、およびMicrosoft Azureで、EDTが失敗することがありました。

セッションを起動しようとすると、パケットの断片化によりセッションが切断されることがありました。この問題を回避するには、StoreFrontファイルのEDT MSS(最大セグメントサイズ)を調整する必要がありました。つまり、追加の構成が必要でした。MTU Discovery機能のEDTへの追加により、このような問題が解決します。

MTU Discovery機能のEDTへの追加は、1912以降のVDAでホストされているセッションで機能します。

ICAファイルの自動起動

リソースをタップして公開アプリとデスクトップを起動できます。この機能を使用するには、StoreFront(オンプレミス)バージョン1912以降が必要です。

注:

  • ICAファイルの自動起動はChromebookデバイス上でのみ、またHTTPS形式のストアURLでのみサポートされます。
  • リソースの起動時に、[この選択を保存] オプションを選択しないでください。

セッション起動の機能強化

公開アプリと公開デスクトップは別々のウィンドウで起動されます。この機能強化により、セッションを切断したりログオフしたりすることなく、ストアが列挙されたウィンドウを使用することができます。

注:

  • この機能はChromebookデバイス上でのみサポートされています。
  • この機能は、タブレット、スマートフォン、およびSamsung DeXではサポートされません。

制限事項:

  • ユーザー設定を変更した後、変更を有効にするには、セッションを再起動する必要があります。
  • タスクバーに表示されるアプリとデスクトップの名前は、セッション名ではなく、「Workspace」になります。

  • 同時に複数のセッションを使用できません。

バッテリー状態インジケーター

デバイスのバッテリー状態が、Citrix Desktopセッションのシステムトレイに表示されるようになりました。

注:

サーバーVDAのバッテリー状態インジケーターは表示されません。

組み込みのCitrix HDX RealTime Media Engine

20.3.0以降、Citrix Workspaceアプリでは、バージョン2.9のCitrix HDX RealTime Media Engine(RTME)が使用されます。

注:

Skype for Businessを使用するためにHDX RTMEをインストールする必要はありませんが、Citrix Workspaceアプリが必要です。ChromebookデバイスにHDX RTMEが既にインストールされている場合は、必ずアンインストールしてください。

Citrix WorkspaceアプリからHDX RTMEを有効にするには:

デフォルトでは、この設定はオフになっています。

Citrix WorkspaceアプリからHDX RTMEを有効にするには、[設定]>[詳細] に移動し、[RealTime Media Engineの有効化] をオンにします。

この機能は以下でサポートされています:

  • x86プロセッサ上で動作するChromebook。
  • Android 6.0以降で動作するデバイス。

注:

Skype for Businessを使用するにはCitrix Workspaceアプリだけが必要です。HDX RTMEをインストールする必要はありません。HDX RTMEがChromebookデバイスに既にインストールされている場合は、アンインストールする必要があります。

詳しくは、HDX RealTime Optimization Pack 2.9のドキュメントを参照してください。

USBデバイスリダイレクト

バージョン20.9.0以降、USBリダイレクト機能が完全に機能し、一般提供の準備が整いました。デフォルトでは、USBリダイレクト機能は無効になっています。

この機能を使用すると、任意のUSBデバイスをクライアントマシンからCitrix Virtual Apps and DesktopsおよびCitrix DaaSにリダイレクトできます。これにより、セッションで多種多様な汎用USBデバイスを物理的に接続されているかのように使用できます。

Citrix Global App Config Serviceを使用してこの機能を管理するための前提条件として、Delivery ControllerでUSBリダイレクト機能を有効に設定します。Delivery ControllerでUSBリダイレクトを構成する方法について詳しくは、Citrix Virtual Apps and Desktopsドキュメントの「汎用USBデバイス」セクションを参照してください。

Citrix Global App Configuration Serviceを使用すると、Citrix管理者は集中管理されたサービスを通じてCitrix WorkspaceサービスのURLとCitrix Workspaceアプリの設定を配信できます。

USBリダイレクト機能は、Citrix Global App Config Serviceに統合され、Citrix Global App Config Serviceを介して構成できます。この機能は、ドメインに参加していないネットワークに対してCitrix Global App Config Serviceで管理できます。

この方法を使用してUSBリダイレクト機能を構成する方法については、開発者向けドキュメントサイトの「Global App Configuration Service」を参照してください。

注:

この機能は、バージョン20.9.0以降で一般提供されます。バージョン20.8.1以前では、オンデマンドでのみ使用できます。

Delivery ControllerでUSBリダイレクトポリシーを [Allowed] に設定する必要があります。Citrix StudioでのUSBリダイレクトについては、Citrix Virtual Apps and Desktopsのドキュメントの「汎用USBリダイレクトの有効化」を参照してください。

プリンターおよびスキャナーの場合:

デバイスにベンダー固有のドライバーをインストールします。インストールが完了すると、ベンダーのソフトウェアからUSBデバイスの再接続を要求されることがあります。USBデバイスを再接続して、リダイレクトしてください。

Chromebookの場合:

デフォルトでは、ChromeオペレーティングシステムがUSBデバイス(USBメモリなど)をブロックします。管理対象ChromebookのGoogle管理コンソールを使用して、デバイスを許可リストに登録します。

ChromebookでUSBデバイスを許可リストに登録する方法については、Knowledge Centerの記事CTX200825を参照してください。

注:

リダイレクトされたUSBデバイスおよびネットワークの遅延によっては、デバイスがWindowsエクスプローラーに表示されるまで時間がかかる場合があります。

携帯電話、タブレット、Samsung DeXでのUSBリダイレクトの構成

  1. USBリダイレクトポリシー対応ストアを追加し、セッションを起動します。
  2. 下のダイアログに表示されているセッションツールバーアイコンをタップします:

    セッションツールバー(携帯電話用)

  3. セッションツールバーのUSBアイコンをタップします。
  4. 接続されているUSBデバイスは、以下のようにUSBデバイスウィンドウに表示されます:

    トグル画面

  5. 特定のUSBデバイスをリダイレクトするには、対象のデバイスのトグルをタップします。

    Workspace権限のダイアログボックスが表示されます。

    権限画面

  6. [OK] をタップして、Citrix Workspaceアプリにデバイスをリダイレクトする権限を付与します。

    注:

    この手順はUSBデバイスをリダイレクトするために必須です。

    USBデバイスがリダイレクトされ、ステータスが次のように表示されます。

    USBの状態

ChromebookでのUSBリダイレクト機能の構成

  1. USBリダイレクトポリシー対応ストアを追加し、セッションを起動します。
  2. [OK] をタップして、Citrix Workspaceアプリにデバイスをリダイレクトする権限を付与します。

    注:

    権限の付与は必須の手順であり、プロンプトは新規インストールでのみ表示されます。

    USBの状態

  3. USBデバイスを接続します。
  4. ツールバーアイコン、セッションツールバーのUSBアイコンの順にタップします。

    Chromeツールバー

    接続されているUSBデバイスは、以下のように表示されます。

    状態

    注:

    USBデバイスが一覧にない場合は、ホワイトリストに登録されていることを確認してください。

    ChromebookでUSBデバイスを許可リストに登録する方法については、Knowledge Centerの記事CTX200825を参照してください。

  5. USBデバイスをリダイレクトするには、リダイレクトするデバイスのトグルをタップします。
  6. [OK] をタップして、Citrix Workspaceアプリにデバイスをリダイレクトする権限を付与します。

    権限

    USBデバイスがリダイレクトされ、ステータスが次のように更新されます。ダイアログを閉じて、リダイレクトされたUSBデバイスの使用を続行します。

注:

  • USBメモリがリダイレクトされると、セッションの一覧に表示されます。
  • プリンターまたはスキャナーがリダイレクトされると、コントロールパネルの [デバイス] セクションに表示されます。

テスト済みのUSBデバイス

Device 製造元 モデル
プリンター HP LaserJet P2014
スキャナー HP Scanjet G3010
スキャナー キヤノン CanoScan LiDE 700F
Space Navigator 3Dconnexion  
プリンター ブラザー QL-580N
スキャナー HP Scanjet 200

既知の問題:

  • 同時にサポートされるUSBデバイスは1つのみです。
  • USBオーディオおよびビデオデバイスは、現在サポートされていません。

USBデバイスの自動リダイレクト

Citrix Workspaceアプリでは、USBデバイス接続時の自動リダイレクトが可能です。USBデバイスを接続するときに、権限を要求するダイアログボックスが表示されます。権限を付与すると、USBデバイスが自動的にリダイレクトされます。

注:

この機能は、オンデマンドでのみ使用可能で、USBデバイスリダイレクト機能が有効になっている場合にのみ使用できます。

オーディオリダイレクトの機能強化

以前は、デスクトップセッションでのオーディオリダイレクトには複数レベルのマイク設定が必要であり、権限を設定する手順が直感的ではありませんでした。今回、マイクの権限設定が簡単になり、ユーザーフレンドリーになりました。セッション中に権限を有効にすることもできます。

デフォルトでは、[Citrix Workspaceアプリ]>[設定]>[オーディオ] のオーディオトグルがオンになっています。これで、セッションは接続済みのスピーカーを検出できます。管理者は、Global App Configuration Serviceを使用してオーディオリダイレクトを有効または無効にできます。

注:

デフォルトでは、マイクへのアクセス許可はCitrix Workspaceアプリの設定とストアの設定ページの両方で無効になっています。

Citrix Workspaceアプリまたはストアのいずれかがマイクを無効にすると、次のいずれかのシナリオが発生する可能性があります:

  • Citrix Workspaceアプリとストア設定の両方でマイクのアクセス許可が無効になっている場合、デスクトップセッションを開始してマイクを使用すると、Workspaceにオーディオの録音を許可するポップアップメッセージが表示されます。[アプリの使用中のみ許可] をタップします。
  • マイクのアクセス許可がCitrix Workspaceアプリで有効に、ストア設定で無効になっている場合、デスクトップセッションを開始してマイクを使用すると、Workspaceにマイクへのアクセスを許可するポップアップメッセージが表示されます。[許可] をタップします。

キーボードレイアウトの同期

Citrix Workspaceアプリでは、[設定]>[一般]>[キーボード]>[キーボードレイアウトの同期] でキーボードレイアウトの同期を有効にすることができます。

[キーボードレイアウトの同期] オプションを使用すると、VDAとクライアントデバイスのキーボードレイアウトが自動的に同期されます。

新規インストール時のデフォルトでは、クライアント側IMEは、日本語、中国語、韓国語で自動的に有効になり、[キーボードレイアウトの同期] オプションは [オフ] に設定されています。の

動的なキーボードレイアウトの同期を有効にするには、[キーボードレイアウトの同期] オプションを [オン] に設定します。

[キーボードレイアウトの同期] オプションを無効にすると、デバイスの現在の入力方法に応じて、VDA側(リモート)のIMEとクライアント側のIMEの両方が有効になります。たとえば、クライアント側のIMEが英語で、VDA側のIMEが日本語の場合、VDA側のIME(リモート)が有効になります。

[キーボードレイアウトの同期] オプションを有効にすると、クライアント側のIMEが優先されます。クライアント側のIMEで入力言語を変更すると、VDA側のIMEもそれに応じて変更されます。たとえば、クライアント側のIMEを日本語に変更すると、VDA側のIMEも自動的に日本語に変更されます。同時に、セッション中はクライアントデバイス上の日本語IMEが使用されます。

前提条件:

  • Linux VDAの場合、[クライアントキーボードレイアウトの同期] ポリシーと [IMEの改善] ポリシーを有効にします。
  • Windows VDAの場合、Unicodeキーボードレイアウトのマッピングポリシー、クライアントキーボードレイアウトの同期ポリシー、およびIMEの改善ポリシーを有効にします。
  • VDAはバージョン7.16以降が必要です。

機能の制限事項:

  • この機能は、外部キーボードではなく、デバイス上のソフトキーボードでのみ使用できます。
  • キーボードレイアウトの同期は、Gboard(Googleキーボード)をサポートしていません。
  • キーボードレイアウトは、クライアントからサーバーに対してのみ同期できます。サーバー側のキーボードレイアウトを変更しても、クライアントのキーボードレイアウトは変更されません。
  • クライアントのキーボードレイアウトを互換性のないレイアウトに変更すると、VDA側でレイアウトが同期される可能性はありますが、機能を使用できない場合があります。

Windows VDAおよびLinux VDAでのキーボードレイアウトのサポート

Androidでのキーボードレイアウト キーボード言語 Windowsでのキーボードレイアウト Linuxでのキーボードレイアウト
ベラルーシ語(ベラルーシ) ベラルーシ語(ベラルーシ) ベラルーシ語(ベラルーシ)キーボード by
ブルガリア語 ブルガリア語 ブルガリア語(タイプライター)キーボード bg
中国語(簡体字) 中国語(簡体字、中国) Citrix IME - 中国語(簡体字、中国) zh
繁体字中国語 中国語(繁体字、台湾) Citrix IME - 中国語(繁体字、台湾) tw
クロアチア語 クロアチア語(クロアチア) クロアチア語キーボード hr
チェコ語 チェコ語 チェコ語キーボード cz
デンマーク語 デンマーク語 デンマーク語キーボード df
オランダ語 オランダ語(オランダ) 米国 - インターナショナルキーボード us
オランダ語(ベルギー) オランダ語 ベルギー語(ピリオド)キーボード be
英語 (オーストラリア) 英語 (オーストラリア) USキーボード us
英語(カナダ) 英語(カナダ) USキーボード us
英語(英国) 英語(英国) 英国キーボード gb
英語(アメリカ) 英語(米国) USキーボード us
エストニア語 エストニア語 エストニア語キーボード ee
フィンランド語 フィンランド語 フィンランド語キーボード fi
フランス語(カナダ) フランス語(カナダ) フランス語キーボード fr
フランス語(スイス) フランス語(フランス) スイスフランス語キーボード ch
フランス語(フランス) フランス語(フランス) フランス語キーボード fr
ドイツ語(オーストリア) ドイツ語(オーストリア) ドイツ語キーボード at
ドイツ語(スイス) ドイツ語(スイス) スイスドイツ語キーボード ch
ドイツ語(ドイツ) ドイツ語(ドイツ) ドイツ語キーボード at
ギリシャ語 ギリシャ語 ギリシャ語キーボード gr
ハンガリー語 ハンガリー語 ハンガリー語キーボード hu
アイスランド語 アイスランド語 アイスランド語キーボード is
アイルランド語 アイルランド語   ie
イタリア語 イタリア語(イタリア) イタリア語キーボード it
日本語 日本語 Citrix IME - 日本語 jp
韓国語 韓国語 Citrix IME - 韓国語 kr
ラトビア語 ラトビア語 ラトビア語キーボード lv
ノルウェー語 ノルウェー語(ブークモール) ノルウェー語キーボード いいえ
ポーランド語 ポーランド語 ポーランド語(プログラマ)キーボード pl
ポルトガル語(ブラジル) ポルトガル語(ブラジル) ポルトガル語(ブラジルABNT)キーボード br
ポルトガル語(ポルトガル) ポルトガル語(ポルトガル) ポルトガル語キーボード pt
ルーマニア語 ルーマニア語(ルーマニア) ルーマニア語(レガシ)キーボード ro
ロシア語(ロシア) ロシア語 ロシア語キーボード ru
スロバキア語 スロバキア語 スロバキア語キーボード sk
スロベニア語 スロベニア語 スロベニア語キーボード si
スペイン語(メキシコ) スペイン語(メキシコ) ラテンアメリカキーボード latam
スペイン語(スペイン) スペイン語(スペイン) スペイン語キーボード es
スウェーデン語(スウェーデン) スウェーデン語(スウェーデン) スウェーデン語キーボード se
トルコ語 トルコ語 トルコ語Fキーボード tr
ウクライナ語 ウクライナ語 ウクライナ語キーボード ua

サービス継続性

サービス継続性により、接続プロセスに関与するコンポーネントの可用性に依存することがなくなるか、最小限に抑えられます。ユーザーは、クラウドサービスのヘルス状態に関係なく、仮想アプリと仮想デスクトップを起動できます。

詳しくは、Citrix Workspaceドキュメントの「サービス継続性」セクションを参照してください。

アプリの切り替え

この機能により、エンドユーザーは同じセッションにある多数の公開アプリ間で切り替えることができます。切り替えアイコンをタップすると、スクロールしてアプリを選択でき、フォーカスされているアプリが強調表示されます。アプリのタイトル、プレビュー画像、ウィンドウのタイトルを表示できます。

アプリを開くまたは閉じると、それに応じてアプリの数が更新されます。一部のアプリが別のセッションで開かれている場合、アプリの数には開いているすべてのアプリが含まれます。

アプリの切り替え

全画面表示のサポート

バージョン23.8.0より、H264コーデックは全画面モードでのビデオレンダリングの強化をサポートします。動画を頻繁に利用する場合や動画コンテンツへの依存度が高い場合は、この機能の利用をお勧めします。ビデオ使用時のパフォーマンス、ビデオ品質、リソース使用率を改善するように設計されています。

構成

DDCマシンで[圧縮にビデオ コーデックを使用する] ポリシーを [画面全体に使用] に設定して、ビデオ圧縮を最大60FPSまで向上させます。

H264コーデック

Ctrl+Alt+Delショートカットをセッションツールバーに追加

23.9.5バージョン以降、セッションツールバーには、ボタンをタップするだけでCtrl+Alt+Del機能を実行できるオプションが追加されました。このオプションにより、ユーザーはサインアウト、ユーザーの切り替え、デバイスのロック、またはタスクマネージャーへのアクセスを容易に実行できます。

ショートカット

アプリセッションでの全画面モードのサポート

以前は、アプリセッションを開始すると、ウィンドウモードで表示できました。

バージョン23.9.5以降、Android向けCitrix Workspaceアプリには、アプリセッションを全画面モードで表示する新しいオプションが導入されています。この機能は、次の場合に役立ちます:

  • タッチデバイスを使用して完全没入モードでセッションを開始する
  • 画面の複製とキャストを試みる
  • Citrix Workspaceアプリを小さい画面で表示する。

このオプションを有効にするには、Android向けCitrix Workspaceアプリの [設定]>[詳細]>[全画面表示] に移動して切り替えます。次のスクリーンショットはオプションを示しています:

設定

アクセシビリティとTalkBack

Citrix Workspaceアプリは、TalkBack機能により強化されたユーザーエクスペリエンスを提供します。TalkBack機能は、画面を見ることが困難なエンドユーザーをサポートします。UIの使用時に、ナレーターが画面要素を読み上げます。

AndroidのTalkBack機能を使用するには、エンドユーザーがAndroidで [設定]>[ユーザー補助]>[TalkBack] から有効にする必要があります。

詳しくは、「アクセシビリティとTalkBack」の ドキュメントを参照してください。

この機能の既知の問題

  • デバイスに外部キーボードを接続する場合:

    • CapsLockキーをナレーターキーとして使用すると、アクションが正常に動作しない可能性があります。回避策として、Insertキーを押します。[HDX-55347]
    • ナレーターを有効にするためにWin+Ctrl+Enterキーの組み合わせを使用しても、そのアクションは仮想デスクトップ セッション内では有効になりません。回避策として、Winowsキーまたは[スタート]メニューを使用して「ナレーター」という単語を入力します。[HDX-55380]