ディスプレイ拡張

Zebraワークステーション接続のサポート

このリリースでは、Zebraタブレットの機能(デスクトップランチャーとデスクトップモードでのエクスペリエンス)との互換性が導入されています。Androidタブレットのユーザーエクスペリエンスは、Zebra Workspace Connectorを使用してクライアントモニターにミラーリングされます。

Citrix Workspaceアプリでは、次のZebraデバイスがサポートされます:

  • EC50、EC55、ET56モバイルコンピューター
  • TC52x、
  • TC57x、
  • TC52ax、
  • TC52x-HC
  • TC52ax-HC

Zebraデバイスの管理について詳しくは、Citrix Endpoint Managementのドキュメントの「Zebra OEMConfigを使用したZebra Androidデバイスの管理」を参照してください。

Samsung DeXでのマルチディスプレイのサポート

Samsung DeX(Desktop eXperience)は、一部のハイエンドSamsungハンドヘルドデバイスで使用できます。DeX機能を使用すると、キーボード、マウス、モニターを接続することで、デバイスをデスクトップのようなエクスペリエンスに拡張できます。

DeX対応デバイスと外部ディスプレイを接続して、外部ディスプレイにデスクトップセッションを拡張できます。外部ディスプレイはDeXプロトコルをサポートしている必要があります。Samsung DeX画面と外部ディスプレイにさまざまなコンテンツを拡張または表示できます。

重要:

  • この機能はSamsung DeXプラットフォームにのみ適用され、ChromeOSやその他のAndroidデバイスには適用されません。
  • この機能はCitrixデスクトップセッション専用であり、アプリセッション用ではありません。
  • 拡張アイコンは、DeX画面でのみ使用できます。DeX画面からデスクトップセッションを開始します。
  • 外部ディスプレイの解像度は、Samsung DeXデバイス、外部ディスプレイ、使用するその他のハードウェアによって異なります。

拡張モードの構成

拡張モードを有効にするには、以下の手順を実行します:

  1. ケーブルを使用して、Samsung DeXプロトコルを搭載したデバイスを外部モニターに接続します。また、SamsungモニターにSamsung DeX対応デバイスを接続することもできます。Samsungモニターは、ワイヤレスモードでDeXプロトコルをサポートする必要があります。

    注:

    この設定は、USB type-c HDMIアダプターとUSB-C Dockアダプターで最適に機能します。

  2. Citrix Workspaceアプリを開き、Samsung DeX画面からデスクトップセッションを開始します。
  3. ツールバーに移動し、拡張アイコンをタップします。 拡張

    ヒント:

    画面拡張機能を削除するには、拡張アイコンをもう一度タップします。 拡張を削除

  4. ドラッグアンドドロップ機能を使用して、アプリケーションウィンドウを外部モニターに移動します。

    制限事項:

    ウィンドウを別のディスプレイにドラッグするときは、画面の端でマウスポインターを離します。マウスを使用してターゲットディスプレイからドラッグアンドドロップでウィンドウを移動します。

注:

  • ニーズに合わせてデバイス画面を回転させることができます。
  • 読みやすくするために、[Scale and layout] セクションのセッション表示設定でフォントサイズを調整します。

ディスプレイ配置の構成

ディスプレイ配置を構成するには、以下を実行します:

前提条件:

セッションを開始する前に、表示の配置を構成します。

  1. Citrix Workspaceアプリを開き、設定アイコン > [Settings] > [General] > [Display] > [Display Arrangement] に移動します。

    ディスプレイ

  2. 適切なオプションを選択します。 デバイスのディスプレイは、右側または左側に表示されます。

重要:

  • Samsung DeX画面がメインディスプレイです。
  • Citrix WorkspaceアプリのUIを表示できる画面は1つだけです。
  • つなげられる外部ディスプレイは1つだけです。
  • セッションを開始すると、Citrix Workspaceアプリが閉じます。
ディスプレイ拡張