認証

RSA SecurID

注:

Citrix Workspaceアプリは、サードパーティ関連の依存関係により、Next Tokenモードのサポートを保留します。サポートに関する情報の公開に合わせてこの説明は更新されます。

Citrix GatewayのRSA SecurID認証を設定すると、Android向けCitrix Workspaceアプリで次のトークンモードがサポートされます。

このモードを有効にすると、ユーザーが不正なパスワードを3回(デフォルト設定)入力したときに、Citrix Gateway Plug-inによりメッセージが表示され、次のトークンが表示されるまで待機すればログオンできるようになります。ユーザーが不正なパスワードで何度もログオンしようとした場合に、そのユーザーのアカウントが無効になるようにRSAサーバーを設定できます。

詳しくは、Citrix Gatewayのドキュメントの「認証と承認」を参照してください。

ヒント:

RSA SecurID認証は、Citrix Secure Web Gatewayを使用する構成ではサポートされません。RSA SecurIDを使用するにはCitrix Gatewayを使用してください。

RSA SecurIDソフトウェアトークンのインストール

RSA SecurID Software Authenticatorファイルの拡張子は、「.sdtid」です。このファイルを、RSA社の変換ツール(RSA SecurID Software Token Converter)を使用してXML形式の81桁の数値に変換します。最新のソフトウェアおよび情報については、RSA社のWebサイトを参照してください。

以下の手順でトークンファイルを変換します:

  1. モバイルデバイスではなくコンピューターを使用して、ここから変換ツールをダウンロードします。Webサイトおよび変換ツールに付属のReadmeの説明に従って、トークンファイルを数値に変換します。
  2. 変換された数値をメールにコピーして、ユーザーのモバイルデバイスに送信します。
  3. デバイスの日時設定が正確であることを確認してください。この設定が正確でないと、認証が行われません。
  4. デバイスでメールを開き、ソフトウェアトークンをインポートするためのリンクをクリックします。

モバイルデバイスにソフトウェアトークンをインストールすると、[設定]にトークンを管理するためのオプションが追加されます。

注:

SDTID(.sdtid)ファイルをAndroid向けCitrix Workspaceアプリに関連付けられないモバイルデバイスでは、ファイル名の拡張子を.xmlに変更してインポートしてください。