SDKおよびAPI

HDX SDK

HTML5向けCitrix Workspaceアプリでは、Webサイトを介してシトリックスがホストするアプリおよびデスクトップの配信方式をカスタマイズでき、これによりHDXおよびSDKセッションのサポートが強化されています。この機能は、エンタープライズポータルに豊富なアプリエクスペリエンスを構築する場合に特に有用です。つまり、Webサイトからシトリックスがホストするアプリやデスクトップを起動する一方でWebサーバー上ではHTML5向けCitrix Workspaceアプリをホストして、ユーザーにサービスとして豊富なアプリエクスペリエンスを提供できます。

HTML5向けCitrix WorkspaceアプリのHDX SDKドキュメントについては、HDX SDK for HTML5を参照してください。

HDX SDKの例については、Citrixダウンロードページを参照してください。

HDX SDK for HTML5を使用したHTML5向けCitrix Workspaceアプリ自動更新のサポート

Citrix HDX SDK for HTML5によりsetPath APIが拡張され、CDNから配信されるHTML5向けCitrix Workspaceアプリの最新ビルドを使用します。この機能強化により、HTML5向けCitrix Workspaceアプリが最新バージョンでシームレスに実行されます。HDX SDK for HTML5の既存ユーザーの場合、CDNから配信される最新バージョンを使用するように、顧客コードのcitrix.receiver.setPathを変更します。新規ユーザーの場合、デフォルトで、setPath APIによりこのオプションが提供されます。

CDNがデフォルトとして提供され、CDNに問題がある場合は、ホストされた場所がフォールバックパスとして提供されます。詳しくは、「HDX SDK for HTML5」を参照してください。

SDKおよびAPI