DTLSによるユーザーセッションの保護

これまで実験的に導入されていたDTLS暗号化機能は、7.18リリースから完全にサポートされます。この機能はLinux VDAではデフォルトで有効になっています。詳しくは、「Transport Layer Security」を参照してください。

DTLS暗号化の有効化

アダプティブトランスポートが有効になっていることを確認する

Citrix Studioで、[HDXアダプティブトランスポート] ポリシーが [優先] または [診断モード] に設定されていることを確認します。

Linux VDAでSSL暗号化を有効にする

Linux VDAで、enable_vdassl.sh ツールを使用して、SSL暗号化を有効または無効にします。このツールは /opt/Citrix/VDA/sbin にあります。このツールで使用できるオプションについては、/opt/Citrix/VDA/sbin/enable_vdassl.sh –h コマンドを実行してください。

注:

現在、Linux VDAはDTLS 1.0とDTLS 1.2の両方をサポートしています。DTLS 1.2には、Citrix Receiver for Windows 4.12以降が必要です。使用しているCitrix ReceiverがDTLS 1.0(Citrix Receiver for Windows 4.11など)のみをサポートしている場合は、enable_vdassl.sh ツールを使用して、SSLMinVersionTLS_1.0SSLCipherSuiteCOMまたはALLに設定します。

DTLSによるユーザーセッションの保護

In this article