HTML5向けCitrix Workspaceアプリのサポート

HTML5向けCitrix Workspaceアプリのこのリリース以降、クライアントをCitrix Gatewayに接続することなくLinux仮想アプリおよびデスクトップに直接接続できます。HTML5向けCitrix Workspaceアプリについて詳しくは、シトリックスのドキュメントを参照してください。

この機能を有効にする

この機能はデフォルトでは無効になっています。有効にするには、次の手順を実行します:

  1. Citrix StoreFrontでHTML5向けCitrix Workspaceアプリを有効にします。

    詳細な手順については、Knowledge CenterのCTX208163の手順1を参照してください。

  2. WebSocket接続を有効にします。

    1. Citrix Studioで、WebSockets接続ポリシーを [許可] に設定します。

      他のWebSocketポリシーを設定することもできます。WebSocketポリシーの完全な一覧については、「WebSocketのポリシー設定」を参照してください。

    2. VDAでctxvdaサービス、ctxhdxサービスの順に再起動して設定を有効にします。

    3. VDAで次のコマンドを実行して、WebSocketリスナーが動作しているかどうかを確認します。

      netstat -an | grep 8008

      WebSocketリスナーが動作している場合、コマンド出力は次のようになります:

      tcp 0 0 :::8008 :::* LISTEN

    注: セキュアなWebSocket接続のためにTLS暗号化を有効にすることもできます。TLS暗号化を有効にする方法について詳しくは、「SSLによるユーザーセッションの保護」を参照してください。

HTML5向けCitrix Workspaceアプリのサポート