既存のアプリケーションプロファイルの自動移行

Profile Managementは、既存のアプリケーションプロファイルを自動的に移行できるソリューションを提供します。アプリケーションプロファイルには、AppDataフォルダー内のアプリケーションデータとHKEY_CURRENT_USER\SOFTWAREのレジストリエントリの両方が含まれます。

この機能は、アプリケーションプロファイルを異なるオペレーティングシステム(OS)間で移行する場合に役立ちます。たとえば、OSをWindows 10バージョン1803からWindows 10バージョン1809にアップグレードするとします。この機能を有効にすると、Profile Managementは、各ユーザーの初回ログオン時に、既存のアプリケーション設定をWindows 10バージョン1809に自動的に移行します。その結果、AppDataフォルダー内のアプリケーションデータとHKEY_CURRENT_USER\Softwareのレジストリエントリが移行されます。ユーザーは、アプリケーションを再度構成する必要がなくなりました。

この機能はデフォルトでは無効になっています。グループポリシーで有効にするには、次の手順を実行します:

  1. グループポリシー管理エディターを開きます。
  2. [ポリシー]>[管理用テンプレート:ポリシー定義(ADM)]>[従来の管理用テンプレート(ADM)]>[Citrix]>[Profile Management]>[プロファイル制御]で、[既存のアプリケーションプロファイルの自動移行] ポリシーをダブルクリックします。
  3. [有効] を選択して [OK] をクリックします。

変更を適用させるには、コマンドプロンプトからgpupdate /forceコマンドを実行します。すべてのセッションをログオフしてから、再度ログオンします。詳しくは、『http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb490983.aspx』を参照してください。

Citrix StudioでProfile Managementポリシーの構成も選択できます。このためには、次の手順を実行します:

  1. Citrix Studioの左側のペインで [ポリシー] をクリックします。
  2. [ポリシーの作成] ウィンドウで検索ボックスにポリシーを入力します。たとえば、「既存のアプリケーションプロファイルの自動移行」と入力します。
  3. [選択] をクリックして [既存のアプリケーションプロファイルの自動移行] ポリシーを開きます。
  4. [有効] を選択して [OK] をクリックします。

機能

Profile Managementは、ユーザーのログオン時にユーザーストアにユーザープロファイルがない場合、移行を実行します。移行の開始前に、移行するアプリケーションプロファイルを見つけます。これは自動検出によって行われます。以下を自動的に検出します:

  • %userprofile%\Local\Appdata\および%userprofile%\Roaming\Appdataにあるアプリケーション設定
  • 現在のOSプラットフォーム情報を含み、除外の一覧に表示される以下のようなMicrosoftフォルダー:

    • %userprofile%\AppData\Local\Temp
    • %userprofile%\AppData\Local\Packages
    • %userprofile%\AppData\Local\TileDataLayer
    • %userprofile%\AppData\Local\Microsoft\Temp
    • %userprofile%\AppData\Local\Microsoft\Credentials
    • %userprofile%\AppData\Local\Microsoft\Windows
    • %userprofile%\AppData\Local\Microsoft\Windows\InputPersonalization
    • %userprofile%\AppData\Local\Microsoft\Windows\Side bars
    • %userprofile%\AppData\Local\Microsoft\WindowsApps
    • %userprofile%\Appdata\Roaming\Microsoft\Credentials
    • %userprofile%\Appdata\Roaming\Microsoft\SystemCertificates
    • %userprofile%\Appdata\Roaming\Microsoft\Crypto
    • %userprofile%\Appdata\Roaming\Microsoft\Vault
    • %userprofile%\Appdata\Roaming\Microsoft\Windows
  • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWAREおよびHKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Wow6432Node(HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\MicrosoftとHKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Classesを除く)のレジストリキー

既存のアプリケーションプロファイルが複数ある場合、Profile Managementは、次の優先度に従って移行を実行します:

  1. 同じ種類のOSのプロファイルから移行します(デスクトップOS間またはサーバーOS間)。
  2. 同じWindows OSファミリのOSのプロファイルから移行します(Windows 10からWindows 10、Windows Server 2016からWindows Server 2016など)。
  3. 以前のOSのプロファイルから移行します(Windows 7からWindows 10、Windows Server 2012からWindows 2016など)。
  4. 最も近いOSのプロファイルから移行します。

注:

ユーザー ストアパスに変数「!CTX_OSNAME!」を含めてオペレーティングシステムの短い名前を指定する必要があります。これによって、Profile Managementが既存のアプリケーションプロファイルを見つけることができます。

ユーザーストアのパスを\\fileserver\userstore\%username%\!CTX_OSNAME!!CTX_OSBITNESS!のように構成し、OSはWindows 10バージョン1803 64ビット版 (Win10RS4x64)を使用しているとします。Profile Managementは、最初に以前のプロファイルフォルダーを見つけてから、次の順序でユーザーストアのアプリケーションプロファイルフォルダーに移行します:

  1. \fileserver\userstore\user1\Win10RS3x64
  2. \fileserver\userstore\user1\Win10RS2x64
  3. \fileserver\userstore\user1\Win10RS1x64
  4. \fileserver\userstore\user1\Win10x64
  5. \fileserver\userstore\user1\Win10RS5x64
  6. \fileserver\userstore\user1\Win10RS6x64
  7. \fileserver\userstore\user1\Win8x64
  8. \fileserver\userstore\user1\Win7x64
  9. \fileserver\userstore\user1\Win2016
  10. \fileserver\userstore\user1\Win2012R2
  11. \fileserver\userstore\user1\Win2012
  12. \fileserver\userstore\user1\Win2008
  13. \fileserver\userstore\user1\Win2019

どれも使用できない場合、Profile Managementは移行プロセスを終了し、エラーを返します。

既存のアプリケーションプロファイルの自動移行