Profile Management

Citrix Profile Managementプロファイルコンテナ

重要:

この機能はWindows 7では利用できません。

ユーザープロファイル内のフォルダーが大きいと、ユーザーのログオンが遅くなる可能性があります。ログオンの操作性を向上させるために、Profile Managementには、VHDXベースのプロファイルソリューションであるプロファイルコンテナが用意されています。このソリューションでは、任意のプロファイルフォルダーをVHDXプロファイルディスクに保存できます。ユーザーがログオンすると、VHDXプロファイルディスクがマウントされ、プロファイルフォルダーがすぐに使用可能になります。

Profile Management 2009以降、プロファイルコンテナソリューションでは、ユーザープロファイル全体をVHDXプロファイルディスクに保存できます。

プロファイルコンテナを展開するための一般的なワークフローは次のとおりです:

  1. (オプション)VHDXファイルの格納先のパスを指定する

  2. 次のいずれかの方法を使用して、プロファイルコンテナを有効にします:

  3. (オプション)フォルダーとファイルを含めるか除外する

  4. (オプション)プロファイルコンテナのローカルキャッシュを有効にする

  5. (オプション)プロファイルコンテナへのマルチセッションライトバックを有効にする

注:

  • VHDXディスクの最大サイズはデフォルトでは50GBです。デフォルトの最大サイズを変更するには、VHDXファイルを作成する前に次のレジストリ値を構成します:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Citrix\UserProfileManager\VhdCapacity(DWORD、サイズ(GB))。
  • 手動でVHDXファイルを削除しても、VHDXファイルは自動的には縮小されません。VHDXファイルのサイズを縮小させるには、[ディスクの管理]に移動し、対象のボリュームを右クリックして、[ボリュームの縮小] を選択します。

概要

重要な概念と情報について学習します。

ユーザーストアとプロファイルコンテナについて

ユーザーストアとは、ユーザープロファイルを一元的に保存しておくネットワーク上の場所です。ユーザーがログオンすると、それらのユーザーのプロファイルがユーザーストアからユーザー環境にコピーされます。ユーザープロファイル内のプロファイルフォルダーが大きいと、ユーザーのログオンにかかる時間が長くなります。

Citrix Profile Managementプロファイルコンテナは、ユーザープロファイルの保存に使用される、VHDXベースのネットワークディスクです。これを使用して、ユーザープロファイルの全体または一部を保存できます。ログオンすると、プロファイルコンテナがユーザー環境にマウントされ、プロファイルフォルダーをすぐに利用できるようになります。

ほかのポリシーへの影響

ユーザープロファイル全体に対してプロファイルコンテナを有効にした場合の、ほかのポリシーへの影響は次のようになります:

  • ユーザーストアベースのプロファイルソリューションは自動的に無効になります。ユーザーストア用に設計されたポリシーは無効になります。これには次のものが含まれます:

    • ストリーム配信ユーザープロファイル
    • ファイルシステム
    • アクティブライトバック
    • ログオフ時にローカルでキャッシュしたプロファイルの削除
  • Outlookの検索インデックスローミングの機能との後方互換性を維持するために、Profile Managementでは、次のファイルがそれぞれ格納される、2つのVHDXディスクが保持されています:

    • Outlook検索インデックスデータベース
    • Outlookのオフラインデータファイル(.ost

同時アクセスのしくみ

Profile Managementでは、プロファイルコンテナへの同時アクセスをサポートしています。読み取り/書き込みセッションは、すべての同時セッションで1つだけ存在し、プロファイルに対する変更をプロファイルコンテナにマージできます。

Profile Managementで同時アクセスがどのように処理されるかを次に示します:

  • セッションログオン時:

    読み取り/書き込みセッションが存在することを確認します。存在する場合、現在のセッションは読み取り専用になります。存在しない場合は、読み取り/書き込みセッションになります。

  • セッションログオフ時:

    1. プロファイルコンテナのマウントを解除します。
    2. 現在のセッションが読み取り専用の場合は、プロファイルに対する変更を破棄します。
    3. ほかに同時セッションがない場合、読み取り/書き込みセッションのプロファイル変更をプロファイルコンテナにマージします。

マルチセッションライトバックを有効にするには、[プロファイルコンテナへのマルチセッションライトバックを有効にする] ポリシー使用します。

(オプション)VHDXファイルの格納先のパスを指定する

デフォルトでは、VHDXプロファイルディスク(VHDXファイル)はユーザーストアに保存されます。

たとえば、ユーザーストアのパスを次のように構成します: \\myprofileserver\profiles$\%username%.%domain%\!ctx_osname!.!ctx_osbitness!

その後、VHDXプロファイルディスクは次の場所に保存されます: \\myprofileserver\profiles$\%username%.%domain%\!ctx_osname!.!ctx_osbitness!\ProfileContainer\!ctx_osname!

Profile Management 2112以降では、Profile ManagementですべてのVHDXファイルを保存するための、別個のネットワークの場所を指定できます。詳しくは、「VHDXファイルの格納先のパスを指定する」を参照してください。

ユーザープロファイルの一部に対してプロファイルコンテナを有効にする

ユーザーストアでのログオン時間を短縮するには、プロファイルコンテナ機能を有効にし、それらの大きなプロファイルフォルダーをプロファイルコンテナに追加します。

注:

プロファイルコンテナに追加するフォルダーは、ユーザーストアにも存在します。プロファイルコンテナ機能を有効にすると、Profile Managementは、プロファイルコンテナとユーザーストア間でフォルダーの同期を維持します。 プロファイルコンテナ機能を有効にしてから無効にするとします。一貫したユーザープロファイルを確保するために、Profile Managementはユーザーストアプロファイルをプロファイルコンテナと同期します。この同期は、ユーザーのログオン中に発生します。除外の一覧のフォルダーはユーザーストアにコピーされません。

  1. グループポリシー管理エディターを開きます。
  2. [コンピューターの構成]>[ポリシー]>[管理用テンプレート:ポリシー定義(ADMXファイル)]>[Citrixコンポーネント]>[Profile Management]>[プロファイルコンテナ設定] で、[プロファイルコンテナ] ポリシーをダブルクリックします。
  3. [有効] をクリックします。
  4. [表示] をクリックし、相対パスの形式でフォルダーをユーザープロファイルに追加します。一覧には、大容量のキャッシュファイルが含まれるフォルダーを追加することをお勧めします。たとえば、Citrix Filesのコンテンツキャッシュフォルダーを一覧に追加します:AppData\Local\Citrix\Citrix Files\PartCache

ユーザープロファイル全体に対してプロファイルコンテナを有効にする

Profile Management 2009以降、ユーザープロファイル全体をプロファイルコンテナに配置して、VHDXベースのプロファイルソリューション全体を有効にすることができます。詳細な手順は次のとおりです:

  1. グループポリシー管理エディターを開きます。
  2. [コンピューターの構成]>[ポリシー]>[管理用テンプレート:ポリシー定義(ADMXファイル)]>[Citrixコンポーネント]>[Profile Management]>[プロファイルコンテナ設定] で、[プロファイルコンテナ] ポリシーをダブルクリックします。
  3. [有効] をクリックします。
  4. [表示] をクリックしてから、プロファイルコンテナ一覧にアスタリスク(*)を追加します。
  5. [OK] をクリックします。

(オプション)フォルダーとファイルの包含と除外

プロファイルコンテナが大きくなるのを防ぐために、プロファイルコンテナからフォルダーとファイルを除外できます。必要に応じて、フォルダーとファイルを、それらの親フォルダーが除外されている場合でも含めることができます。

プロファイルコンテナからフォルダーを除外する

重要:

ユーザープロファイル全体に対してプロファイルコンテナを有効にしても、フォルダーのリダイレクト設定は引き続き有効です。[プロファイルコンテナから除外するフォルダー] の一覧に、リダイレクトするフォルダーを配置しないでください。表示されていない場合、フォルダーのリダイレクトは機能しません。

  1. [プロファイルコンテナから除外するフォルダー] ポリシーをダブルクリックします。
  2. [有効] をクリックします。
  3. [表示] をクリックしてから、ユーザープロファイルに、除外するフォルダーを相対パスの形式で入力します。

    Profile Management 2112では、フォルダー名でのワイルドカードの使用はサポートされていますが、再帰的に適用されることはありません。次に例を示します:

    • Desktop」の指定は、Desktopフォルダーを示します。
    • Downloads\*」の指定は、Downloadsフォルダーの直下のすべてのサブフォルダーを示します。

この設定が無効になっている場合、フォルダーは除外されません。この設定をここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。この設定をここでもINIファイル内でも構成しない場合、フォルダーは除外されません。

プロファイルコンテナにフォルダーを含める

除外されたフォルダーのサブフォルダーをプロファイルコンテナに含めるには、次の手順に従います:

  1. [プロファイルコンテナに含めるフォルダー] ポリシーをダブルクリックします。
  2. [有効] をクリックします。
  3. [表示] をクリックしてから、ユーザープロファイルに、含めるフォルダーを相対パスの形式で入力します。

次のことに注意してください:

  • この一覧のフォルダーは、除外されたフォルダーのサブフォルダーである必要があります。それ以外の場合、この設定は機能しません。
  • Profile Management 2112では、フォルダー名でのワイルドカードの使用はサポートされていますが、再帰的に適用されることはありません。

このポリシーを有効にして空のリストを構成すると、この設定を無効にするのと同じ効果があります。この設定をここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。この設定をここでもINIファイル内でも構成しない場合、除外一覧にないフォルダーがプロファイルコンテナに含まれます。

プロファイルコンテナにファイルを含める

Profile Management 2112以降では、プロファイルコンテナにファイルを含めることができます。

プロファイルコンテナからフォルダーを除外した後、そのフォルダー内のファイルをプロファイルコンテナに含めることができます。詳細な手順は次のとおりです:

  1. [プロファイルコンテナに含めるファイル] ポリシーをダブルクリックします。
  2. [有効] をクリックします。
  3. [表示] をクリックしてから、ユーザープロファイルに、含めるファイルを相対パスの形式で入力します。

次のことに注意してください:

  • この一覧にあるファイルは、除外されたフォルダーの中にある必要があります。それ以外の場合、この設定は機能しません。
  • ファイル名のワイルドカードは再帰的に適用されます。ポリシーを現在のフォルダーのみに限定するには、垂直バー(|)を使用します。
  • Profile Management 2112では、フォルダー名でのワイルドカードの使用はサポートされていますが、再帰的に適用されることはありません。

例: - Desktop\Desktop.iniの指定は、Desktop\Desktop.iniファイルを示します。 - AppData\*.tmpの指定は、AppDataフォルダー内とそのサブフォルダー内の、拡張子が.tmpのすべてのファイルを示します。 - AppData\*.tmp|の指定は、AppDataフォルダー内の、拡張子が.tmpのすべてのファイルを示します。 - Downloads\*\a.txtの指定は、Downloadsフォルダーの直下のすべてのサブフォルダー内のa.txtを示します。

このポリシーを有効にして空のリストを構成すると、この設定を無効にするのと同じ効果があります。この設定をここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。この設定をここでもINIファイル内でも構成しない場合、除外一覧にないファイルがプロファイルコンテナに含まれます。

プロファイルコンテナからファイルを除外する

Profile Management 2112以降では、プロファイルコンテナからファイルを除外できます。詳細な手順は次のとおりです。

  1. [プロファイルコンテナから除外するファイル] ポリシーをダブルクリックします。
  2. [有効] をクリックします。
  3. [表示] をクリックしてから、ユーザープロファイルに、除外するファイルを相対パスの形式で入力します。

次のことに注意してください:

  • ファイル名のワイルドカードは再帰的に適用されます。ポリシーを現在のフォルダーのみに限定するには、垂直バー(|)を使用します。
  • Profile Management 2112では、フォルダー名でのワイルドカードの使用はサポートされていますが、再帰的に適用されることはありません。

この設定が無効になっている場合、ファイルは除外されません。この設定をここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。この設定をここでもINIファイル内でも構成しない場合、ファイルは除外されません。

(オプション)プロファイルコンテナのローカルキャッシュを有効にする

[プロファイルコンテナのローカルキャッシュを有効にする] 機能は、プロファイルコンテナがユーザープロファイル全体に対して有効になっている場合のみ有効になります。[プロファイルコンテナのローカルキャッシュを有効にする] ポリシーを有効にすると、ユーザーのログオン時に、プロファイルコンテナ内のユーザープロファイルがユーザーのローカルユーザープロファイルにキャッシュされます。

デフォルトでは、ユーザーのログオン時にユーザープロファイル全体がキャッシュされます。ユーザーのログオン時間を短縮するには、[プロファイルストリーミング] ポリシーを有効にします。そのようにすると、ログオン後にオンデマンドでユーザープロファイル内のプロファイルフォルダーがキャッシュされるようになります。