フォルダーのリダイレクトの構成

Microsoft Windowsにより提供されるフォルダーのリダイレクト機能をProfile Managementで使用することができます。

重要:フォルダーのリダイレクトは、Microsoft Active Directory(AD)GPOまたはCitrixポリシーのいずれかの方法だけを使って構成します。フォルダーのリダイレクトの構成に複数の方式を使用すると、予期できない結果となることがあります。最も包括的な構成オプションが提供されるため、Microsoft AD GPOの使用をお勧めします。

  1. Profile Managementで管理するOUにユーザーを移動します。
  2. GPOを作成して、編集用に開きます。
  3. [ユーザーの構成]、[ポリシー]、[管理用テンプレート]、[Citrix]、[Profile Management]、[フォルダーリダイレクト]の順に開き、リダイレクトするフォルダーを選択します。
  4. [フォルダーをリダイレクト]ポリシーを有効にして、共有フォルダーのパスを入力します。リダイレクトするフォルダーを例外項目として追加しないでください。また、このパスにユーザー名やフォルダー名を含めないでください。たとえば、Desktopフォルダーのパスを「\\\server\share\」と設定すると、\\\server\share\\\Desktopにリダイレクトされます。ユーザー名>フォルダー名>
  5. 変更を適用させるには、https://technet.microsoft.com/en-us/library/bb490983.aspxを参照して、コマンドプロンプトからgpupdate /forceコマンドを実行します。

すべてのフォルダーはリダイレクト可能です。たとえば、以下のフォルダーをリダイレクトできます:

  • ドキュメントフォルダー。ユーザーのホームディレクトリにリダイレクトできます。
  • ミュージック、ピクチャ、およびビデオフォルダー。ドキュメントフォルダーから相対的な場所にリダイレクトできます。

フォルダーのリダイレクトの構成

In this article