Profile Management

クロスプラットフォーム設定 - ケーススタディ

クロスプラットフォーム設定機能は、主としてWindows 7およびWindows Server 2008からWindows 8およびWindows Server 2012への移行のために使用されます。また、この移行は、Microsoft Office2003またはOffice2007からOffice2010への移行である場合もあります。一般的なWindows 2003システムの使用環境においては、有意義な共存状態が期待されています。クロスプラットフォーム設定機能には、移行後の環境と元の環境の両方を共存させることが求められます。

このケーススタディは、Office 2007を実行する既存のWindows 7およびWindows 2008環境で開始され、共有およびプロビジョニングされたWindows 8仮想デスクトップを追加します。

ケーススタディは、次のものから構成されます:

クロスプラットフォーム設定 - ケーススタディ