そのほかの考慮事項

このケーススタディで構成したように、Profile Managementはクロスプラットフォーム設定ストアを初期化するためにNewDomainからの設定を使用しません。ストアの初期化にはOldDomainからの設定のみを使用できます。このことは、NewDomainに(Windows 7 32ビットとWindows 7 64ビットなど)複数の種類のプロファイルがない限りは有効です。あるいは、NewDomainのユーザーはOldDomainのリソースにアクセスする必要があることがあります。こういった場合、[クロスプラットフォーム設定を作成するためのソース]ポリシーを複数種のマシン上で間違いのないように有効にする必要があります。

注意: [クロスプラットフォーム設定を作成するためのソース]の設定を間違うと、多くの蓄積された貴重な設定を有する既存のプロファイルが新しいプロファイルによって消されてしまう可能性があります。そのため、一度に1種類のプラットフォームでのみこのポリシーを設定することをお勧めします。このプラットフォームは概してより古い(より成熟した)プラットフォームで、ユーザーがこのまま維持しておきたいと思う設定が蓄積されてきています。

このケーススタディでは、いくつかのポイントを例証するために別個のドメインが使用されます。さらにクロスプラットフォーム設定機能は、2つのOU間、または単一のOUの異なる種類のマシン間でさえ、設定の移動を管理できます。この場合、[クロスプラットフォーム設定を作成するためのソース]ポリシーを別種のマシンに対しては異なる設定にする必要がある可能性があります。この設定はさまざまな方法で実行できます:

  • INIファイルのCPMigrationsFromBaseProfileToCPStore設定を使用し、マシンの種類ごとにポリシーを別々に設定します。[クロスプラットフォーム設定を作成するためのソース]ポリシーは使用しないでください。
  • Windows Management Instrumentation(WMI)フィルタリングを使って、同じOU場の異なるGPOを管理します。OU内のすべてのマシンに適用されるGPOの共通設定を構成できます。ただし、追加のGPOには[クロスプラットフォーム設定を作成するためのソース]ポリシーのみを追加し、WMIクエリを使用してフィルタを適用します。

そのほかの考慮事項

In this article