クロスプラットフォーム設定によりサポートされるオペレーティングシステムおよびアプリケーション

このトピックでは、このリリースのProfile Managementのクロスプラットフォーム設定機能によってサポートされるアプリケーションおよびオペレーティングシステム(OS)について説明します。

定義ファイルについて

定義ファイルには、選択したWindowsアプリケーションに対して共通の個人設定が含まれています。各ファイルとその中の定義により、ユーザーは複数OS上の同じアプリケーションに接続し、各プラットフォームで本質的に同じプロファイルを使用できます。たとえば、ユーザーはMicrosoft Officeの2つのインスタンスにアクセスできます。1つはWindows 7仮想デスクトップにインストールされ、もう1つはCitrix Virtual AppsでWindows Server 2003に公開されています。どちらのインスタンスにアクセスしても、ユーザーのOfficeエクスペリエンスは一貫しています。

事前構成済み定義ファイルはクロスプラットフォーム設定機能のキーとなる要素です。各サポートするアプリケーションに対して1つの定義ファイルがあります。定義ファイルはXML形式です。

重要:すべてのOS間でのアプリケーションの動作を綿密に分析し、またこの機能による操作について完全に理解することなく定義ファイルを編集すると、ユーザーのプロファイルに対してトラブルシューティングすることが難しい予期しない変更が引き起こされる可能性があります。このため、Citrixは提供された定義ファイルの変更および新しい定義ファイルの作成をサポートしません。加えて、Windowsユーザープロファイルの性質により一部のアプリケーション設定はOS間で複製することができません。

さらに加えて、この機能はレジストリおよびアプリケーション設定には適していますが、ファイルやフォルダー、または一般的にフォルダーのリダイレクト(ブラウザーのお気に入りやデスクトップおよび[スタート]メニュー設定)に使用されるオブジェクトには適していません。

サポートされるオペレーティングシステム

任意のサポートされるクライアントOS間、および任意のサポートされるサーバーOS間でプロファイルをローミングできます。

次のものがサポートされます(該当するx86およびx64バージョン):

  • クライアントOS。Windows XP、Windows Vista、およびWindows 7
  • サーバーOS。Windows Server 2003、Windows Server 2008、およびWindows Server 2008 R2

サポートされるシトリックス製品

次のシトリックス製品が、クロスプラットフォーム設定機能でサポートされます:

  • XenApp 5 Feature Pack for Windows Server 2003以降
  • XenDesktop 4以降

サポートされるアプリケーション

次の定義ファイルをこのリリースで使用できます。XMLファイル名はサポートされるアプリケーションおよびバージョンを表しています。

  • Internet Explorer 7 Plus.xml。このファイルは、プラットフォーム間におけるバージョン7、8、および9のInternet Explorer(お気に入りを除く)のローミングをサポートします。お気に入りとフィードのローミングはサポートされません。
  • Office 2007.xml
  • Office 2010.xml
  • Wallpaper.xml。このファイルは、プラットフォーム間におけるデスクトップ壁紙のローミングをサポートします。プラットフォーム間におけるテーマのローミングはサポートされません。

重要:上述のサポートされるシナリオにおいてのみ、各アプリケーションに対して定義ファイルを使用します。たとえば、Internet Explorer 7 Plus.xmlは、ブラウザーの複数のバージョン間で設定を移動します。ただし、Office 2007.xmlまたはOffice 2010.xmlを使用して、Officeのバージョン間で設定を移動することはできません。

クロスプラットフォーム設定によりサポートされるオペレーティングシステムおよびアプリケーション