ネイティブOutlookの検索エクスペリエンスを有効にする

この機能を使用すると、ユーザー固有のMicrosoft Outlookのオフラインフォルダーファイル(* .ost)と検索データベースがユーザープロファイルと共に移動されます。

まず、Microsoft Windows Searchサービスを有効にし、スタートアップの種類を「自動」に設定します。次に、以下の手順を実行してOutlookの検索インデックスの移動を有効にします。

  1. グループポリシー管理エディターを開きます。
  2. [ポリシー]>[管理用テンプレート:ポリシー定義(ADM)]>[従来の管理用テンプレート(ADM)]>[Citrix]>[Profile Management]>[上級設定] で、[Outlookで検索インデックスの移動を有効にする] ポリシーをダブルクリックします。
  3. [有効] を選択します。[OK] をクリックします。

グループポリシーオブジェクトで検索インデックスの移動を構成しない場合、INIファイルの値が適用されます。この設定がいずれの場所でも構成されていない場合は、デフォルトで有効になります。

変更を適用させるには、コマンドプロンプトからgpupdate/forceコマンドを実行します。すべてのセッションをログオフしてから、再度ログオンする必要があります。詳しくは、http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb490983.aspxを参照してください。

VHDXファイル

[Outlookで検索インデックスの移動を有効にする]機能は、VHDXファイルに依存します。VHDXファイルは、この機能を使用するユーザーごとに作成され、ユーザー固有のプロファイルを、個別の専用の仮想ディスクに保存します。Profile Managementは、ログオン時にVHDXファイルをマウントし、ログオフ時にマウント解除します。次の2つのVHDXファイルがあります:

  • OutlookOST.vhdxファイル。Microsoft Outlookオフラインフォルダーファイル(.ost)が含まれます。
  • OutlookSearchIndex.vhdxファイル。OutlookOST.vhdxファイルに保存されたオフラインフォルダーファイル用の検索インデックスデータベースが含まれます。

VHDXファイルの迅速な作成

[Outlookで検索インデックスの移動を有効にする]機能の拡張によって、Profile Managementはより迅速にユーザー固有のVHDXファイルを作成できます。ユーザーが最初にログオンしたときに、自動的にテンプレートVHDXファイル(UpmParentVhd.vhdx)のコピーとしてユーザー固有のVHDXファイルが生成されます。

たとえば、[Outlookで検索インデックスの移動を有効にする]機能が有効な場合、ログオン時に次のVHDXフォルダーが利用できるようになります:

  • ユーザーストア内のUpmVhdフォルダー。このフォルダーは、ユーザーストアのルートフォルダーにあります。ユーザーストアが\\Fileshare\UpmStore$\%USERNAME%.%USERDOMAIN%\!CTX_OSNAME!_!CTX_OSBITNESS!として構成されている場合、UpmVhd folder\\Fileshare\UpmStore$\に作成されます。
  • UpmVhdフォルダー内のファイルUpmParentVhd.vhdx

他のユーザーがログオンすると、Profile ManagementはテンプレートVHDXファイルをコピーして、このユーザーのプロファイル固有のVHDXファイルを生成します。

前提条件

ソフトウェア要件:

  • Microsoft Windows 10 1709(64ビット版)、Windows 10 1803、またはWindows Server 2016
  • Microsoft Outlook 2016(32ビット版)

サポートされているMicrosoft Windows Searchサービス(SearchIndexer.exe)バージョン:

  • 7.0.17134.376

  • 7.0.17134.285

  • 7.0.17134.228

  • 7.0.17134.1

  • 7.0.16299.402

  • 7.0.16299.248

  • 7.0.16299.15

  • 7.0.15063.413

  • 7.0.14393.2457

  • 7.0.14393.2430

  • 7.0.14393.2368

  • 7.0.14393.2312

  • 7.0.14393.2273

  • 7.0.14393.2248

  • 7.0.14393.1884

  • 7.0.10240.17443

  • 7.0.9600.18722

  • 7.0.1493.1593

  • 7.0.1393.2125

  • 7.0.1393.1884

  • 7.0.1393.1770

注:

  • 複数マシンでの同時セッションはサポートされていません。
  • この機能は、Microsoft Windows Searchサービスの今後のバージョンでサポートされる予定です。今後のバージョンでこの機能が有効にならない場合、シトリックステクニカルサポートにお問い合わせください。
Version

ネイティブOutlookの検索エクスペリエンスを有効にする