Product Documentation

ワイルドカード文字の使用

Feb 26, 2018

ファイルを参照するポリシー(ファイル包含および除外の一覧など)で、?(疑問符)や*(アスタリスク)などDOSスタイルのワイルドカードを使用できます。 疑問符(?)は単一の文字に該当します。アスタリスク(*)は0以上の文字に該当します。

「|」(縦線)を使用することでポリシーを現在のフォルダーにのみ適用し、サブフォルダーに適用しないことができます。

ワイルドカードは再帰的に機能します。 ワイルドカードを使用する場合は、有効なパスを指定する必要があります。

ワイルドカードをサポートするポリシーは、環境変数またはActive Directory属性の使用など、そのほかの種類の処理をサポートしません。 フォルダーまたはレジストリエントリを参照するポリシーではワイルドカードを使用できません。

ワイルドカード文字\h*.txtは、house.txt、h.txt、およびhouse.txt.txtにマッチしますが、ah.txtにはマッチしません。

ワイルドカード\a?c.txtは、abc.txtにマッチしますが、ac.txtにはマッチしません。

ワイルドカード\a?c*d.txtは、abcd.txtおよびabccd.txtにマッチしますが、acd.txtにはマッチしません。

プロファイルのルートフォルダーでポリシーを構成する:

*.txtは、ルートフォルダーおよびサブフォルダーで、拡張子「.txt」を持つすべてのファイルを指定します。

*h.txtは、ルートフォルダーおよびサブフォルダーで、このワイルドカード文字にマッチするすべてのファイルを指定します。

h*.txtは、ルートフォルダーおよびそのサブフォルダーで、このワイルドカード文字にマッチするすべてのファイルを指定します。

a?c.txtは、ルートフォルダーおよびそのサブフォルダーでこのワイルドカード文字にマッチするすべてのファイルを指定します。

*.txt|は、ルートフォルダーで拡張子「.txt」を持つすべてのファイルを指定しますが、サブフォルダーは除外します。

プロファイルのルートフォルダー以外でポリシーを構成する:

  • ファイル名が「*」または「?」で始まる場合

    AppData\*.txtは、ディレクトリAppDataおよびそのサブフォルダーでこのワイルドカード文字にマッチするすべてのファイルを指定します。

    AppData\*h.txtは、ディレクトリAppDataおよびそのサブフォルダーでこのワイルドカード文字にマッチするすべてのファイルを指定します。

  • ファイル名が「*」または「?」で始まらない場合

    AppData\h*.txtは、ディレクトリAppDataでこのワイルドカード文字にマッチするすべてのファイルを指定しますが、サブフォルダーは除外します。

    AppData\a?c.txtは、ディレクトリAppDataでこのワイルドカード文字にマッチするすべてのファイルを指定しますが、サブフォルダーは除外します。

    :Profile Management 7.15では、この構成は現在のフォルダーだけでなくサブフォルダーにも適用されます。たとえば、AppData\h*.txtは、ディレクトリAppDataおよびそのサブフォルダーでこのワイルドカード文字にマッチするすべてのファイルを指定します。