Product Documentation

オフラインプロファイルを構成するには

Feb 26, 2018

Citrixオフラインプロファイルは、ネットワークに断続的アクセスするノートPCユーザーまたはモバイルデバイスユーザーを対象としたものです。 この機能により、プロファイルをできるだけ早い段階でユーザーストアと同期できます。 ネットワークの切断 が発生した場合、再起動や 休止状態後もプロファイルがノートブックコンピューターやモバイルデバイス上にそのまま保持されます。モバイルユーザーが作業する際、プロファイルはローカルで更新されて、ネットワーク接続が再度確立されたらユーザーストアと同期されます。

この機能は、(Citrix XenClientを実行するコンピューターを含む)ドメイン参加のコンピューターでのみ機能し、継続的にネットワークに接続しているサーバーまたはデスクトップコンピューターでの使用を意図したものではありません。

一般的には、オフラインプロファイルとストリーム配信ユーザープロファイルの両方を有効にすることはありません。 このためオフラインプロファイルは、ストリーム配信プロファイルおよび [ログオフ時にローカルでキャッシュしたプロファイルの削除] 設定よりも優先され、これを無効にします。これにより、ユーザーは最初のログオン時にノートPCまたはモバイルデバイス上で常に完全なプロファイルを有することができます。

オフラインプロファイルは次の方法で構成できます。

  • グループポリシーの使用。これにより機能を集中管理できますが、オフラインプロファイルを使用するノートPCまたはデバイスを含むOUを別に作成する必要があります。
  • INIファイルの使用 。ノートPCおよびモバイルデバイスに対してOUを別個に作成したくない場合にはこれがより簡単なオプションですが、事実上この機能は各デバイスのオーナーが自分で制御することになります。 このオプションは、各ノートPCまたはモバイルデバイスを一回のみ構成する必要があります。

グループポリシーを使って [オフラインプロファイルサポート]を構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。 この設定をグループポリシーまたはINIファイルで構成しない場合、オフラインプロファイルは無効になります。

グループポリシーの使用

  1. オフラインプロファイルを使用するノートPCおよびモバイルデバイス、使用しているXenAppサーバー、および使用している仮想デスクトップを含んだ、Profile Managementによって管理されるすべてのコンピューターを含むOUを作成します。
  2. ノートPCとモバイルデバイスだけを含んだ子OUを作成します。
  3. グループポリシー管理で、サイト全体のポリシーに適用する ベースライングループポリシーオブジェクト(GPO)を作成し、両方のOUにリンクを設定します。
  4. すべてのコンピューターに共通のProfile Management設定でベースラインGPOを構成します。
  5. 2つ目の オフラインGPOを作成し、子OUにリンクを設定します。
  6. 以下のようにオフラインGPOを構成します。
    1. [Profile Management][オフラインプロファイルサポート]をダブルクリックします。
    2. [有効]を選択して [OK]をクリックします。
    3. ノートPCおよびモバイルデバイスに対してのみ適用するそのほかの設定を構成します。

変更を適用させるには、 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb490983(en-us).aspxを参照して、コマンドプロンプトから gpupdate /forceコマンドを実行します。

INIファイルの使用

前提条件として、 [オフラインプロファイルサポート]がベースラインGPOとオフラインGPOの両方で未構成である必要があります。 これらの設定が構成されている場合、INIファイル設定が無視されます。

  1. 各ノートPCまたはモバイルデバイスで、Profile Managementのインストーラーにより作成されたINIファイルを検索します。 INIファイルを検索するには、 「ダウンロードに含まれるファイル」を参照してください。
  2. セミコロンを削除して、この行のコメントを解除します。
    ;OfflineSupport=
  3. INIファイルを保存します。

    変更を適用させるには、 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb490983(en-us).aspxを参照して、コマンドプロンプトから gpupdate /forceコマンドを実行します。