Product Documentation

ファイルのセキュリティ属性を同期する

Feb 26, 2018

Profile Managementがユーザープロファイル内のファイルとフォルダーを、プロファイルがインストールされているシステムとユーザーストア間でコピーする時に、セキュリティ属性を同期させることができます。この機能は、セキュリティ属性間の矛盾を防ぐことを目的としています。このためには、Windows 10以降とWindows Server 2016が必要です。

この機能はデフォルトで有効になっています。無効にするには、次の手順を実行します。

  1. UPMPolicyDefaults_all.iniファイルの [全般設定] セクションにSecurityPreserveEnabled=0を追加します。
  2. コマンドラインからgpupdate /forceコマンドを実行します。

Profile Managementは、プロファイルの最新の変更時間に基づいてプロファイルの変更を同期します。ファイルのセキュリティ属性のみが変更された場合、プロファイル管理はファイルを同期しません。