アプリケーションプロファイラの有効化

この機能は、アプリケーションごとのプロファイル処理を定義します。有効にすると、定義ファイルで定義された設定だけが同期されます。

アプリケーションプロファイラを有効にするには、次の手順を実行します:

  1. [Profile Management][XenApp最適化設定] フォルダーを開きます。
  2. [XenApp最適化] ポリシーを有効にします。
  3. [XenApp最適化の定義ファイルへのパス] ポリシーを有効にします。
  4. Citrix Virtual Apps最適化定義ファイルが置かれているフォルダーを指定します。
  5. gpupdate /forceコマンドを実行してポリシーの展開を適用します。

定義ファイルの作成については、「定義ファイルの作成」を参照してください。

ログオフ中は、定義ファイル内の設定だけが同期され、その他の設定はすべて破棄されます。セッション内のユーザー文書を表示または更新する場合、フォルダーのリダイレクトを使用します。フォルダーのリダイレクトの構成については、「フォルダーのリダイレクトの構成」を参照してください。

アプリケーションプロファイラの有効化

In this article