Product Documentation

Profile Managementの役割

Jun 04, 2018

Profile Managementは、同じユーザーが同時ドメインログオンを実行することでプロファイルに対して複雑性と整合性の問題を引き起こす環境における、ユーザープロファイルの欠陥を処理します。たとえば、2つの異なる仮想リソースに対するセッションを移動プロファイルで開始する場合、最初に終了したセッションのプロファイルは後で終了したセッションのプロファイルにより上書きされます。この問題は「最終書き込み優先」として知られており、最初のセッションに適用したいずれの個人設定も破棄されてしまいます。

各リソースサイロに対して個別のプロファイルを使用することで、この問題に対処できます。 ただしこの場合は、管理上の負荷と必要なストレージ容量が増えることになります。 またほかにも、ユーザーがアクセスするリソースサイロにより設定が異なってしまうという短所もあります。

Profile Managementはプロファイルを簡単で信頼性の高い方法で最適化します。プロファイル内のファイルやフォルダーと同様に、レジストリの変更がセッションの実行中やログオフ時に各ユーザーのユーザーストアに保存されます。一般的には、ファイルが存在する場合は、タイムスタンプが早い場合はそれが上書きされます。

ログオン時に、ユーザーのレジストリエントリやファイルがユーザーストアからコピーされます。ローカルにキャッシュされたプロファイルがある場合は、ユーザーストアの情報と同期されます。これにより、セッション中にすべてのアプリケーションとサイロのすべての設定を使用できるようになります。また、サイロごとに別々のユーザープロファイルを管理する必要もなくなりました。ユーザープロファイルをストリーム配信することで、ログオン時間をさらに向上させることができます。

Profile Managementは、ネットワーク中断に遭遇したモバイルユーザー(オフラインプロファイル機能が構成されている場合)および異なるオペレーティングシステムからリソースにアクセスするユーザー(クロスプラットフォーム設定機能が構成されている場合)のアプリケーション設定を保護するのに役立ちます。

注:Profile Managementはローカルアカウントではなく、ドメインユーザーログオンを処理します。

Profile Managementのより詳細な概要については、Profile Managementのブログ(Citrixブログホームページ)を参照してください。

ネットワークベースのプロファイルが展開されている組織環境においては、Profile Managementの採用を考慮します。固定プロファイルや移動プロファイルなど、ほかのソリューションを実装し、Microsoft Windowsに関する標準的な知識を用いてそれを保守することができるのかもしれません。しかしながら、(たとえば、ユーザーによるカスタマイズが非常に制限されているため固定プロファイルの使用が適しているコールセンターなど)展開が極度に限定されてない限りは、Profile Managementはより有用な選択肢である可能性があります。

フォルダーのリダイレクトを実行して、ユーザー特定のデータをプロファイルとは別に保存することをお勧めします。

ホームフォルダーおよびテンプレートのパスは、ネットワーク上にのみ構成します。