Product Documentation

ユーザーストアの作成

Jun 04, 2018

このトピックでは、各組織のニーズに合ったユーザーストアの作成について説明します。またここでの説明に加えて、できる限り効率的にユーザーストアへのパスを構成する必要があります。たとえば、変数を適切に使用してパスを構成します。この問題に関する説明や例については、「ユーザーストアへのパスの指定」を参照してください。

ユーザーストア は、Citrixユーザープロファイルを一元的に保存しておくネットワーク上の場所を指します。

ユーザーストアには、任意のサーバーメッセージブロック(SMB)ファイル共有またはCommon Internet File System(CIFS)ファイル共有を使用できます。最適の結果を得るにはファイル共有が次の条件を満たす必要があります。

  • Citrixユーザープロファイルのアカウントでアクセスできること。
  • プロファイルデータを保存するための十分な容量があること。
  • ディスク障害またはネットワーク障害に強いこと。
下の図 は、リダイレクトされたフォルダー項目のストレージ、別のファイルサーバー上のクロスプラットフォーム設定ストア、およびMicrosoft Officeを実行するXenDesktopのWindows 7仮想デスクトップを使用した場合のユーザーストアの例を示しています。 また仮想デスクトップにアクセスするユーザーデバイスも、参照のため表示されています。


保護されたユーザーストアの作成に関する推奨事項については、Microsoft TechNet Webサイトの「Create a file share for roaming user profiles」を参照してください。この最小限の推奨事項は、基本操作に対する高レベルのセキュリティを実現します。また、Administratorsグループがあるユーザーストアへのアクセスを構成する場合は、Citrixユーザープロファイルを変更または削除するために必要とされます。

展開環境に複数のプラットフォームがある場合は、「複数プラットフォームに対する計画」でVersion 1およびVersion 2のプロファイルの種類について確認してください。ユーザーストアの構造については、「Profile Managementのアーキテクチャ」を参照してください。

注:アプリケーションがユーザープロファイル内のファイルのアクセス制御リスト(ACL)を変更する場合、Profile Managementはユーザーストア内でその変更を繰り返しません。これは、Windowsの移動プロファイルの動作と一貫性があります。