Profile ManagementとApp-V

Profile Management 5.xをMicrosoft Application Virtualization 5.0(App-V 5.0)と同じ環境で使用できます。

Profile Managementは、グローバルで公開されたApp-Vのみをサポートします。

以下の項目をProfile Management除外を使用して除外します:

  • Profile Management\ファイルシステム\除外の一覧\ディレクトリ:
    • AppData\Local\Microsoft\AppV

以下のProfile Managementポリシーを追加します:

  • Profile Management\ファイルシステム\除外の一覧\ディレクトリ:
    • AppData\Local\Microsoft\AppV
    • AppData\Roaming\Microsoft\AppV\Client\Catalog
  • Profile Management\レジストリ\除外の一覧:
    Software\Microsoft\AppV\Client\Integration Software\Microsoft\AppV\Client\Publishing

除外の設定方法については、「項目の包含および除外」を参照してください。

App-VでUserLogonRefresh設定が有効な場合は、Profile Managementの[プロファイルストリーム配信]ポリシーを無効にします。

App-Vアプリケーションのシーケンス化の方法の例については、https://support.microsoft.com/kb/2830069を参照してください。

App-Vに対応するサードパーティ製のProfile Managementソリューションの設定について詳しくは、https://technet.microsoft.com/en-us/library/dn659478.aspxを参照してください。Microsoft Windows 10システムにはSoftware\Classesを含めないようにします。

Profile ManagementとApp-V

In this article