Product Documentation

Profile ManagementとSelf-service Plug-in

Feb 26, 2018

デフォルトでは、Profile ManagementはWindowsのスタートメニューフォルダーを除外します。 そのため、Citrix Self-service Plug-inのユーザーは、サブスクライブしたアプリケーションにスタートメニューからはアクセスできません。 このデフォルトの動作を変更するには、 [除外の一覧 - ディレクトリ] ポリシーから%APPDATA%\Microsoft\Windows\Start Menuフォルダーを削除します。さらに、構成にグループポリシーオブジェクトを使用する場合は、Profile ManagementのINIファイルを削除することをお勧めします。 これにより、サブスクライブされたアプリケーションのスタートメニューフォルダー(およびユーザー作成の任意のサブフォルダー)がProfile Managementにより管理されるようになります。

注:グループポリシーではなくProfile ManagementのINIファイルを使用している場合には、ファイル内のデフォルトの除外の一覧からこのエントリを削除します。