アプリケーションの選択

展開内で使用しているアプリケーションは、Profile Managementの構成に影響を与えます。しかし、ほかの構成判断基準と比べると、単純なイエス/ノー形式の推奨事項とはなりません。レジストリ内なのかファイルシステム内なのかといった、アプリケーションが永続的なカスタマイズを保存する場所によって判断基準は異なります。

ユーザーのアプリケーションを完全に分析かつ理解して、アプリケーションの設定やユーザーのカスタム設定をアプリケーションが保存する場所を決定します。Process Monitor等のツールを使って、アプリケーションのバイナリを監視します。Googleはまた別のリソースです。Process Monitorについて詳しくは、https://technet.microsoft.com/en-gb/sysinternals/bb896645を参照してください。

アプリケーションについて把握したら、包含を使ってProfile Managementがどのファイルおよび設定を処理するのかを定義します。また、除外を使ってどのファイルおよび設定を処理しないのかを定義します。デフォルトでは、AppData\Local内のファイルを除くプロファイル内のすべてが処理されます。展開環境にDropBoxやGoogle Chrome、またはVisual Studioのワンクリック発行で作成されたアプリケーションがある場合は、AppData\Localのサブフォルダーを明示的に含める必要があることがあります。

単純アプリケーション

単純アプリケーションは問題なく動作するアプリケーションです。単純アプリケーションは、個人設定をHKCUレジストリハイブおよびプロファイル内の個人設定ファイルにストアします。単純アプリケーションは基本同期を必要とします。基本同期では、次のものを使用して項目の包含と除外を順番に実行する必要があります:

  • 次のいずれかのポリシーの相対パス(%USERPROFILE%に相対):
    • 同期するディレクトリ
    • 同期するファイル
    • 除外の一覧 - ディレクトリ
    • 除外の一覧 - ファイル
    • ミラーリングするフォルダー 注:Profile Managementは、%USERPROFILE%を暗示的に示します。これを明示的にポリシーに追加しないでください。
  • 以下のいずれかのポリシーのレジストリ相対パス(つまり、HKCUルートへの相対):
    • 除外の一覧
    • 包含の一覧

項目の包含および除外については、「項目の包含および除外」を参照してください。

レガシアプリケーション

レガシアプリケーションは動作に問題があります。個人設定ファイルをプロファイル外のカスタムフォルダーに保存します。従来のアプリケーションでProfile Managementを使用せず、代わりにCitrix Virtual DesktopsのPersonal vDisk機能を使用することをお勧めします。

複合アプリケーション

複合アプリケーションは特別な取り扱いが必要です。アプリケーションのファイルはそれぞれに相互参照可能で、相互関連グループとして処理される必要があります。Profile Managementは、Cookie管理とフォルダーミラーリングという複合アプリケーションに関する2つの動作をサポートします。

Internet ExplorerでのCookie管理は、以下の両方のポリシーが常に指定されている基本同期の特殊なケースです:

  • ログオフ時にインターネットCookieファイルを処理
  • ミラーリングするフォルダー

フォルダーミラーリング、Cookie管理、およびこれらのポリシーの設定手順については、「Cookieフォルダーおよびその他のトランザクションフォルダーの管理」を参照してください。

クロスプラットフォームアプリケーション

クロスプラットフォームアプリケーションは、複数プラットフォームでホストされる可能性があるアプリケーションです。Internet ExplorerおよびMicrosoft Officeの特定のバージョンの場合は、設定がレジストリに保管されていたり、プロファイル内のファイルであったとしても、Profile Managementはプラットフォーム間での個人設定の共有をサポートします。クロスプラットフォームアプリケーションの推奨されるポリシー設定については、「クロスプラットフォーム設定 - ケーススタディ」を参照してください。

プラットフォーム間でほかのアプリケーションの設定を共有する場合は、SepagoのProfile Migratorの使用を推奨します。

JavaおよびWebアプリケーション

Javaアプリケーションはプロファイル内にある多数の小さなファイルは処理しないままにでき、これによってプロファイルの読み込みにかかる時間を劇的に短縮できます。これを止めるには、AppData\Roaming\Sun\Javaの除外を考慮します。

ポリシーの概要

次の表は、異なる種類のアプリケーションに対してProfile Managementを構成するために使用するポリシーについて概説しています。この表では、以下の用語が使用されます:

  • 相対。ローカルボリューム上の相対パスで、%USERPROFILE%(明示的には指定しない)に相対します。例:AppData\Local\Microsoft\Office\Access.qat、AppData\Roaming\Adobe\
  • 絶対。ローカルボリューム上の絶対パス。例:C:\BadApp\*.txt、C:\BadApp\Database\info.db
  • レジストリ相対。HKCUハイブ内のパスを参照します。例:Software\Policies、Software\Adobe
  • フラグ。フラグは、パス情報が必要とされない処理を有効または無効するために使用します。例:Enabled、Disabled
ポリシー ポリシーの種類(レジストリ、フォルダー、またはファイル) ワイルドカードのサポートあり? アプリケーションの種類 - 単純 アプリケーションの種類 - レガシ アプリケーションの種類 - 複合
同期するディレクトリ フォルダー   相対 絶対  
同期するファイル ファイル はい 相対 絶対  
除外の一覧 - ディレクトリ フォルダー   相対 絶対  
除外の一覧 - ファイル ファイル はい 相対 絶対  
包含の一覧 レジストリ   レジストリ相対    
除外の一覧 レジストリ   レジストリ相対    
ミラーリングするフォルダー フォルダー     絶対 相対
ログオフ時にインターネットCookieファイルを処理         フラグ

ファイル名でのワイルドカード処理

(フォルダーまたはレジストリエントリーではなく)ファイルを参照するポリシーはワイルドカードをサポートします。詳しくは、「ワイルドカード文字の使用」を参照してください。

包含および除外の規則

Profile Managementはファイル、フォルダー、およびレジストリキーをユーザーストアのユーザープロファイルから包含および除外するために規則を使用します。これらの規則は知覚的かつ直観的に機能します。デフォルトでは、すべての項目は包含されます。最初の時点から、除外として最上位レベルの例外を構成し、次に包含やその他として最上位レベルの除外に対してより詳細な例外を構成できます。項目の包含や除外を含む規則については、「項目の包含および除外」を参照してください。

プロファイル内の英語以外のフォルダー名

Version 1プロファイルを使用する非英語システムの場合、その言語の包含および除外の一覧に相対パスを指定します。たとえば日本語の場合は、「Documents」ではなく「ドキュメント」を指定します。複数のロケールをサポートしている場合は、各言語の各包含または除外項目を追加します。

次の手順

重要:このトピックでは、Profile Management展開を構成するために回答する必要がある最後の質問について説明します。質問は「 構成上の判断」に記載されています。すべての質問に回答し、それに応じて設定を構成すると、構成をレビューする準備が整います。「 Profile Managementのレビュー、テスト、およびアクティブ化」の記述に従って導入します。ほかのすべてのポリシーはデフォルト設定のままにしておくことができます。構成すべきではないポリシーの一覧については、「 管理」の構成が不要なポリシーを参照してください。