構成上の判断

Profile Managementを構成するには、自分の環境に関する次の基本的な質問に回答する手法をお勧めします:

  1. パイロット?実稼働?
  2. プロファイルの移行?新しいプロファイル?
  3. 固定?プロビジョニング?専用?共有?
  4. モバイル?静的?
  5. アプリケーションの選択

各質問に対する回答により、このセクションの残りのトピックの説明に従って、Profile Managementをそれぞれに構成します。これらの質問に対する回答に一致するポリシーのみを構成します。そのほかのポリシーはデフォルトの設定のままにすることができます。構成しないポリシーの一覧については、「管理」を参照してください。

各質問に回答してProfile Managementを適切に構成した後は、次のことについて前もって考慮する必要があります:

UPMConfigCheck

UPMConfigCheckは、実際のProfile Management展開を調査し、それが最適に構成されているかどうかを判断するPowerShellスクリプトです。このツールについて詳しくは、CTX132805を参照してください。

OUへのコンピューターのグループ化

異なるコンピューターのセットに対する質問への回答が同じである場合、それらのコンピューターセットをActive Directory組織単位(OU)内にグループ化することを考慮します。また、OUに付随する単一のグループポリシーオブジェクト(GPO)を使ってProfile Managementを構成することを考慮します。質問に対する回答が異なる場合は、それぞれに別のOU内にコンピュータをグループ化することを考慮します。

または、ドメインがWMIフィルタリングをサポートしている場合は、すべてのコンピューターを同じOU内にグループ化して、適切に構成されたGPO間でWMIフィルタリングを使って選択できます。

構成上の判断