Product Documentation

複数プラットフォームに対する計画

複数プラットフォーム上のユーザープロファイルをこのような環境で使用する理由は?

ユーザーによる複数のコンピューティングデバイスへのアクセスは、一般的によく行われます。このようなデバイス上のシステム間の違いに対処するために、任意の種類の移動プロファイルを使用します。たとえば、別のデバイスに移動したときには存在していなかったローカルプロファイルへのショートカットをデスクトップ上に作成すると、デスクトップには壊れたショートカットが置かれます。

デスクトップオペレーティングシステム(OS)とサーバーOS間でローミングを実行するときにも同様の問題があります。(電源設定またはビデオ設定など)一部の設定をサーバー上には適用できないことがあります。また、各デバイス上に異なるアプリケーションがインストールされている場合は、ローミングを実行するとほかの問題が発生する可能性があります。

一部の個人設定(マイドキュメント、お気に入り、およびOSやアプリケーションのバージョンとは無関係に機能するそのほかのファイルなど)は、ほかの設定よりも管理が非常に簡単です。しかしこのような設定でさえ、ドキュメントの種類が1つのシステムでしかサポートされてない場合にはローミングの実行が難しくなることがあります。たとえば、あるシステム上にMicrosoft Projectがインストールされていて、ほかのシステム上ではこのファイルタイプが認識されない場合などです。同じアプリケーションが両方のシステムにインストールされているにもかかわらず、片方だけに別のアドオンがドキュメントによってインストールおよび求められる場合は、状況がさらに悪くなります。

アプリケーションインストールの内容が異なるとどのような問題が発生しますか?

プラットフォームがまったく同じようにインストール構成であったとしても、アプリケーションの構成がそれぞれ異なっている場合は、アプリエーションの起動時にエラーが生じることがあります。たとえば、あるプラットフォーム上ではExcelのマクロまたはアドオンがアクティブになっているが、別のプラットフォームではアクティブになっていない場合などです。

スタートメニュー

スタートメニューにはリンク(LNKおよびLNK2ファイル)があります。ユーザー特有のメニューはプロファイルに保存され、ユーザーが変更できます。(実行可能ファイルまたはドキュメントへの)カスタムリンクがよく追加されます。また言語特定のリンクにより、同じアプリケーションに対して複数のスタートメニューエントリが生じます。さらに、他のコンピューターでは、ドキュメントを指すリンクが無効である可能性があります。その理由は、ドキュメントへのパスが別のシステムとの相対パスであるか、アクセスできないネットワークパスであるためです。

デフォルトでは、実行可能ファイルのリンクの多くがコンピューター依存になっているため、スタートメニューのフォルダーの内容はProfile Managementにより保存されません。ただし、システムが非常に似通っている状況では、Profile Managementの構成にスタートメニューを含めるとユーザーがデスクトップからデスクトップへとローミングを実行する際の整合性が向上します。または、フォルダーのリダイレクトによりスタートメニューを処理できます。

注:影響が最も小さいと思われる変更により、予期しない結果が生ずることがよくあります。これについては、Sepagoブログの「Citrix User Profile Manager (UPM) and the Broken Rootdrive」を参照してください。

常時、プラットフォーム間でスタートメニューの動作をテストおよび検証します。

クイック起動ツールバー

クイック起動ツールバーにはリンクがあり、またユーザーが構成することができます。デフォルトでは、クイック起動ツールバーはProfile Managementにより保存されます。リンクはコンピューター依存である可能性があるため、環境によってはこの構成は適したものでないこともあります。

プロファイルからツールバーを除外するには、次のエントリを除外フォルダーの一覧に追加します:AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch

作成が必要なプロファイルの種類

重要:構造が異なっているため、複数プラットフォームがある環境の各ユーザーに対してVersion 1とVersion 2のプロファイルを個別に作成することをお勧めします。Windows VistaとWindows 7におけるプロファイルの名前空間の違いは、これらのプラットフォーム間でのプロファイルの共有を難しくします。またWindows XPとWindows Server 2003間でも障害が発生することがあります。Version 1プロファイルとVersion 2プロファイルについて詳しくは、「 プロファイルについて」を参照してください。

ここで複数プラットフォームの定義には、(ビット数の違いを含む)複数オペレーティングシステムだけではなく、同じオペレーティングシステムで実行している複数のアプリケーションのバージョンも含まれます。次の例は、この推奨の理由について説明しています:

  • 32ビットシステムには、オペレーティングシステムに対して32ビットのオペレーティングシステム特有の場所でアプリケーションの開始を指示するレジストリキーがあることがあります。64ビットシステム上のCitrixユーザープロファイルによりキーが使用される場合、そのシステム上には指定の場所が存在しない可能性があり、アプリケーションの開始に失敗します。
  • Microsoft Office 2003、Office 2007、およびOffice 2010は、Wordの設定を異なるレジストリキーに保存します。これらのアプリケーションが同じオペレーティングシステムで実行されている場合でも、3つの異なるバージョンのWordアプリケーション用に別々のプロファイルを作成する必要があります。

プロファイルの相互運用性を確保するため、CitrixユーザープロファイルでMicrosoftフォルダーリダイレクトを使用することをお勧めします。Windows VistaまたはWindows 7がWindows XPと共存しなければならない環境では、それはさらに重要です。

ヒント:組織のデータ管理ポリシーによっては、Active Directoryから削除されたユーザーアカウントに対するユーザーストアやクロスプラットフォーム設定ストアからプロファイルを削除した方がよい場合があります。