サードパーティのディレクトリ、認証、およびファイルサービス

このトピックでは、Microsoftにより提供されるもの以外のディレクトリ、認証、およびファイルサービスについて説明します。

ディレクトリサービス

重要:Active Directory(AD)は、Profile Managementの操作に不可欠です。そのほかのディレクトリサービスはサポートされていません。次のようなサービスがあります:

  • Novell eDirectory。
  • Windows 2000サーバー以前のオペレーティングシステム。Windows 2000サーバーはADをサポートしますが、必要なレベルまではサポートしていません。詳しくは、「Profile Managementでサポートするドメインおよびフォレスト」を参照してください。Microsoft Windows NT 4.0 AD以前。
  • Samba 4以前。

認証サービス

ほかの認証サービスはドメイン内でADと共存することができますが、Profile Managementはこれをサポートしていません。その理由は、ほかの認証サービスがProfile Managementサービスと同じくwinlogon.exeと相互通信し、ユーザーログオン処理で問題の原因となる可能性があるからです。たとえばNovellの認証サービスにより、ユーザーはプリンターやファイル共有などのNovellのリソースにはアクセスできますが、これはサポートされていません。

ファイルサービス

サードパーティのファイルサービスをユーザーストアやフォルダーのリダイレクト(使用するWindowsオペレーティングシステムによりサポートされている場合)に使用できます。ファイルサーバーは、サーバーメッセージブロック(SMB)またはCommon Internet File System(CIFS)である必要があり、またNTFSファイルシステムをサポートする必要があります。このような理由により、次のファイルサービスがサポートされています:

  • Windows Server 2003以降
  • Samba 3

重要:Novellディレクトリに対する認証が必要なため、Novellファイルサービスはサポートされていません。

サードパーティのディレクトリ、認証、およびファイルサービス