Profile Managementのベストプラクティス

Windowsユーザープロファイルは、フォルダー、ファイル、レジストリ設定、および特定のユーザーアカウントでログオンするユーザーの環境を定義する構成設定のコレクションです。

これらの設定は、管理者の構成によってはユーザーがカスタマイズできる場合があります。

Windows 10との互換性

Citrix Profile Managementは、最新のWindows 10バージョンとの互換性を維持します。次の表は、異なるバージョンのProfile Managementで推奨されるMicrosoft Windows 10オペレーティングシステムについてまとめたものです:

Profile Managementのバージョン Windows 10のバージョン 備考
7.18 Windows 10 1803(RS4) XenAppおよびXenDesktop 7.18
7.17 Windows 10 1709(RS3) XenAppおよびXenDesktop 7.17
7.16 Windows 10 1703(RS2) XenAppおよびXenDesktop 7.16
7.15長期サービスリリース(LTSR) Windows 10 1703(RS2) XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSRおよび最新の累積更新プログラム

Windows 10のスタートメニュー

部分的ロックダウンによりカスタマイズしたレイアウトを使用し、グループポリシーで指定してカスタマイズされたメニューを展開することをお勧めします。スタートメニューレイアウトのカスタマイズについて詳しくは、https://docs.microsoft.com/en-us/windows-hardware/customize/desktop/customize-start-layoutを参照してください。

個人用ドキュメントフォルダー

個人用ドキュメントフォルダーのサイズが非常に大きくなることがあります。そのため、フォルダーのリダイレクト機能を使用して、次のフォルダーをリダイレクトすることをお勧めします:

  • デスクトップ

  • ドキュメント

  • ダウンロード

  • お気に入り

  • リンク

  • ミュージック

  • ピクチャ

  • 検索

  • ビデオ

フォルダーがリダイレクトされると、Citrix Profile Managementはログオン時にこれらのフォルダーを処理しなくなります。

OutlookとOffice 365

Microsoftでは、オンラインとオフラインでシームレスなMicrosoft Outlookでのエクスペリエンスを提供できるように、Exchangeキャッシュモードを推奨しています。Exchangeキャッシュモードは、Microsoft Outlookクライアントから有効にします。詳しくは、https://docs.microsoft.com/en-us/exchange/outlook/cached-exchange-modeを参照してください。

Exchangeキャッシュモードが有効になっていると、ユーザーのExchangeメールボックスのコピーが常にオフラインフォルダーファイル(* .ost)に存在します。このファイルのサイズが非常に大きくなる可能性があります。

シトリックスでは、Microsoft Outlookのデータをローカルまたは共有ドライブに保存しないことをお勧めします。代わりに、Outlookのネイティブ検索エクスペリエンスを有効にする機能を使用します。この機能を使用すると、ユーザー固有のOutlookのオフラインフォルダーファイル(* .ost)とMicrosoft検索データベースがユーザープロファイルと共に移動されます。この機能により、Microsoft Outlookでメールを検索するときのユーザーエクスペリエンスが向上します。この機能の使用について詳しくは、「 [ネイティブOutlookの検索エクスペリエンスを有効にする]」(/ja-jp/profile-management/current-release/configure/enable-native-outlook-search-experience.html)を参照してください。

1つの場所からProfile Managementを構成する

Profile Managementは、3つの場所から構成することができます。Profile Managementを構成するには、Citrix StudioでHDXポリシーを使用するか、Active Directoryでグループポリシーオブジェクトを使用することができます。また、ワークスペース環境管理を使用してProfile Managementを構成することもできます。

上記3つの場所のうち1つのみを選択してProfile Managementを構成することをお勧めします。

トラブルシューティングのベストプラクティス

潜在的な構成エラーを特定するには、常にProfile Managementの構成チェッカーツール(UPMConfigCheck)を使用します。このツールについて詳しくは、Knowledge CenterのCTX132805を参照してください。

Profile Managementが機能しない場合は、まず構成されたユーザーストアがアクセス可能かどうかを検証します。

Cookieの処理

Profile Managementでは、Internet Explorer 10およびInternet Explorer 11で古いCookieを削除できるようになりました。[ログオフ時にインターネットCookieファイルを処理する]ポリシーを使用して古いCookieを削除し、Cookieフォルダーが大きくなりすぎることを避けます。また、ミラーリングするフォルダーの一覧に次のフォルダーを追加します:

  • AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCookies

  • AppData\Local\Microsoft\Windows\WebCache

  • AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Cookies

Microsoft資格情報の移動を有効にしたプロファイルストリーミング

デフォルトでは、構成ファイル内の次のフォルダはプロファイルストリーミングから除外されます:

  • AppData\Local\Microsoft\Credentials

  • Appdata\Roaming\Microsoft\Credentials

  • Appdata\Roaming\Microsoft\Crypto

  • Appdata\Roaming\Microsoft\Protect

  • Appdata\Roaming\Microsoft\SystemCertificates

プロファイルストリーミングの除外を手動で構成する場合、上記のフォルダーを[プロファイルストリーミングの除外の一覧 - ディレクトリ]に追加してください。