Profile Management

Profile Managementのベストプラクティス

Windowsユーザープロファイルとは、 フォルダー、ファイル、レジストリ、および特定のユーザーアカウントでログオンする ユーザーの環境を定義する構成設定のコレクションです。これらの設定は、管理者の構成によっては ユーザーがカスタマイズできる場合があります。

Windows 10との互換性

Citrix Profile Managementでは、リリース時におけるWindows 10の最新バージョンがサポートされます。Windows 10のすべての以前のバージョンもサポートされます。たとえば、Citrix Profile Managementバージョン1912が出荷されたとき、Windows 10の最新バージョンは1909 (RS7)でした。Profile Management 1912では、Windows 1909(RS7)以前のWindows 10のすべてのバージョンがサポートされます。

次の表は、異なるバージョンのProfile Managementで推奨されるMicrosoft Windows 10オペレーティングシステムについてまとめたものです:

Profile Managementのバージョン Windows 10のバージョン メモ
2012 Windows 10 2010 Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2012
2009 Windows 10 2004 Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2009
2006 Windows 10 2004 Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2006
2003 Windows 10 2004 Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2003
1912 Windows 10 1909(RS7) Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1912
1909 Windows 10 1903(RS6) Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1909
1906 Windows 10 1903(RS6) Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1906
1903 Windows 10 1809(RS5) Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1903
1811 Windows 10 1809(RS5) Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1811
1808 Windows 10 1803(RS4) Citrix Virtual Apps and Desktops 7 1808
7.18 Windows 10 1803(RS4) XenAppおよびXenDesktop 7.18
7.17 Windows 10 1709(RS3) XenAppおよびXenDesktop 7.17
7.16 Windows 10 1703(RS2) XenAppおよびXenDesktop 7.16
7.15長期サービスリリース(LTSR) Windows 10 1703(RS2) XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSRおよび最新の累積更新プログラム

注:

Citrixユーザープロファイルが存在するOSをアップグレードしようとすると失敗する可能性があります。アップグレードを続行するには、ローカルマシンからCitrixユーザープロファイルを削除します。

Windows 10のスタートメニューのカスタマイズ

部分的ロックダウンによりカスタマイズしたレイアウトを使用し、グループポリシーで指定してカスタマイズされたメニューを展開することをお勧めします。スタートメニューレイアウトのカスタマイズについて詳しくは、https://docs.microsoft.com/en-us/windows-hardware/customize/desktop/customize-start-layoutを参照してください。

スタートメニューのローミング

[スタート]メニューに固定されているアプリケーションは、次のオペレーティングシステムでは何度かログオンした後に表示されなくなる可能性があります。

  • Windows 10バージョン1607以降、32ビット版および64ビット版
  • Windows Server 2016、StandardおよびDatacenterエディション
  • Windows Server 2019、StandardおよびDatacenterエディション
  • Windows 10 Enterprise for Virtual Desktops

Windows 10の場合: Windows 10でスタートメニューのローミングが正しく機能するようにするには、自動構成を有効にするか、[自動構成を無効にする] ポリシーを [有効] にして、次の構成手順を実行します:

ヒント:

自動構成は、Profile Management 2103以降で機能します。手動構成は、すべてのProfile Managementバージョンで機能します。

  1. [ミラーリングするフォルダー] を有効にし、フォルダー一覧に次のフォルダーを追加します:
    • Appdata\Local\Packages
    • Appdata\Local\Microsoft\Windows\Caches
    • !ctx_localappdata!\TileDataLayer(Windows 10バージョン1703より前のバージョンにのみ適用)

    注:

    Citrix Profile Management 1912以降、[デフォルトの除外一覧の有効化 - ディレクトリ] または [除外の一覧 - ディレクトリ] に追加されたフォルダーは、[ミラーリングするフォルダー] に追加しても同期できません。appdata\local\packagesフォルダーを [ミラーリングするフォルダー] に追加する前に、除外の一覧から削除してください。

  2. [同期するファイル] ポリシーを有効にし、同期するファイルの一覧に次のフォルダーを追加します:
    • Appdata\Local\Microsoft\Windows\UsrClass.dat*

Windows Serverの場合: Windows Server 2016およびWindows Server 2019でスタートメニューのローミングが正しく機能するようにするには、自動構成を有効にするか、[自動構成を無効にする] ポリシーを [有効] にして、次の構成手順を実行します:

ヒント:

自動構成は、Profile Management 2103以降で機能します。手動構成は、すべてのProfile Managementバージョンで機能します。

  1. [ミラーリングするフォルダー] を有効にし、ミラーリングするフォルダー一覧に次のフォルダーを追加します:

    • Appdata\Local\Microsoft\Windows\Caches
  2. [除外の一覧 - ディレクトリ] ポリシーを有効にしてから、除外するフォルダーの一覧に次のフォルダーを追加します:

    • Appdata\Local\Packages
  3. [除外の一覧 - ファイル] ポリシーを有効にしてから、除外するファイルの一覧に次のファイルを追加します:

    • Appdata\Local\Microsoft\Windows\UsrClass.dat*

      注:

      Windows 10とWindows Server 2016/2019の両方に同じポリシーを使用することはできません。VDIと共有デスクトッププラットフォームに個別のポリシーを構成するか、Profile Management 2013以降を使用している場合は自動構成を使用します。

OutlookとOffice 365

Microsoftでは、オンラインとオフラインで一貫したMicrosoft Outlookのエクスペリエンスを提供できるように、Exchangeキャッシュモードを推奨しています。Exchangeキャッシュモードは、Microsoft Outlookクライアントから有効にします。詳しくは、「https://docs.microsoft.com/en-us/exchange/outlook/cached-exchange-mode」を参照してください。

Exchangeキャッシュモードが有効になっていると、ユーザーのExchangeメールボックスのコピーが常にオフラインフォルダーファイル(* .ost)に存在します。このファイルのサイズが非常に大きくなる可能性があります。

Microsoft Outlookのデータをローカルまたは共有ドライブに保存しないことをお勧めします。代わりに、Outlookのネイティブ検索エクスペリエンスを有効にする機能を使用します。この機能を使用すると、ユーザー固有のOutlookのオフラインフォルダーファイル(* .ost)とMicrosoft検索データベースがユーザープロファイルと共に移動されます。この機能により、Microsoft Outlookでメールを検索するときのユーザーエクスペリエンスが向上します。この機能を使用する方法について詳しくは、「ネイティブOutlookの検索エクスペリエンスを有効にする」を参照してください。

1つの場所からProfile Managementを構成する

Profile Managementは、3つの場所から構成することができます。Profile Managementを構成するには、Citrix StudioでHDXポリシーを使用するか、Active Directoryでグループポリシーオブジェクトを使用します。また、Workspace Environment Managementを使用してProfile Managementを構成することもできます。

上記3つの場所のうち1つのみを選択してProfile Managementを構成することをお勧めします。

詳しくは、以下のビデオをご覧ください:

Citrix Profile Managementの展開方法に関する専門家のアドバイス

トラブルシューティングのベストプラクティス

潜在的な構成エラーを特定するには、常にProfile Managementの構成チェッカーツール(UPMConfigCheck)を使用します。このツールについて詳しくは、Knowledge CenterのCTX132805を参照してください。

Profile Managementが機能しない場合は、まず構成されたユーザーストアがアクセス可能かどうかを検証します。

Cookieの処理

Profile Managementでは、Internet Explorer 10およびInternet Explorer 11で古いCookieを削除できるようになりました。[ログオフ時にインターネットCookieファイルを処理する]ポリシーを使用して古いCookieを削除し、Cookieフォルダーが大きくなりすぎることを避けます。また、ミラーリングするフォルダーの一覧に次のフォルダーを追加します:

  • AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCookies

  • AppData\Local\Microsoft\Windows\WebCache

  • AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Cookies

Microsoft資格情報の移動を有効にしたプロファイルストリーミング

デフォルトでは、構成ファイル内の次のフォルダはプロファイルストリーミングから除外されます:

  • AppData\Local\Microsoft\Credentials

  • Appdata\Roaming\Microsoft\Credentials

  • Appdata\Roaming\Microsoft\Crypto

  • Appdata\Roaming\Microsoft\Protect

  • Appdata\Roaming\Microsoft\SystemCertificates

プロファイルストリーミングの除外を手動で構成する場合、前述のフォルダーを[プロファイルストリーミングの除外の一覧 - ディレクトリ]に追加してください。

プロファイルを効率的に同期する

ユーザープロファイルの同期が不十分な場合、ログオンが遅くなり、ユーザー設定が失われ、プロファイルが破損する可能性があります。また、過剰な管理作業が必要になる場合もあります。プロファイルを効率的に同期するには、この記事に記載されている推奨事項に従ってください。

フォルダーのリダイレクト

Microsoft Windowsにより提供されるフォルダーのリダイレクト機能をProfile Managementで使用できます。フォルダーのリダイレクトは、プロファイルソリューションにおいて重要な役割を果たします。フォルダーのリダイレクトを使用するには、関連ユーザーがProfile Managementで管理されているOU内に属していることを確認します。Citrixでは、Active DirectoryでGPOを使用してフォルダーのリダイレクトを構成することをお勧めします。たとえば、[ユーザーの構成]>[管理用テンプレート]>[従来の管理用テンプレート(ADM)]>[Citrix]>[Profile Management]>[フォルダーのリダイレクト] で次のフォルダーをリダイレクトできます。

  • AppData(Roaming)
  • デスクトップ
  • スタートメニュー
  • ドキュメント
  • ピクチャ
  • ミュージック
  • ビデオ
  • お気に入り
  • 連絡先
  • ダウンロード
  • リンク
  • 検索
  • 保存したゲーム

前述のリストにある該当するすべてのフォルダーをリダイレクトします。リダイレクトからフォルダーを除外するには、これらのフォルダー、たとえば [保存したゲーム] フォルダーなどを同期やローミングから除外するポリシーを追加します。こうすることで、[保存されたゲーム]フォルダーはユーザーのマシンにのみ存在することになります。マシンが永続的でない場合は、フォルダーはログオフ時に削除されます。

注:

  • フォルダーのリダイレクトによって、ユーザーがログオンするたびにフォルダーのデータをコピーする必要がなくなるため、ユーザーのログオン時間が短縮されます。
  • AppDataフォルダーをリダイレクトすると、一部のアプリケーションで問題が発生することがあります。
  • フォルダーを、Citrixサーバーとサブネットを共有するファイルサーバーにリダイレクトする必要があります。
  • デスクトップフォルダーが大きすぎる場合は、リダイレクトしないでください。この場合、リダイレクトによってログオン時に黒い画面が表示されることがあります。

ファイルとフォルダーの包含および除外

Profile Managementによって、包含または除外の一覧をカスタマイズして、同期しないファイルやフォルダーを指定できます。プロファイルの膨張を避けるには、Appdata\Local\Google\Chrome\UserData\Default\CacheにあるChromeキャッシュファイルのようなサードパーティアプリケーションのキャッシュファイルを除外します。詳しくは、「項目の包含および除外」を参照してください。

プロファイルストリーミング

Profile Managementは、ログオンしたユーザーがアクセスした時点で、プロファイルに含まれるファイルをユーザーストアからローカルコンピューターにフェッチします。これにより、ログオン処理が高速になり、プロファイルサイズが小さくなります。たとえば、ファイルが実際に使用されていない場合、そのファイルはローカルプロファイルフォルダーにコピーされません。また、[常時キャッシュ] ポリシーを使用して、ストリーミングされるファイルのサイズに下限を設定することもできます。制限サイズを超えたすべてのファイルはログオン後できるだけすぐにキャッシュされます。

アクセスされていないフォルダーをフェッチする必要をなくすには、[フォルダーのプロファイルストリーミングを有効にする][プロファイルストリーミング] の両方のポリシーを有効に設定します。

フォルダーのプロファイルストリーミングを有効にする

アクティブライトバックとレジストリ

特に多くの変更されたファイルがある場合、この機能は、プロファイルストリーミング機能に比べてログオフ時間を短縮できます。この機能では、更新されたファイルやフォルダー(レジストリエントリは除く)をセッション中、ユーザーがログオフする前にユーザーストアに同期させます。

Internet Explorer 10/11のCookieのサポート

Profile Management 5.0以降では、Internet Explorer 10およびInternet Explorer 11でCookieの処理に関する拡張機能をサポートします。[ログオフ時にインターネットCookieファイルを処理する]ポリシーを使用して古いCookieを削除し、Cookieフォルダーが大きくなりすぎることを避けます。また、ミラーリングするフォルダーの一覧に次のフォルダーを追加できます:

  • AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCookies
  • AppData\Local\Microsoft\Windows\WebCache
  • AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Cookies

詳しくは、「ログオフ時にインターネットCookieファイルを処理」を参照してください。