ユーザープロファイルの移行

このトピックでは、CitrixユーザープロファイルをWindowsの移動プロファイルへと移行する方法について説明します。また、Personal vDisk(Citrix Virtual Desktopsの機能)からCitrixユーザープロファイルを削除してProfile Managementがそれを処理できるようにする方法についても説明します。

移行について詳しくは、「アップグレードと移行」を参照してください。

移動プロファイルへ移行するには

CitrixユーザープロファイルをWindowsの移動プロファイルにいつでも移行することができます。移動プロファイルが保存されるネットワークの場所にプロファイルデータを移動します。移行後、ユーザーのログオンまたはアプリケーション設定にProfile Managementは一切関係がなくなります。

  1. すべてのユーザーをログオフさせる必要があります。
  2. Profile Managementにより管理しているすべてのコンピューターからProfile Managementサービスを削除します。
  3. ユーザーストアで、\UPM_Profileのコンテンツを移動プロファイルの場所に移動します。クロスプラットフォーム設定ストアのコンテンツを移動する必要はありません。
  4. さらに、Version 1プロファイルの場合のみ、\UPM_Profileのすべてのサブフォルダーから_upm_var suffixを削除します。 注:この手順はスクリプトを実行させて簡素化することができます。

Personal vDiskから移行するには

Citrix Virtual DesktopsでPersonal vDisk機能を使用する場合、デフォルトではユーザープロファイルは仮想デスクトップのC:ドライブではなく、Personal vDiskのP:ドライブに保存されます。または(Personal vDiskを使う代わりに)Citrix Profile Managementを使用する場合、Virtual Desktop Agentをインストールする際に新しいカタログに使用するマスターイメージのレジストリを変更して、このデフォルトの設定を変更できます。このシナリオでは、カタログが新しいためログオンしているユーザーが存在せず、P:ドライブで保存されているプロファイルはありません。

重要:Personal vDiskがある既存のカタログのマシンでProfile Managementを有効にする場合は、これとはまた別のシナリオとなります。カタログはすでに使用されているため、ログオンが行われ、プロファイルはP:ドライブに存在します。プロファイルは、レジストリを変更した後もそこに残ります。そのため、デフォルトを別に変更します。

Profile Managementが有効な際、P:ドライブにプロファイルがあることで起きる問題には、ユーザーが壁紙をリセットする必要がある、アプリケーションを再構成する必要がある、または一時プロファイルを受け取るといったことがあります。

ここで示す順に従って、この代替シナリオでデフォルトの設定を変更します。

  1. 移行するプロファイルがある仮想マシンのメンテナンスダウンタイムのスケジュールを設定します。

  2. スタートアップスクリプトを作成(または既存のスクリプトを編集)します。Microsoft Windows XPのプロファイル削除ツールであるDelprof.exe、またはそれ以降のオペレーティングシステムに対応する同様のツールであるSepagoのDelprof2.exeを含めます。このコマンドの後に次のシャットダウンコマンドを続けます:

    pre codeblock \\<share name>\delprof.exe /q /i shutdown /s /t 0

    Delprof.exeはMicrosoft社のWebサイトからダウンロードできます。このツールについて詳しくは、https://support.microsoft.com/kb/315411を参照してください。

  3. マスターイメージで、次のレジストリ設定を1から0に変更します:

    注意: レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、Windowsの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、Citrixでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\personal vDisk\Config\EnableUserProfileRedirection

  4. マスターイメージのインベントリを更新します。

  5. 予定されたダウンタイムの間に、マスターイメージを仮想マシンに配信します。仮想マシンを必ず再起動します。スクリプト実行の時点で、P:ドライブからプロファイルが削除され、マシンがシャットダウンします。

  6. すべてのマシンがシャットダウンされたら、スタートアップスクリプト(または既存のスクリプトに追加した行)を削除します。

  7. すべてのマシンを再起動するか、ユーザーにログオンさせます。この時点から、プロファイルは仮想デスクトップのC:ドライブに保存されます。

注:プロファイルを逆方向に移行して(Profile Managementではなく)Personal vDiskで管理するには、この手順を実行します。ただし、EnableUserProfileRedirectionのレジストリ設定を0から1に変更します。この変更により、Personal vDiskのP:ドライブにプロファイルがロードされます。

ユーザープロファイルの移行