Profile Management

新機能

2109の新機能

このリリースには、次の新機能および強化された機能があります。また、複数の問題にも対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

セッションで接続解除されたVHDXディスクを自動的に再接続

Citrix Profile Managementは、次のVHDXベースのポリシーを提供します:Outlookの検索インデックスの移動プロファイルコンテナ、およびフォルダーのミラーリングの高速化。各ポリシーは、適切に機能するために、関連するVHDX仮想ディスクに依存します。Profile Managementは、ログオン時にこれらのディスクを接続し、ログオフ時にそれらのディスクを接続解除します。ただし、ディスクがセッション中に誤って接続解除されると、ポリシーが正しく機能しなくなる可能性があります。Profile Managementは、VHDX仮想ディスクがセッションで切断されると、それを検出して自動的に再接続できるようになりました。この設計により、VHDXベースのソリューションの安定性が確保されます。詳しくは、「セッションで接続解除されたVHDXディスクを自動的に再接続」を参照してください。

顧客が管理するAzureサブスクリプションの、ドメインに参加していないVDAマシンのプロファイルローミングのサポート(プレビュー)

Citrix Profile Managementで、顧客が管理するAzureサブスクリプションの、ドメインに参加していないVDAマシンでのユーザープロファイルローミングがサポートされるようになりました。ユーザーのプロファイル(ユーザーの個人設定、ファイル、フォルダーなど)は、ユーザーがドメインに参加していないVDAセッションにログオンしたときに、ユーザーと一緒に移動できるようになりました。詳しくは、「ドメインに参加していないVDAマシンのプロファイルローミング(プレビュー)」を参照してください。

新機能